FC2ブログ

復活 【藤井】

02 20, 2013


タッチパネルって実は使いにくいんじゃないかと思いました。

というのも、昨日の飲み会のあと
携帯が故障し、代用機を使っているのですが
入力方式が違うので、また新しいやり方になれる必要があるのです。

それに、手がかじかんでると
パネルが全然反応してくれないし
手袋しながら使えないし

でもネット見るときには拡大縮小はやりやすかったりするのか
とも思います。

SF映画だと、タッチパネルが最終形態的なところがあるきがするけれども
この辺で止まっちゃうんでしょうか。
1965年製作の2001年宇宙の旅にはもうタブレット端末が出てきているということは、
意外に端末のアイデアもそう豊富にあるわけじゃないみたいです。
トゥモローワールドっていう映画の中には、
指に装置をつけて、指の動きに反応するっていうやつがあったので
あんなのが欲しいです。

それと、連絡先は全消去です。
これには困ってます。


このところ風邪をひいていて
ゼミの活動も休んでしまったりと迷惑をおかけしてます。
どうもすいませんでした。

今のところ順調に回復していて、
あとは、風邪をひく前の6つに割れた腹筋と
盛り上がった上腕二頭筋が元通りになるのを待つだけです。

あとこれは関係ないですけど、
身長も10cmくらい伸びればいいなって思います。

明後日の旅行には参加できそうです。
結局、計画していた卒業旅行群の内2つキャンセルしたんでやっと初の旅行です。



1期生の北海道旅行は楽しそうでよかったです。
僕もお土産ももらいましたし、
良三的な土産話も聞けましたし。
よかったね良三!


ロレンスダレルのアレクサンドリア四重奏っていう本を読んでいます。
というよりも、こういう本を読むっていうのは
詩を読むってぐらいの意味に近いと思います。

つまり、わけわからんってことなんですが。
一番意味不明な小説はバロウズの裸のランチだとおもってたんですが
これも本当にわけわからん本です。

読んだ瞬間に文章が頭から抜けていくような本です。
自分が世界で一番暇な人間だと自覚した人から順番に読んだほうがいいような本です。
でも最近読んだ中で一番面白かった本なんでおすすめしときます。
風邪ひいたときとかに。



スポンサーサイト
3 CommentsPosted in shota

今年もよろしくお願いします 【藤井】

01 02, 2013
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


お正月は図書館もどこも空いていないので
学習室があく4日までは
DVDと本と映画館の毎日です。

家は寒すぎて鉛筆がもてません。


そこで今回は最近よんで面白かった本と
映画の紹介をします^^

まぁ、いつものやつです。



・DVD編

金八先生の第一シリーズを見返しています。
昭和54年の設定ですから、25を足して1979年です。

時代背景的には
イランでシャーが追放されてイスラム国家が誕生したり
ソ連の不作とかペルーの不漁とか石油価格上昇とかで、先進国でまだまだインフレが10%くらいだったり
エイリアンとか地獄の黙示録とかが公開されたり
とかがあったみたいです。


僕がみた金八シリーズは
第6シリーズの上戸彩が性同一性障害になっていたやつだけなんで
第1シリーズの武田鉄矢の若さに驚きました。
予想以上に髪の毛長かったです。

それと、吉行和子めちゃ美人です!
「天城超え」と「彩り河」のイメージで
この人が先生やってるとなんとなく危なく感じますね。笑

当時からモンスターペアレンツという用語がつかわれてたり
興味深い話がいくつかありました。



・本編

だいたい、ルポタージュをよくよみました。
あと小説ちょっとだけ。

おもしろかったやつだけ紹介します。


光文社からでてる
石井光大さんの絶対貧困について。


中東を含むアジアや、アフリカの貧困国を訪れ取材してきた著者が書いた本です。

喜捨を受ける人たちにも、貰え易さに応じて階層があったり、
アフリカとアジアではストリートチルドレンの構成に違いがあったり、
中東でのあれのシステムとか、
普通に日本で暮らしてたら一生知ることができないような内容で面白かったです。


もう一つは、彩図社ってとこからでてる
武田知弘さんの戦前の日本について。


だいたい明治、大正と敗戦の昭和20年までの日本の経済や風俗についての本です。

一番感動したのは
太宰治が付き合ってたカフェの女給って、そういうことだったのか!と
なんでカフェなんだろうと思ってた疑問が氷解したときでした。

あと、忠犬ハチ公の裏話なんかも面白かったです。

僕が今まで持ってた
すごい貧しい戦前の日本っていうイメージは
かなりの程度間違っていたんだなと
学べてよかったです。
まぁでも、でてくるデータが曖昧なとこ多かったのでなんともいえないですが
楽しむ分には十分でした。


この二つを同時に読むと
貧困についての記述に共通点が多くておもしろかったです。



今は、ボブディランの自伝と佐藤優の日本開戦の真実という本を読んだり読まなかったり適当に流し読みしたりしなかったりしてます。
こたつから手を出したら手がかじかむので、
顎で本を抑えながら読んでいるので全然進みません。



小説のほうは、まぁいろいろよんでます。

あと、久々に楳図かずおの14歳読んだら
年を経るにつれ、チキンジョージの男前ぶりが
だんだん理解できるようになってきました。
もっと前は、ナヨナヨした奴だと思ってたんですが。



あと2日でDVD返さないといけないのに
千葉真一の雄姿を拝もうと思って借りた
柳生一族と魔界転生と仁義なき戦いとかあと8タイトル
まだ全然消化しきれていません。


なんて幸せな正月だ。

2 CommentsPosted in shota

タランティーノで何が好き? 【藤井】

11 10, 2012
「ビーチボーイズのペットサウンズが好きなんだ」
「スカーフェイスが好きなんだ」


こういう瞬間があります。
初対面で心に何重もの壁を作って
相手を探りながら、会話してるとき
映画や音楽で話が合うと
それ以上言わなくても、
こいつ信用できるな、とか、こいつ友達になれるな
って心の壁が一瞬で取り払われちゃうときです。


さて、今日は久々に映画を見に行ってきました!
吉田大八監督の「桐島、部活やめるってよ」、を見ました。

主演が神木隆之介ということで
あの「遠くの空に消えた」とかなんとかいう
く×××お××××××××××な映画の主演のイメージから
あんまり期待してなかったですが
傑作でしたよー!
吉田監督は初見です。


この映画はある高校での金曜日から火曜日までの5日間を描く学園映画です。
この映画が少し奇妙なのは、同じ日を違う人の視点から何回も描いていることです。

例えば、金曜日に
女の子達が教室で彼氏のことを話してるシーンのあと
画面が変わって、その同じ日に
今度は同じ教室にいる本を読んでいる男の子の視点に変わって
その視点から背後で、同じ彼氏の会話が流れてくる
という風なシーンが続いていきます。

ここで、僕はなんか見たことある!
っとピンっときました!

それは、ガスバンサント監督の「エレファント」っていう
同じく高校の一日を違う視点から何回も描くという映画を以前見ていたからでした!
エレファントはコロンバイン乱射事件を題材にしてる
最後には、恐怖で震える映画で、ほんとすごい映画ですから、お勧めです^^

で、こういう展開はめずらしくなくて
最近だったらバンテージポイントというロストのマシューフォックスがでてた映画もあったし
有名なのだったら、BTF2で1955年の11月12日を未来と過去のマクフライ
の視点から描くというのもありましたね!
あと、スプリット画面で、ワンカットで(確かカット切らないんですよ!)
全場面を同時に4人の視点から描く映画も見た記憶があります!
(名前忘れたんでだれかしってたら教えてください!)


こういう風に、学校のクリークごとでまったく違う日常を送っている
様子が描かれていきます。
それが、アクト1です。

でアクト2で
学校1人気者の桐島(映画中では一度も現れない)が部活やめるってよ
っていう噂が原因となって、高校生たちの日常にいろんな問題が起きはじめます。

そして最後のアクト3で
ついに、今まで同じクラスでも
しゃべったこともないような人たち
映画好きのオタクとか
スポーツ万能のイケメンとか
髪ぼさぼさの根暗とか
学校のマドンナとか
部活にかけてるバレー部員とか
チャラチャラしてる帰宅部とかが
学校の屋上に集結して乱闘を起こし
さらには、その乱闘にゾンビも加わって
主演の神木君は映画を撮っているという
血みどろ、内臓ぐちょぐちょの
号泣シーン(!?)になります!

ここは、涙ぼろぼろでした笑


それ以外にも男泣きシーンの連発で
ちょい役の野球部の先輩が、試合終わってもなぜ練習を続けるのかとか
ブラスバンド部の女の子が、なぜ屋上で練習を続けるのかとか
そういう端役の人たちがちゃんと見せ場をもってって
しかもちゃんと感動させるっていうところがよかったです。

で!!
重要なのは、最近みた日本映画でこんなに笑えたのはないです!!
映画館でも爆笑の連続でした^^(いい観客のときに入れたと思います)
経験的に同性と来ている客が多いときは、結構いい感じになります!


個人的に一番ツボったのは
映画好きの男の子が女の子と映画を一緒に見た後、
会話がなくなって、焦った男の子が、
「タランティーノの映画の中で何が好き?」って聞いて
女の子苦笑いになってたとこですね笑
うわ、この監督どっかで僕のことみてたんじゃないのかとドキっとしましたね笑



僕は好きな映画とか、好きな音楽とか聞かれると
けっこう答えるのに困ってしまいます。
それは、たぶん本気で答えるとあの冷たい目つき(笑)
が返ってくるだろうし、
返ってきたとしても、まぁ結局だいたいいつも本気で答えちゃうんですが、
そのとき、裸になったような気がするように恥ずかしく感じるからです笑

で、たまーにですが、
ほんとのたまに、映画とか音楽の話をして
一瞬で友達になれるときがあります。

例えば
ビーチボーイズのブライアンウィルソンの偉大さについてとか
オジーオズボーンのコウモリ食いについてとか
スカーフェイスのすごさについて話あえるときとか

その理由は、そういう映画とか音楽が好きだという情報から
その人の文脈を読みとれるから、
僕は魅力を感じるんだろうと思います。

こういう瞬間は、
僕にとってまさに裸と裸の付き合いです笑


今日みた桐島もこうやって話し合える
僕の中での一つの題材になると思います!
桐島ゾンビで泣ける奴とはたぶん友達になれる笑


最後に、タランティーノで何が好き?

監督なら
デスプルーフ!!

出演なら
ジャンゴとデスペラード!!

理由は下世話になるから書けません!!
1 CommentsPosted in shota

ついに投稿数がshunを超えました 【藤井】

10 27, 2012



このごろ学祭だとか、ハロウィーンだとか
浮かれた話をよく聞きますが
みなさんは、学祭休みに何をするかもう決まりましたか?


僕はこのごろ日本橋でタダ同然で仕入れてきた映画を見る予定です!
すこしだけ紹介
・金星怪獣の襲撃 新・原始惑星への旅
・ナチスクローン
・悪夢の地底遭遇 血を吸う腕
などなど、一応道徳的に大丈夫そうなタイトルだけ挙げました笑

世間の浮かれなんてZ級映画で吹き飛ばせ!!

もし見たい人がいたら貸します^^


交流会ももうすぐですね
楽しみです!


「能力給の割合増やす、58%…経団連の企業調査」

読売新聞 10月26日(金)9時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000381-yom-bus_all

経団連の実施したアンケート調査で
給料のうち能力給の割合を増やすという結果が過半数でたそうです。

そういえば、
僕が中学生のころ社会の授業で初めて
年功序列型賃金と終身雇用それと能力給の話をならった思い出があります。

授業でどうならったかはあまりよく覚えていませんが
当時は、能力給にしないなら怠けるのは当然だろうくらいに考えていました。

能力給と関連して
ここではマクロ経済学からみた給料にまつわる面白話を書いてみたいと思います
(なぜマクロかというと、いつもは、みんなミクロな視点からこういった問題をみていると思いますから、
こういう考えもあるよということを伝えたいという口実です。)


・給料は労働者の所得の一部となります

なぜ一部かっていうと、残りは資産からの収益です(株とか!)。 
所得から生活に必要なものを購入して消費しますが、ここでの問題を所得が安定的かどうかが、生涯の購入量に影響するかどうかということに絞ってみます。
ここで所得と消費に関する面白い仮説がたくさんあります。フリードマンの恒常所得仮説、ケインズ型消費関数、デューゼンベリーの相対所得仮説、ハルのランダムウォーク仮説などなど
どれもわかりやすくて、かわいいモデルなので消費と所得に関してとっても興味があるぞ~という人は、勉強してみたら楽しいと思います。

恒常所得仮説で考えてみます。

恒常所得仮説は、消費は一時的な収入(ボーナスとか)に影響を受けないで、安定的に獲得できる収入(これを恒常所得ということにしたようです)にだけ影響を受けるだろうという仮説です。
僕はこの仮説はすごく面白いと感じましたね! 僕なんかそんなこと気にせずに消費してましたけどね! 
今月は安定的に10万円稼げたからそのなかの7割だけ使ってあとは貯蓄しよう。こっちの一時的な1億円は消費しないでおこう。

あの有名なクズネッツの波のクズネッツさんがこの仮説をアメリカのデータで長期的には成り立つことを実証しました。
(あの必死に覚えた4つくらいあった波は今はあんまりマクロの中で注目を浴びてないようです)


能力給の割合が大きくなれば所得の安定性は損なわれるのではないかと思います。
なぜなら、明日自分がどれくらい上手に働けるかは、今日の内には不確かだからです。

すると、安定的に獲得できる収入は減少するので全体的な消費が少なくなるのではないか!?

というほぼ間違っているであろう仮説がでました笑
他に考えないといけない要因はたくさんありますけど、
こういう風に物事を理解する新しい視点を獲得できることが、はまってしまう理由ですね!



個人的には養う家族がいなければ、月10万でも十分楽しめる
ので今のところ僕の効用関数には賃金体系の影響はあまりおよびそうにもありません


あとがき
最近よく学情で見かける人best3

1st 2期生
2nd 太田さん
3rd いまにー、まーしー





5 CommentsPosted in shota

勧誘ならびに味気なさについて 【藤井】

10 13, 2012
もう2年たったの!?はやすぎ笑


素敵な2年生が宮川ゼミに入ってほしいので
今回はがっつり宣伝します!

いろいろいいところはありますが
やはりコーポレートファイナンスを学ぶ面白さがこのゼミの強みだと
僕は思います。


宮川ゼミでは、コーポレートファイナンスに関する言葉が共通言語となります。
現在価値、資本コスト、企業価値、FCF、ROE、などなど

それは宮川ゼミがエキセントリックというわけではなく!
それらの言葉を理解することが
企業活動を理解するために重要であるという認識があるからです。

コーポレートファイナンス理論を知らずに
企業と関わらずにいられない日本社会を生きることは
ビルを壊さないゴジラくらい
怪鳥音のないブルースリーくらい
M29のないダーティーハリーくらい
大五郎のいない子連れ狼くらい
クリープのないコーヒーくらい
アンガースヤングのいないAC/DCくらい
たばこの焦げ跡のないエディーヴァンヘイレンのギターくらい
味気ないものになると
味気ある人生を生きている(と思われる)僕が主張します!


そこで、ゼミ活動の初期に体系的に取り組むのが
コーポレートファイナンス理論を学ぶことです。
企業の資金調達や投資活動における意思決定に焦点をあて
そこに生じる様々な問題を分析します。

ここで学ぶのは、むしろ経済学と考えてもいいかもしれません。
消費者や企業などの意思決定を扱う
ミクロ経済学の理論を用いて
企業活動を分析していくということです。

具体的には、
企業の株価はどのように決定されるか
企業の投資はどのように決定されるか
企業の資金調達方法はどのように決定されるか
などです


ここまでよんで3通りの人がいると思います
・コーポレートファイナンスに興味があり、早く勉強したい方 → 宮川ゼミに入ることをお勧めします
・コーポレートファイナンスに興味があるが、難しそうだと感じる方 
 → 宮川先生の平易で的確な説明で理解できるチャンスです → 宮川ゼミに入ることをお勧めします
・コーポレートファイナンスに興味がない方
 → 興味は変わりやすいものなので → 宮川ゼミに見学にくることをお勧めします
 


宮川ゼミのセミ生の雰囲気をつかむのは
1つのエピソードで十分だと思います。

学情にいけば、ほとんどかならずといっていいほど
ゼミの準備をしているか、ミーティングしているか、
勉強しているゼミ生を見かけるので
いちいち挨拶するのがもはや面倒になってきています。


2 CommentsPosted in shota
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ