FC2ブログ

宮川ゼミってしんどいらしいしーゼミやりたいけどそれだけになるのはねーって思っている2回生へ【小嵜】

10 12, 2012
「宮川ゼミってしんどいらしいよー」

「宮川ゼミに入るとゼミしかできないんでしょ、ゼミちゃんとやりたいけどそれだけじゃーねー」

懐かしいです。
私も1年前に同じ噂を聞きました。
もうそんな時期になったのかと時の早さを感じます。


「宮川ゼミはしんどい。ゼミしかできない。」


これ 半分ホント、半分ウソです。


あくまで一意見ではありますが、
ゼミ生の私が言っているので、噂よりは信憑性があるのではないかと思います。

宮川ゼミはイベントが盛りだくさんです。
企業分析にCORE論文、ストックリーグ、ゼミ合宿、ゼミ飲み会、、、 等々
これだけ多くのイベントに加えて課外活動をしていると、
確かに体力的にしんどい時もあります。
しんどくないとは言えません。

でも、事実、ゼミ生みんな「ゼミ+」やりたいことをやっています。
部活、サークル、バイト、勉強
両立できるんです。みんなしているんですから。

「ゼミだけ」にするかどうかはあなたの意思次第です。


せっかく入った大学

どうせなら1回ぐらいちゃんと勉強してみてもいいんじゃない?

これが私が宮川ゼミに決めた理由です。


百聞は一見に如かず

まずは気軽に研究室に遊びに来てみてください。
入るかどうかはあとでゆっくり考えましょう

お会いできるのを楽しみにしています。



小嵜


※星野ゼミ幹のブログも合わせてドウゾ
スポンサーサイト
3 CommentsPosted in りさ

カマリッロ事件〈後編〉【小嵜】

09 16, 2012
カマリッロ事件後半戦、参ります。

さて、新たな赤い車が到着しました!
おじさんもご機嫌で、私たちもようやく帰れると疲れとともに安堵。

おじさんが車をおろし、エンジンをかけて、、、、

ブルン、ブル、、ブルルル、、ブルルル、、ブ、、ブルン、プスン


一同 ・∀・

えーーーーーーーっ

何度もトライするおじさん。
しかしながら一向にエンジンがかかる気配がない車。

工具を取り出して修理するおじさん。

トライアゲイン。

おじさん「ガールズたちが喜ぶ顔が見たくて赤いのを選んできたんだ、、、ごめんな」

修理

トライ

・・・・・

だんだん焦るおじさん。

修理

トライ
・・・・・

ボスに電話するおじさん

修理

====12時====
ボス到着。

2人で修理。


====12時半====
ボス&おじさん「すまねえ。これ、動かない」

4人 Σ(゜o゜)


レンタカー会社に連絡するボス

ボス「この車をロサンゼルス空港(LAX)横に持って行って、新しい車を持ってくる」
4人「わけがわからない。なんでLAXなの?」
ボス「サンタバーバラ店はもう閉まったんだ。LAXは24時間あいてる」
4人「何時間かかると思ってんのよ」
ボス「3時間ぐらいかな」
4人「この車持ってくって、映画館も閉まってわたしたちはどうすればいいのよ」
ボス「・・・」
おじさん「そうだぜ、それは酷だぜボス」

再びレンタカー会社に連絡するボス

ボス「よし、近くに宿をとれ」
4人「明日朝から学校なのよ。タクシー呼んで帰らせてよ」
ボス「その場合車を元の場所に返さなかったことになるから、デポジットの$200は返せないとレンタカー会社が言っている。
そして費用も持つことができない」
4人「はあ?!」
ボス「そういう”契約”なんだとよ」
4人「私たちはとにかく今すぐウエストウッドに帰りたいの。LAXまで行くなら一緒に連れて行ってよ(LAXからウエストウッドは30分ほど)」
おじさん「そうだぜ、ボス交渉してやってくれよ」

ボス交渉中

ボス「やったぞ!今から別の修理工がここに車を取りに来る。そして4人も一緒にLAXまで連れて行く。LAXから新しい車でウエストウッドに帰るんだ
迎えは今から1時間半で来る」
4人「ありがとう」

====時すでに1時半====

ボス&おじさん「じゃあな!気を付けて帰れよ!」
4人「ありがとう~」


====2時間後====
迎えが来ないwww

レンタカー会社に電話。
「あと45分」

====45分後====
「あと45分」←

====30分後====
「あと10分したら折り返し電話をする」

====15分後====
電話などかかってこない。

電話する
「あと20分」

この調子が20回以上続き、
その間次々に3人の携帯のバッテリーがなくなる。
最後の砦は現地で買ったわたしのサムスンのガラケー($19=約1600円)

電話するたび状況や登録内容をイチから説明。

夜が冷え込むロサンゼルス。
当然昼で帰るつもりで薄着のわたしたち。
エンジンがつかない=ヒーターも使えず、
買ったワンピースを体に巻きつけてただ耐えるのみ。


最後は
友達「こちらに向かっている方の電話番号を教えてください」
レンタカー「無理です」
私「あと何分でつきますか」
レンタカー会社「あと10分です」
私「では、20分待って来なかった場合911(警察)に電話します」
レンタカー「では調べて折り返し、、」
私「待ちますので今すぐ調べてください」
レンタカー「●●●・・・・」

ここまで言わなければ動いてくれず、
日本のサービスレベルの高さを実感しました。
常識は常識ではないのですね。


結局
迎えが来たのは午前5時半でしたwww

そして寮に戻れたのは10時半。

car3.jpg


午前の授業に出られなかったものの、
英語力は向上したと思います←


ガラケーの電池の持ちは最強でした。
3 CommentsPosted in りさ

カマリッロ事件〈前編〉【小嵜】

09 16, 2012
こんばんは。
先日占いで「ジェットコースターのような人生」とでてきたこざきです。

たった3週間の留学でもジェットコースターっぷりを発揮し、いろいろ事件があったのですが(笑)、
今日はそのなかでも一番の大事件「カマリッロ事件」について書きたいと思います。


極寒の地で車内にとじこめられました^ω^


こちらに着いて1週間後の月曜日、
アメリカはレイバーズデイという祝日でした。
ほとんどの学生が、週末を使って小旅行に出掛けたのですが、
わたしの友達は遠出しないということで(彼女たちはアメリカに来てすでに半年以上、、、)、
わたしも彼女たち(ハンガリー人・韓国人・日本人)と学校のあるウエストウッドに残ることにしました。

ウエストウッドに残ったものの、土日をサンタモニカとハリウッドで楽しく過ごし、
そして月曜日には、カマリッロというウエストウッドから車で1時間ほどにあるアウトレットモールに行くことに。

朝早くに起きて、レンタカーを借りていざ出発。

行きの高速道路にて、なんだか車が横揺れすること以外は順調で、
1時間ちょっとでカマリッロに到着しました。
友達の運転が下手なのか、道路状況が悪いのか。。。
まあ無事に到着したということで、ショッピングを楽しみました。


====5時間後====
車に戻ると見事にタイヤがパンクしていました。
あまりに見事にパンクしているので笑いが止まりません。

car1.jpg


よくこれでアメリカのハイウェイを走っていたなあと恐ろしく思います。
コントロールのきかない車をなにごともなく走らせていたなんて、
友達の運転は下手ではなく、ピカイチだったということです。
死ななくてよかったー


レンタカー会社に連絡すると、45分ほどで修理の人が来てくれるとのこと。
しかしスペアタイヤが入っておらず、なんて雑な管理体制なんだと思いました。←

====1時間半後====

修理のおじさん到着。
遅かったねーといいつつ、1時間半追加でショッピングができてご機嫌な4人。
「うわーレッカーとかはじめてー!」
相変わらずテンションが高い私たち。

car2.jpg


おじさん「よし、じゃあ修理するぞ」
4人「イエスプリーズ♪」
スペアタイヤの入っている場所をあける

おじさん「・・・・タイヤない。」
4人「いやいや、さっきコールセンターに電話したときスペアタイヤ入ってないと伝えたぞ」
おじさん「まじか。俺きいてねえ(レンタカー会社から)」

ボスに電話するおじさん。
ボスがレンタカー会社に連絡し、

おじさん「サンタバーバラから新しい車とってくる」
4人「ん?、サンタバーバラ遠くないか?www近いとこないの?」
おじさん「一番近いんだよそこが。45分で行けるから1時間半で戻ってくるぜ★」
4人「・・・・。」
おじさん「ご飯でも食べて待ってて!」


====1時間後(7時半)====
ということで、
ご飯を食べて待っているとおじさん到着

4人「おじさん早いじゃないのー」
友達「あれ、レッカーに車乗ってなくない?」
おじさん「すまん。車を持って行かないと新しい車が渡せないとレンタカー会社から連絡が来たんだ」
4人「えww」
おじさん「ということで、この車をサンタバーバラに持って行って、新しい車を持ってくるからな」
4人「おかしいでしょ、出発したんだからそのまま新しいの持ってきてくれたらよかったじゃないの」
おじさん「ごめん。本当にごめんな。でもレンタカー会社がそういう契約だっていうんだからどうしようもできないんだ。
もうここは閉まるから、横の映画館で待ってな!女の子4人じゃなんかあったら大変だからな★」

だいぶイライラし始めたわれら。
映画館の人に事情を話し(通常は券がないと入ることすらできません)、
快く滞在を許してくれた映画館の人にひたすら感謝。

====2時間後~3時間後====
おじさん来ないとレンタカー会社に電話すること5回。
その度「あと45分」「もうすぐ」といわれる。

====3時間半後(11時)====

おじさん「待たせたな。新しい車だぞう★」
4人(遅すぎでしょ。)「・・・ありがとう」
おじさん「ようし車おろすぞー」

レッカーから車がおろされる。

おじさん「へっへへー赤いのだぞ!いいだろう!」


さて、無事帰れるのでしょうか。
長くなってきたから、後半は後程。
0 CommentsPosted in りさ

LAレポート【小嵜】

08 29, 2012
こんばんは

ロサンゼルスからのお届けです

今日はわたしのアメリカでの生活についてレポートします~

とりあえずみんながうらやましがりそうなこと「だけ」を厳選して載せます。ドヤ顔。(自分の学校でもないのに)←

通っているのはUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)という大学の附属学校です。

生活しているのは普段学生が使っている寮で、毎日大学を通って学校まで通っており、学生気分を満喫しています。

学校の広さは市大10個分ぐらい。もっと広いかもしれないです。というか、どこまで学校なのかよくわかっていません。

a.jpg
(一部しか写ってないです)

木や芝生がいーっぱいあって、おじさんが寝ていたり、カップルが寝ていたり、本を読んでいたりします。

アメリカっぽいですよね(あ、市大でもできるね)

おしゃれなモニュメントや、よくわからないマッチョな裸婦の銅像もあります。

その他施設も充実していて、図書館はアメリカ最大級で、体育館はNBLのレイカーズが使っていたり、サッカー場ではレアルマドリードが練習しに来たり、マイケルジャクソンが運ばれたのもUCLAの病院らしいです。

スケールが大きすぎて、わけがわからないですねー

b.jpg


これは学校で1番有名な建物です。

この日は院生の卒業式をしていました!

あのドラマで見たことのある光景そのままで、

みんなガウンを着て、かくかくした帽子をかぶっています。

ガウン着た金髪美女が、タキシードで、すんごい大きい花束持っているダンディな男性にかけよって抱きつく場面にも遭遇しました。

映画か。

そうそう、移動もスケボーとキックボードが主流です。

ん~アメリカン

日本では時代遅れな人になりますよねー

アメリカのドラマを見まくっていたからか、日常はわりと私の想像していた“THE アメリカ”な光景です。


みなさんの想像通りだったでしょうか?

さて、わたしは宿題と格闘します。

では。

c.jpg


小嵜
4 CommentsPosted in りさ

この数ヶ月で学んだこと【小嵜】

08 13, 2012
ご無沙汰しています。
沈黙の数ヶ月間で、私は何をしていたのでしょうか。
企業分析、テスト勉強、、、、
それもそうなのですが、
色んな人と会ってました。

気の向くまま興味のあるところにひょこひょこ顔を出していたら
50人ほど友達が増えました。
直帰、引きこもりで有名なわたしにすれば快挙です。

旅好きの集まり、留学経験者の集まり、インターン、、などなど
きっかけはイロイロ、老若男女イロイロですが、
新たに知りあった友達と実は共通の友達がいる!ということが多々あり、驚きました。
それも数週間前に出会った友達と友達、なんてこともしばしば。
世界は狭いですね。
類は友を呼ぶと言いましょうか。

それにしても世のなかには色っっ々な人がいて、
人と会う度新たな発見があるのですね。
良いことも悪いことも。
何もかもが勉強です。
自分のことでいっぱいいっぱいで、22年間個人プレーメインで生きてきましたが、
ようやく他人との関わりも楽しめる余裕ができてきたようです。


そんなわたしはいよいよ来週アメリカに旅立ちます。
1ヶ月間短期留学に行ってきます。
新たな出会いだらけだろうと、わくわくしています。
果たして申込ができているのか。それ自体が危うい
なかなかスリリングな旅ではありますが、
初めての完全1人旅楽しんできます~


それでは次回はロスアンゼルスからお届けできればと思います。

小嵜
6 CommentsPosted in りさ
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ