FC2ブログ

初ゼミでした!【吉峯】

12 07, 2015
はじめまして、ハンドボール部所属のメンディーこと吉峯賢一郎です。

今日は初めてのゼミがありました!
物事の因果関係の大切さ、そしてその世の中に出回っている因果関係にも誤りが多く紛れているということを知りました。


今まで、人の話は真面目に聞いて吸収することを目的に聞いてきましたが、手に入れた情報に対して自分で疑ってみて考察することが大切であると学び、今までの姿勢を改めようと思いました!


これから多くの失敗も経験するかと思いますが、精一杯頑張りますので温かく見守ってください。


それではこれからよろしくお願い致します!!

ではラストはせらちゃんです!!
スポンサーサイト

わたしもシンポジウムに行ってきました!【長島】

11 15, 2014
こんばんは。

ちーやんのブログにもありましたが、今日はJPX日経400先物上場記念シンポジウムにお話を聞きに行ってきました。

スーツを着て腕や足を組んだおじさん達に混じって講演を聞くなんて初めての経験だったので、しばらくきょろきょろしてしまいました。笑
シンポジウムの内容はもちろんですが、おじさん達の挨拶をしている様子だとか、講演を聞いていらっしゃる姿勢だとか、なんだか雰囲気を感じるだけでも金融業界の一部を垣間見れた気がして良い経験になりました。

まず始めに、大阪大学の仁科先生から、成熟市場となった日本は、リスクに対応することが求められており、その代表的な方法として、デリバティブが有効であるというお話がありました。
デリバティブとは金融派生商品のことをさすそうです。
私はデリバティブについて知識を持っていなかったので、また一つ、知っている単語が増えました。

次に、「商都大阪と先物市場」という座談会が開催されました。
4名の方がそれぞれの立場からお話をされていたのですが、根底には、大阪を元気にしたい。大阪が元気になれば、日本は必ず元気になる。という共通の想いを感じました。
大阪という都市について深く考えたことはありませんでしたが、大阪が発展した理由としては大阪人の気質というよりも大阪の企業を支援しようとする雰囲気が大きいというお話が一番印象に残りました。

先日、日本シリーズの初戦を観戦しに甲子園に行ったのですが、その時にも大阪のパワーを感じました。
バックスタンドからの応援の一体感、試合後の歓喜の声は、すさまじいものであり、全球団の試合を観戦したことはありませんが、これから何年かけたとしても、タイガース以上に愛される球団はないのではないかという印象を強く受けました。

皆さんのお話を聞いて、なんとなく日々を過ごしている「大阪」という都市には私が想像していた以上のえげつないパワーがあるのだということを改めて認識しました。

そして最後に、宮川先生が参加された「市場に選ばれる『企業価値』とは」という討論が行われました。
パネリストは経営者、証券アナリスト、大学教授という全く別の立場の方でした。
企業価値とは何か。
ROEを重視するか。
企業価値を高めるために、企業に求められるものとは。
などといった質問があったのですが、きっと根底では、同じことを主張していらっしゃるのに、言葉の選び方や言い回しがそれぞれ違うところに、御三方の立場が反映されていて、面白みを感じました。

何より驚いたのは、企業価値とは何か。という問いを始めとして、今回の討論の内容とゼミで学んだ内容がドンピシャだったことです。
おじさん達がわざわざ足を運んで聞いているお話をゼミで学んでいることに誇らしさを感じ、ときたまわからない単語もあるものの、なんとか話を理解できている自分に嬉しさも感じ、2年前には全く興味も湧かなかったであろうお話を心底面白いと思っている自分に驚きを感じました。
貸借対照表や損益計算書には反映されない目に見えないものを重視しようというお話があったのですが、バーニーの経営資源の話やん!と思ったりとか、ROEは高ければ良いというものではないというお話にそりゃそうだ!と思ったりとか。
自惚れてるかもしれませんが、なんか私、前より賢くなったなーと。笑

宮川ゼミに入ってあっという間の2年でしたが、自分が自覚していた以上にきっとたくさんの事を学んできたのだと思います。宮川ゼミを選んで、今まで先生のお話をたくさん聞けて本当に良かったです。

今回のシンポジウム全体を通して、相手を尊重しながらも異議を唱えたり、誤解されていそうであれば改めて自分の立場を明らかにしたり、「大人の議論」というものを間近で見る事ができ、とても勉強になりました。

本当に学びの多い有意義な時間を過ごせました!
ちーやん、誘ってくれてありがとう!!

どんなハナシになることやら【MiyaG】

10 20, 2014
URLを添付しておきます。
http://www.nikkei-events.jp/jpxnikkei400/osaka.html

OB諸君、ご連絡ありがとう【MiyaG】

07 30, 2014
今回、夏合宿の案内をOB諸君にお知らせしたところ、何人かのOBからお電話やメールをいただきました。近況を報告してくれるとともに、ゼミのことを思い出しましたとか、後輩の活躍をいつもHPで見ていますよとか、いろいろ反応をいただいて非常にうれしかったです。行けないかもしれないけどこういうお知らせ時々くださいという人もいました。教え子からの連絡というのはとてもうれしいものです。連絡をくれたOB諸君はみんな元気でがんばっている様子でした。なんだかつながっているというカンジ、とてもいいです。

夏の小豆島合宿について【MiyaG】

07 27, 2014
今回の小豆島合宿のメインテーマは「研究アイデアの構想」と「企業価値評価のケーススタディ」です。

4期生には2つの研究グループに分けて課題企業を与え、それぞれの研究グループに3期生も加わっています。今年は昨年よりも課題企業の分析に時間をかけて、コアの研究テーマも課題企業をベースに組み立てることにします。したがってコア研究は宮川ゼミから2本出すことにします。

1日目(研究アイデアの構想ミーティング)
単にラフなミーティングです。セミナー室ではなく大広間で車座になってワイワイと話し合いましょう。
前半は3期生から現在までの卒論の構想についてプレゼンをしてもらいます。特に資料の準備は不要です。口頭で構いませんが、可能な人はシーズシートレベルで簡潔な資料を配布してもらえるとありがたいです。どういう卒論テーマがあるのか4期生にとっても非常に参考になるので4期生はよく聞いておいて下さい。発表者は現段階で私から「go」の方向性が出ている蔵下、東、川畑、田中、長島、小嶋、中川にお願いします(長島・・・ちょっと方向が変わる可能性もあるかもしれませんが、やってみてください)。これ以外は現段階で「no go」の人ですが、残りの時間で相談に乗ります。「go」の人も「no go」の人もあくまで現在の準備段階における評価なので、油断したり失望したりしないように(ただし「no go」の人の中には「no go」というよりほとんどイメージがない人もいます)。
後半は4期生の研究テーマについて3期生を含めた全員でアイデアを出します。それまでに準備ができたチームは何かしゃべって下さい。特に課題企業2社にどのような特徴があるのかランダムに観察し、思ったことをしゃべってもらえれば結構です。それについて全員が車座になって議論するというイメージです。寝転がって議論してもらって構いません。

2日目(企業価値評価ケーススタディ)
課題企業2社の企業価値評価を2グループに分かれて行います。私が手順を説明するので各チーム協力し合いながら電卓とノートを使って完成させていきます。4期生は事前にお願いしたワークシートをチームの人数分コピーして持参して下さい。誰のシートをコピーするかは任せますので、チームの人数(3期生入れておそらく12名+私の分)に応じて準備をお願いします。各自は電卓、ノート、定規を忘れず持参すること(ノートは自由ですが、粗めの方眼罫だと便利かも)。4期生は有報も持参のこと。有報は2穴のファイルにでも綴じて大事にあつかって下さい。

2日目のセッションはパソコンではなく、電卓で手計算によってバリュエーションすることで公式の理屈を理解してもらうことが目的です。この結果はそのままコアに使えますし、完成度によっては企業へのプレゼンも計画します。

2日目はなるべく早く終了して海に飛び込めるよう全員がんばってください。できの悪いチームには海での罰ゲームが待っているかもしれません。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ