FC2ブログ

卒業しました【蔵下】

03 26, 2015
3月24日、大阪城ホールにて卒業式が行われました。

全体の卒業式に出席しているときは、あまり自分が卒業するという実感がわかなかったのですが、商学部の学位授与式で自分の名前が呼ばれ、卒業証書を手にしたとき、やっと卒業の実感がわいてきました。
学位授与式が終わった後は、宮川ゼミの皆で写真撮影をしました。
そこに時に優しく、時に厳しく指導してくださった宮川先生がいらっしゃらなかったのはとても寂しかったです。


思い返してみるとあっという間の4年間でした。
特に宮川ゼミに入ってからの2年間は本当にあっという間に過ぎていきました。
毎週水曜日は先輩方や後輩と日経レポートで議論を交わしたり、
3期生の皆とコーポレートファイナンスの輪講をしたり、
有価証券報告書やアニュアルレポートを片手に議論を交わし、日本ハムの企業分析を行ったり、
学情のラーニングコモンズで閉館時間まで女子チームで議論を交わし、CORE論文を執筆したり、
他大学のゼミと合同ゼミを行い、お互いの研究を高め合ったり、
宮川先生やゼミ生の皆に力を貸してもらいながら、卒論を執筆したり、、
本当に充実している2年間でした。

宮川ゼミに入っていなかったら、これほどにまで充実した大学生活を送れなかったと思います。
最初は発言することが苦手で、緊張してゼミに来ていた私も、段々発言することに慣れ、勉強することが楽しいと感じるようになり、ゼミに前向きに取り組むようになりました。
宮川ゼミでは勉強だけでなく、これからの人生において大切にしたいこともたくさん学ぶことが出来ました。
社会に出ると思い悩むことがたくさんあるとは思いますが、きっとそんなときに宮川ゼミでの経験がいきてくると思います。


いつも親身になってアドバイスをくださった憧れの存在である先輩方、
一人一人が全力でゼミにコミットしていて、切磋琢磨できる存在である後輩たち、
悔しさも辛さも嬉しさも楽しさもいつも共有してきた3期生の皆、
そして、誰よりも私たちに正面から向き合ってくださる宮川先生
本当に出会えてよかったなあと思います。
卒業ということで、宮川ゼミでの活動は区切りとなりますが、これからも皆とはずっと付き合っていきたいと思います。


社会人になるまであと1週間ですが、家族、友達といる時間、一人でゆっくりする時間、どれも楽しみ、4月に備えたいと思います。

本当にありがとうございました!
またお会いしましょう!
スポンサーサイト

クリスマスパーティー【蔵下】

12 19, 2014
昨日は毎年恒例の宮川ゼミクリスマスパーティーでした。

まずはDC班が作成してくれた1年を振り返るオープニングムービーを見ました。
映像で1年を振り返ると、今年も充実していたなあと改めて思いました。
選曲もかっこよかったですね!

次は流行語と事件簿の発表でした。
今年も様々な名言(謎言?)がノミネートされていましたが、大賞を受賞したのはるみでした!
るみ、おめでとう!笑
私の論文のテーマからも「女性の社会進出」という言葉をノミネートしてもらっていて、興味を持って聞いてくれていた人がいるのかなあと思うと嬉しくなりました(^^♪
名言集の中ではスギちゃん特集が組まれていましたが、その後の宮川先生のスギちゃんの真似がどれも特徴をしっかりとらえていて、すごく似ていました(笑)

事件簿では夏合宿での出来事もいくつか入っていました(^◇^)
やっぱりさきほがバナナボート乗り場で引率の先生に間違われてしまった事件は何度思い返しても笑っちゃいます(笑)
ちいちゃんにはこれからは貰ったものは是非大切にしてもらいたいですね!笑

事件簿発表後には我らが3期生ゼミ幹こーたのお誕生日を一足お先にお祝いしました。
こーたおめでとう(^_-)-☆!

そして、その後は新しいプログラムのビンゴ大会でした。
私はビンゴは完成させれなかったのですが、おいしいお菓子をいただけたので大満足でした(^^)/
ばたこは今大人気の妖怪ウォッチのお皿と妖怪たちと踊る権利をゲットしていてすごく羨ましかったですね~(笑)

あっという間に2時間は過ぎてしまい、宮川ゼミテーマ曲の「負けないで」をみんなで大合唱し、会は幕を閉じました。

その後は二次会ということでカラオケへ!
クリスマスシーズンということもあり、クリスマスの曲や冬っぽい曲をたくさん聞けました♪
やっぱりぱやぱやは圧巻のパフォーマンスでした!
宮川先生の歌声も隣の席でしっかり聞かせて頂けました(^^♪
あ、うどちゃん、よそみん、じらの宮川ゼミBIG3の歌声もしっかり聞けましたね!
あとはヤギちゃんのone directionもすごかったです!
こちらもあっという間の2時間で、大変楽しい時間を過ごすことができました。

企業分析やCORE論文が忙しい中、各班協力して楽しい1日を作ってくれた4期生本当にありがとうございました!

男女の行動の違い?【蔵下】

12 12, 2014
ああでもない、こうでもないと卒論と向き合っているうちに、2014年のゼミも残すところあと1回ですね!
最近の進捗状況というと、論文の大きな流れは大体自分の中でまとまったので、それを文章にしていっているところです。
しかし、実際に文章にしてみると自分の考えの詰めの甘さに気付いたり、
先生やゼミ生に文章を見てもらうと自分の説明が全然足りていないことに気付いたり、、
なかなか大変なことではありますが、2万字もの文章を書く機会はなかなかないと思うので、自分を鍛えるいい機会だと思ってあと2か月ほどじっくり向き合ってみます(^^)

そして、今日は先生がテーマに関係あるのでは?と教えてくださった12月10日の日経新聞朝刊のある記事を読んだので、その感想をちょっとつらつらと書いてみようと思います。
その記事とは「男女の行動の違い」について一橋大学の竹内准教授が書かれたものでした。
記事には、女性は男性と比較して交渉を避ける傾向があり、あるアメリカのデータではその交渉を避けるかどうかの差が大学卒業後の給与格差につながってしまったという結論を下している、ということが書かれていました。
女性が男性と比較して交渉を避ける傾向がある背景として、交渉する女性は「強い」女性であるとみなされ、その「強い」女性を否定的にみるジェンダー規範が根強く存在し、それが女性を交渉から遠ざけているという考えもある、とのことでした。

この理由を見て私は疑問を抱きました。
そもそも交渉する女性が「強い」のでしょうか?
確かに交渉する勇気を持っているという点では「強い」とみなされるかもしれませんが、交渉の仕方や周囲の女性に対する考え方で「交渉する女性=強い」というイメージは変わってくるのではないかと思います。
もしも交渉する女性は強い、というイメージを持っている人が多いのであれば、その人たちの根底には「女性らしさとはおしとやかでいること」とか「女性は男性をサポートする存在」という考えがあるような気がします。
もちろん女性自身が女性という立場に甘えず、努力し続けることが前提にあるとは思いますが、「女性は女性自身の観点から物事を考えることができる」とか「もはや女性が男性のサポートなんて考えは古い!」とかそんな風に女性のことを捉える人々に囲まれると女性の交渉のしにくさはなくなるんではないかなと思います。

やはり女性が今後も活躍していくためには女性自身の努力と周囲の理解双方が必要であると感じました。
なんだかまだまだ女性に関する面白い記事もありそうですね!
また見つけた方がいらっしゃったらぜひ教えてください(^^)

第二回宮門会【蔵下】

11 24, 2014
3連休初日の11月22日は第二回宮門会でした!
今回の宮門会には宮川先生、太田さん、宮川ゼミ1~4期生34名が参加しました。
ほとんどの1期生のみなさんとは1年前の第一回宮門会、2期生の皆さんとは卒業記念パーティー以来の再会でしたので、この日をとても楽しみにしていました。

当日は宴会場に到着すると2期生のみなさんが迎えてくださり、先輩方とゼミをしていた時間を懐かしく思い出しました。
会が始まるとみんなで鍋を囲み、先輩方の近況報告や会社に入ってから宮川ゼミで学んだことがどのように活かされたかというお話などを伺いました。
中でも多くの先輩方が「発言する習慣」が活かされているとおっしゃっていました。
確かに私もゼミに入るまでは、その場の雰囲気になんとなく合わせたような発言をしたり、時には発言をしなかったりしていたので社会に出てからこの二年間の経験が今に活きていると感じるようになるのではないかと思いました。

また、1期生のまーしーさんやりょうぞうさんが「社会人になるとゆっくり勉強がしたくなる。」とおっしゃっていました。
今私にはゆっくり学問と向き合う時間が与えられているので、学生生活も残り4ヶ月ほどですがこの時間を存分に活かしたいと思いました。
このようなお話を聞けたことで、卒論に対するモチベーションもまた向上しました。

久しぶりにお会いする先輩方と色んなお話をすることが出来、楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
色んな場所で色んな仕事に向き合っている先輩方の姿はやっぱりかっこよくて、また来年の宮門会でお会いするのが非常に楽しみになりました。
今回は会えなかった先輩方にも来年はお会いできることを楽しみにしています。
本当に楽しい一日をありがとうございました(*^^*)!

交渉術【蔵下】

10 30, 2014
今日は後期第3回目のゼミでした!
後期になってから日経レポートの後に先生が様々なことを教えてくださる時間があるのですが、今日のテーマは「交渉」でした。
普段生活していると家庭や学校、バイト先、出かけた先等様々な場所で交渉をしなければならない時がありますよね。
そんな時に活用することが出来る宮川先生流の交渉術5箇条をレクチャーして頂きました。

5箇条のなかでも特になるほど、意識しなくてはならないと感じたものが
1.交渉の相手がライトパーソンであることを確認する
2.最初に相手の言い分をすべて吐き出させる
の2つです。

交渉する時ってどうしても自分の言い分を通したいという思いが先行してしまい、本当に交渉すべき相手であるかを冷静に判断できないことって案外多いと思います。
実際、今思い返すと私もライトパーソンかどうかを判断する前に交渉を続けていってしまったこともあります。
ライトパーソンであるかどうかは交渉の結果にも直接つながることであり、この観点にまずは気を付けることが大変重要だと感じました。

そして、先ほども述べたように、交渉時にはどうしても自分の言い分を伝えたいという思いが強くなり、冷静に判断できないままに自分の言い分ばかりを羅列してしまうこともよくあると思います。
しかし、自分が言い分を述べているときに相手が話も聞かずに相手の言い分を押し付けてきたりされると大変気分もよくないですし、自分だって負けじと主張してやろうという気持ちになってしまい、落としどころが見つからなくなってしまいます。
そう考えると、交渉をスムーズに進めていくためにも、まずは相手の言い分をすべて吐き出させることは非常に大切であると感じました。

交渉する際に、冷静に相手のことも思いながらこの5箇条を実践することが出来れば、よりよい第三の選択肢が見つかるような気がしました。
きっと癖がつくまではどうしても今までの交渉の仕方になってしまうと思うので、まずはしっかりと意識をして言葉や行動を選択していきたいと思います。


さて、話はころっと変わりますが、今週末は学祭ですね。
思い返すと去年の学祭の時はCOREの話し合いのために学情に来ていて、息抜きに3期生と宮川先生で2期生の方々の模擬店に行きました。
懐かしいですね~!
今年は私も4回生ながらもボランティアサークルの一員としてシュウマイ(餃子だったかな…?笑)を揚げているので、よかったら4期生もCOREの息抜きに来てください(^^)/笑
両チーム共にとても面白そうなテーマなので、また進捗報告を聞くのが楽しみです!
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ