FC2ブログ

改めて考えたこと。【東】

02 14, 2015
今日は久しぶりに大学へ行き、卒論を提出してきました。他にも4月から住む場所が決まり、徐々に卒業へと向かっているんだなーと感じています。

最近はジムに行って汗を流すか、本を読むかしかしていなかったので、今日は変化に富んだ一日でした。

帰りの電車の中、池上彰さんの『学び続ける力』という本を読みました。

著書のテーマは「学ぶ楽しさ」を伝えることです。著書の中で「読書の楽しさ」が書かれている章は、私にとって改めて考えさせられる内容でした。

この章には、読書について次のようはことが書かれていました。「ただ読書をしただけでは教養は身につかない。(中略)深く感動した本や、自分にとって意味のあると思った本については、次の本にすぐ行かないで、しばらく余韻に浸るということが大事なのです。その後で、著者は、何を言いたいのか、そこから自分は何を得ることがあるのかと考える時間を持たなければならないのです。」

この文を読んだとき、私は最近、本を読んでいるだけで満足していたのだと思いました。読書だけで終わらず、内容を自分の中で咀嚼することをしてなかったなと改めて考えました。

社会人になると、ゆっくり考える時間は無くなるかと思います。今のうちにぼーっと考える時間を過ごしておきます。
スポンサーサイト

黙ってないと思います!!【東】

06 05, 2014
こんにちは。今日はゼッタイに雨が降ると思って傘を持参したのに、雨が降ることはなく、無事帰宅しました。3期生ひがしです。

昨日のゼミで、1回目のディベート練習試合を行いました。 (宮川研究室は6/22に開催されるディベート大会に出場します。)全4チーム、2チームずつ肯定側・否定側に分かれて試合をしました。

宮川先生から、「ディベートでは、~だと思います。という言い回しは絶対にしない。」とご指摘がありました。
話し方に気をつけて試合に臨みました。
しかし、私は主張をしているときに「~だと思います。」「~だと感じます。」と連発。「これは、意識せな直らへんぞ…」と思いました。

ゼミ終了後、帰宅して何気なくテレビをつけると、ドラマ『花咲舞が黙ってない』が放送されていました。
不正を行っていた銀行員に主人公の舞が証拠を挙げて詰め寄るシーン。
「あなたの不正は許されるものではありません!!」
という舞のセリフには、迫力がありました。

ふと、もし舞が今日の私のような言い方をしたら…と考えました。
「あなたの不正は許されるものではないと思います!!」
う~ん…迫力にかけるなぁ…ドラマでこんなことを考えたのは初めてです。

ディベート大会では、ズバッと自分の意見を言うことを目標に頑張ります。(勝つことももちろん目標です!!)

孤独な戦い…【東】

04 28, 2014
こんにちは。野外でのアルバイトでちょっぴり日焼けしました。3期生ひがしです。

いま私は、卒論のテーマ決めで悩んでいます。
「取引先の数と企業業績には、何か関係性があるんじゃないか!?」とアイデアが頭の中で浮かぶと、「それは関係ないよ。」という反論が頭の中で浮かんできて…。別のアイデアが浮かぶと、それを否定する声が頭の中で響いてきて…。
日々ぼーっと考えていたら、もう5月が目の前となってしまいました。

こんな日々が続き、ふと、研究者の方々は孤独だなぁと思いました。

探究心を持って疑問の種を探す。
先行研究を調べて、その種の育て方を知る。(これまでどんな研究がなされていたのか。どこまで分かっているのか。)
水やりをするかのように、データを収集する。
肥料を与えるかのように、集めたデータを分析する。

こんな日々を続け、種が開花するまでじっくり見守る。孤独だなぁと思います。
孤独と戦った末、開花した論文をリリースする喜びは、表現しがたいものだろうなと思います。(実際、CORE論文を脱稿したときは、4人で喜びのあまり握手し合いました。)

1年後、(もう1年もない!!)「こんなきれいな花が咲きました!!」と胸を張って言えるよう、卒業論文に取り組んでいこうと思います。

さぁ、まずは種(seeds)探し。いい種見つかるかなぁ。

隙間の素晴らしさ【東】

04 22, 2014
こんばんわ。寒くなったり、暑くなったり、体調管理が大変ですが、みなさんお元気でしょうか。3期生ひがしです。

今日は授業で"ハッ"としたことを書きます。

詩についての授業をでした。詩は行間をとても大切にするそうです。文と文の"隙間"で、詩を反芻することで詩の情景が浮かぶとのことでした。

私は"隙間"という考えは日常生活にも言えることじゃないかなーと思いました。

例えば、勉強をしているとき。

私は、本を読んでいるときに必ずメモを取るようにしています。メモを取らずに、本をさっと読んでしまうことも可能です。ですが、考えをまとめる空白の時間があった方が頭の中に定着する気がするのです。

例えば、プレゼンをするとき。

文字がビッシリ書かれているスライドを見せながら、早口でまくし立てるよりも…
スライドにゆとりを持たせ、一呼吸おきつつ伝える方が納得してもらいやすくなる。と私は思っています。

"隙間"の素晴らしさについてボ〜っと考えていると、これは宮川先生がおっしゃっていることなんじゃないかと思いハッとしました!

「なぜ?」を考え、ゆっくり仮説を作っていき、確かめてみる。"隙間"時間は勉強の大切な要素なのだと思いました。


これからゆる〜り、勉強していきます。"隙間"から生まれるアッと驚くアイデアを期待しながら…

春を起こす雨【東】

03 26, 2014
こんばんわ。今日は成績開示があり、開いた口がふさがらない。3期生ひがしです。

今日は朝から大雨。3月末から4月にかけて降る雨は、「菜種梅雨(なたねづゆ)」または「催花雨(さいかう)」と呼ぶそうです。("雨"の言葉の種類は100種類を超えるそうです。)これから暖かくなればいいなぁ。

3/24、2回目の卒業記念パーティがありました。まだ実感が湧きません。先輩がいないって感じがしないです。

私の先輩方との思い出は、ゼミ以外にあります。(なんと!?笑)

ゆうせいさんとラーメン食べてる思い出。くめいさんと1期生向けの卒業記念DVDを待っている思い出。かってぃさんとセミナー会場でお話した思い出。

こんな思い出があることはゼミ以外でも楽しく過ごした証拠だと思います。
先輩1人1人の思い出があって、24日は号泣していました。嗚呼恥ずかし…

今日は学情で阿部ちゃんにファイナンスを教えていました。
「先輩やで、俺。」と思うと同時に「大丈夫かい、俺!?」と思っていました。まだまだ勉強しなければ…!!
先輩のようになりたいなぁと考えていた1年前が想起されます。これからも頑張らなくては…!!



先輩方へ。

花曇(はなぐもり)という言葉があります。
天候が不順で晴れていてもすぐに曇ってしまう天気を指す言葉です。4月によく見られるそうです。

皆さんは4月から新天地で活躍されます。大変な日々が続くと思います。調子良いなと思っていても、すぐ悪くなってしまう。そんな日々が続くのかと思います。どうか踏ん張ってください。応援しています。命に変化をもたらす清明(せいめい)は花曇のあとに訪れるそうです。

私はゼミ生として、ブログを書くことで応援します。(小さなことかもしれませんが、こんなことしかできないので…)
それでは、お元気で。またお会いしましょう!!
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ