FC2ブログ

今日の説明会はすごかったですね~【竹内】

10 06, 2015
こんにちは、4期生のなしこです。
BRCゼミ室で会ったみなさんはちょっとぶり、まだ見ぬ5期生候補のみなさんは初めまして!

今日から宮川ゼミの説明会が始まりましたが、予想外の大人数に驚きました。
宮川ゼミはすごくつらい…、という噂を耳にしたことがあるはずなのにすごいやる気ですね~ありがとうございます。
まあ現役ゼミ生の私から見れば、そんな噂は所詮ゼミ生以外がしていることなので気にする必要はないと思います。私は楽しんで、そして自分の意思でゼミに参加しているだけなので、つらいと思ったことは正直ありません。何週間もラーコモに引きこもって作業をしていたこともありますが、誰かに強要されたわけではなく勝手に自分たちでしたことです。
自分の納得のいくものを作りたいという思いが半分、先生に「すごいなーキミたち!驚いたよー」と言われたいという下心が半分でした。

zemi

こんな感じでいつも和気藹々と、そしてたまに殺伐としながら作業をしていました。
ちなみに何をそんなに作業するかは、ゼミの説明会などで詳しくお話ししています。


今日の説明会では、ゼミって楽しいよ!と非常に抽象的なことしか伝えられなかったのでもう少し宮川ゼミの魅力についてお話しさせてください。
2回生のみなさんはこれまでプロゼミやキャリアデザイン論などの授業の中でプレゼンなど自分の意見を発信することを経験してきたと思います。
だけど今までの授業、満足できました?
大して知識もない状態でプレゼンをしようにも薄っぺらい内容にしかならない、グループのメンバーと意見を交換しようとしても誰も何も言ってくれない、自分しか話さない、などなど。
私はこのことがとても嫌でした。何もしないまま適当に大学を卒業しても面白くないし、どうせなら本気でのめり込めるゼミに入りたいと思ったのが宮川ゼミへの志望動機です。
私にとってゼミ活動の中で一番楽しいことはみんなと議論をすることです。お昼には日経新聞の記事を一つ選んでそれに対してみんなが色々な視点から自分の意見を言います。また基本書を使った輪講でも、レポーターの意見を全員で考えます。この瞬間が何よりも楽しい!!新しい知識をどんどん吸収しながらそれを使って議論をしてみるなんて、知的好奇心が刺激されまくりですよね~。
「あの人は多分こんなことを言うだろうなー」とか、「ちょっとあいつらしくない発言だな…絶対かっこつけてるだろ」とか、そんなことがわかるようになるくらいみんなで熱い議論をします。
必ず打てば響く環境が常にあることが、宮川ゼミの魅力の一つです。
ゼミは先生の授業をただ聞くだけではありません。自分の考えを周りに披露する機会でもあります。ちょっと変なことを言ったって誰もバカにはしないし、恥ずかしくもなんともありません。

熱い議論をしてみたい!という人はもちろん、自分から話すのは苦手だけど何とか克服したいと思っているという人にも、是非宮川ゼミに入ってきてもらいたいです。宮川先生と私たち4期生がその気持ちを必ず受け止めます!!

【ゼミ見学会】
10月7日(水)12:00~14:00
10月14日(水)12:00~14:00
法学部棟11階の711C教室で熱い議論を交わしていると思うので、興味のある方は覗きにきてくださいね~。
スポンサーサイト

シアトル訪問記四日目【竹内】

09 04, 2015
シアトル訪問記〜4日目〜

シアトル4日目ともなると、完全に時差ボケもなくなりみんなスッキリ起きれるようになりました。

この日は丸一日Pamさんと一緒に過ごしました。午前11時からホテルまで迎えに来てくれたPamさんの運転する車に乗って、まずはハライム・M・チッテンデン水門とフィッシュラダーを見に行きました。この水門は、水位の低い海から水位の高い湖へ移動するために造られたものです。私たちが着いた時は丁度たくさんのボートが往来する時間で、水門が閉まり水位が変化する様子をすぐに見ることができました。ボートに乗っている人たちはほとんどBBQグリルを積んでいて、Pamさんと羨ましいと話していました。それからすぐ先にあるフィッシュラダー、海と湖とを行き来するサケなどの魚の通り道を見に行きました。9月は丁度遡上のシーズンなのですが、ここではあまり魚の姿を見ることができず…。最後に海を背景に写真を撮って移動しました。



お昼ご飯は、Raysというお洒落なレストランのテラス席でいただきました。少し風が冷たかったですが、海を見ながらのランチはとても贅沢でサケやカニ、ムール貝などのシーフードを各々楽しみました。私はサーモンのサンドイッチとクラムチャウダーを選んだのですが、サーモンはとても肉厚で美味しくクラムチャウダーは具沢山で、是非もう一度食べたいと思うような素晴らしいランチでした。



それから一度先生の家にお邪魔して休憩を挟み、近くのメイプルリーフ公園に行くことにしました。フリスビーとバスケットボールを持って一枚。



公園は平日の夕方にもかかわらず親子連れの人たちや犬の散歩に訪れる人などで賑わっていました。寄ってきた子供に突然ボールを奪われるなんてことも。



最初はお遊びでゴールを狙っていた男性陣でしたが、次第に白熱していきいつの間にか本気の勝負が始まっていました。私とPamさんは少し離れたところでその様子を観察、応援。小一時間遊んだところで、日頃の運動不足がたたったのかみんな肩が痛いと言い始めたので、のんびり歩きながら公園を後にしました。

Pamさんと別れた一行は、近くのグローサリーで食材を購入して、2日目と同じく先生の家で夜ご飯を食べました。顔よりも大きなハムステーキやピザなど、日本ではあり得ないスケールの食材にいつも驚かされます。わかっていてもやっぱりデカイ。一人暮らしの人は一体どうするんでしょうか…?

以上、4日目にあったことでした。私にとって初めての海外旅行で不安も多かったのですが、色んな人に助けられながらなんとかやっています。肉!肉!じゃがいも!といったご飯にも慣れつつありますが、そろそろ白米が食べたい竹内でした。5日目に続く。

2014年度も終わり【竹内】

03 31, 2015
今日で2014年度が終わりますが、この1年はまさにゼミ一色でした。
丁度1年前にはクリティカルシンキングに関するプレゼンの準備をしていたし、6月にはディベート大会、後期に入ってからは企業分析、三商大討論会にCORE論文。
振り返ればいつも一杯一杯で大変でしたが、私自身どれも楽しんで全力で取り組めたので辛いとは一切思いませんでした。
論文チームの中で意見がぶつかることも頻繁にありましたが、今となってはそれも良い思い出です。

私は中でもディベート大会が印象に残っています。
人の発言に対して即座に反駁をするというのが苦手で苦手で…。論理的思考の速度が遅いということを自覚した出来事でした。
思考速度は未だに遅いままので、これから先も課題になりそうです。

1年前は、緊張してゼミの中で自分の意見を言うことがなかなかできていませんでしたが、4期生のみんなとの仲が深まってきて徐々に良い雰囲気になっていると思います。
正直まだまだ全員が参加しているとは言えない状況ですが、あと1年悔いのないようみんなでがんばりましょー!

追伸
地元に帰って、テレビに向かって地元球団の応援をする休日って理想ですね…。カープ全力主義です。
うちのゼミはみんながみんな違う球団のファンなので面白いです(笑)

たけのこより断然きのこ派【竹内】

02 28, 2015
タイトルとはあまり関係ありませんが、本日2/28の日経新聞16面、「きのこの乱」が非常に気になりました。
私は最近卒論のテーマとしてM&Aなんか面白いのではと考えていたのでタイムリーだな、と。

記事は雪国まいたけの創業家支配からの脱却を狙うファンドがTOB(株式公開買い付け)を行ったというものでした。
日本での敵対的買収のほとんどが失敗に終わっている状況を鑑みると、このTOBの行方が気になります。
なぜ日本では敵対的買収が失敗するのでしょうか?
上場している以上企業は常に買収されるリスクがあるはずなのに、それに対してまるでアレルギー反応のように毛嫌いするとは経営者は一体どういう考えなんでしょう。
仮に一時的に利益が低下するような事業を行うとしても、その先に何か確固たる目的があるのであればそれをきちんと外部に知らせればよいのに、M&Aを避けるのは寄るな触るなという経営者の保身のようにも見えます。
M&Aの歴史に関する本を少しずつ読み進めているのですが、そこからも確かに日本市場全体が出遅れているのもしれないと思いました。

また、私はCORE論文で同族企業についてを実証研究したので、さらに創業家支配からの脱却という点にも注目しています。
同族経営というのは長期に渡って首尾一貫した経営方針を採ることができる一方で、やはりワンマン経営に陥ると外部からの圧力がかかるものなんですね。
会長と社長で争ってそれが株価にまで影響を及ぼすというのはさすがに何とも言えませんが…。
同族企業の良い面に焦点を当てて研究を行いましたが、悪い面というのも考えてみるのも楽しそう。

毎日のようにM&Aのニュースがありますが、今後はその買収の条件などについて調べながら見る楽しみが出来ました。
4期生のみんなは一体何に興味を持っているのかまた共有しよう!
最後に、たけのこ派が主流な状況で一部きのこ派もいるということを忘れないでください(笑)

そうだ、京都行こう!【竹内】

02 08, 2015
二本目の話題はタイトルの通り、ゼミで京都に遊びに行った話です。

昨日2月7日に思い付きで、宮川先生と暇人ズで京都へ遊びに行きました。
場所は私のリクエストで伏見稲荷から東福寺。
京阪に揺られながら目的地まで行きました。

私は初めて伏見稲荷に行ったのですが、思っていた何倍も広くて驚きました。
千本鳥居に行く前に、まずはみんなの就職祈願。

2015/02/07*01

しっかりお願いしてきました。

それからあとはひたすら階段をのぼってひたすら鳥居の下をくぐりました。
本当に千本あるのかもわからないくらいずらっと続く朱色の鳥居は、非常に幻想的な雰囲気で怖いくらいでした。
さすがに階段ばかりで疲れたのでわらびもちを食べて休憩を挟みつつ、次は東福寺を目指して歩きました。

宮川先生おすすめの東福寺に着いた西の第一声、「大きい」にその感想はないだろとみんなで突っ込みつつ、枯山水の庭を見るために中へ入りました。

2015/02/07*02

拝観受付終了間際に入ったこともあってか、東福寺の庭園には人が少なくみんなで一列になってひたすらぼんやりと庭を眺めました。
先生は京都支店で働いていた時、時折こうしてぼんやりとしに東福寺を訪れていたというのが非常に羨ましいです。(もちろん仕事中なので怒られますが)
時間が遅くて東福寺を全部まわりきることができなかったので、今度は紅葉がきれいな秋にぜひ来たいと思います。
紅葉の名所ということで、人が多そうですが。

それから四条で夜ご飯を食べるお店を探すために先斗町、木屋町、河原町と歩きまわって、最終的には先斗町の焼き鳥屋さんに決めました。

2015/02/07*3

普段学生が行くお店とは違う静かな雰囲気の中で、京都時代の先生の思い出話を聞きました。
Oさんの話はなかなかに衝撃的で、私はしばらく忘れられそうにありません(笑)
それと同時に、人生本当に何があるかわからないんだということも感じました。
これから先、みんなバラバラの進路を進みますが、10年先20年先に集まって、苦労話を笑いながらできたらいいですね。

以上家に帰るまで合計2万歩!!
よく歩いてよく笑った京都小旅行でした。
次は嵐山に行きましょう~。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ