FC2ブログ

理論武装の嗜み【吉延】

11 18, 2016

こんにちは、5期生の吉延世羅です。


最低気温が10度を下回るようになりました。
家を出た時に少しひやっとする感覚があり、緊張感をもって1日が始められるので、僕にとっては好きな時期であります。
ただこの緊張感は気温のせいなのか、Core研究の進捗から来るのか、講義が一緒の可愛いあの子から来るのかは曖昧ですが…


さて、久しぶりのブログにも関わらず、大げさなタイトルをつけてしまいました。

こまっちゃんのブログにもあったように先日は、ゼミで初めての後輩になる6期生の歓迎会でした。
宮川ゼミ入門からはや1年。
成長出来ているのかどうか怪しい所ではありますが、去年の今頃と比べると、明らかに考えていること、見えていることが変わったように思います。

今回はそれを〝理論武装″という言葉から少し考えてみたいと思います。


まず…

「君たちの本当の大学生活は今日から始まる」

先日の歓迎会で、先生が6期生に向けた祝福の言葉です、これにはかなり痺れました。1年前には意味が分からなかったと思いますが、今なら身にしみて感じることができます。

このゼミに入り、正直今までの大学生活の比にならないほどの勉強をしました。
公式を暗記するのではなく、なんで世の中ではこんなことが起こってるんだろうという素朴な疑問から出発して、理論で少しずつ積み上げていく勉強です。
また理論を土台として、現実の企業の行動を考えてきました。

コーポレート・ファイナンスという得体の知れない学問にぶつかっていく中で、様々な理論に触れてきたわけですが、
現実ではこうなってるからこう!で終わるのではなく、なぜそれが起こっているのか理屈で考えていくところに心地良いしんどさと無限大の楽しさがあります。

このしんどさと楽しさを大学生活の中で感じられて良かったなーと歓迎会でのメッセージから考えました。(すいません、少し良い子ぶりしすぎですかね 笑)


でもまさに、理論に触れて身につけていくことを理論武装と言うのではあれば、この1年間は理論武装のきっかけを掴んだ大切な時間でした。

ちなみに、この理論武装という言葉ですが、大昔に先生が学生の強みは何かということを話された時に出てきた言葉で個人的に気に入って重宝しているものです。

たとえば、学んだ理論の中にエージェンシー理論というものがあります。
この理論に則って考えれば、なぜ企業価値は最大化できないのかという大きいテーマから、経営者・株主の行動の個別のテーマまで幅広くその訳を説明できるようになります。

今まではそういうものだと流していた現象、もっと言えば、見向きもしなかったことに興味が持てるようになり、その原因を考える材料を自分の中でこの1年を通して少しずつ増やせたように思います。

理論武装を重ねていくことで、見える範囲も広がりますし、知的好奇心をがんがんに刺激できる真っ当な議論を友達とすることもできます。


6期生のみんなにもきっとこの感覚が分かるときが来ると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!

軽く書くつもりでしたが、硬くて面白味のない、お前誰やねんという記事になってしまいました…笑

偉そうなことを書きましたが、僕自身もまだ理論武装のきっかけを掴んだに過ぎません。
宮門会でも感じましたが、歴代の先輩方に比べるとまだまだぺーぺーです。

残された大学生活で、ごりごりの理論武装を身につけていくために、今まで以上に時間をやり繰りしてゼミに使える時間を増やしていきたいという決意表明でこのブログは終わりたいと思います。

読んで頂いた方ありがとうございました!


まずは、目の前にあるCore研究のデータ分析から倒していきます。

さあ、がんばろーっと!


以上
スポンサーサイト
3 CommentsPosted in せら

最高気温35℃【吉延】

07 04, 2016

こんにちは、
あっつい天気が続きますね!

あまりお酒は強い方ではないですが、冷えたビールをかーっと流し込みたくなるこの頃です。


さて輪講に取り組んでいる基本書は、あっという間に後半戦。
企業の投資決定の部から、投資の資金調達に伴う問題についての部に突入しました。

今回僕が担当した章は「効率的市場と行動ファイナンス」についてです。
これが非常に興味深い章でした。

今まで僕たちは、完全な競争市場つまり効率的市場を舞台に、企業の株価がどのようについているのかについて学んできました。

しかし、実際の世の中ではそうはなっていないではないか。
そこから、ファンダメンタルな価値と実際の価値の差は何によって生まれるのか、株価には一体何が反映されているのかという疑問が生まれます。

本章では、いくつかのアノマリーやパズルが紹介され、さらに人間の心理が株価に影響しているのかもしれないと、行動ファイナンスまで分析が及びます。

勉強すればするほど興味が湧き、好奇心が尽きない、このコーポレート・ファイナンスの面白さを感じることができました。

基本書の内容は難しく、1人で理解するのはとても大変です。今回もたくさんの疑問をレジメにぶつけてしまいました…
でも感じた疑問をゼミでぶつけると、色んな意見が飛び交い、最後には「あー、そういうことか!」というなんとも気持ちいい瞬間が訪れます。

これがあるから、ゼミの仲間と集まるのが楽しみでしょうがないだなあと思ったりしました 笑
今日はこれから財務分析のレポート作りです、ケンカになるかもしれないですが、良いものになるように全力で取り組みたいです!

レポートひと段落したら、きんきんに冷えたビール飲みに行きましょう(^^)!


では!
2 CommentsPosted in せら

大阪は先物取引のふるさと【吉延】

06 08, 2016

梅雨の気配を感じる今日この頃、カラッと晴れた日がすでに待ち遠しくてたまりません…


さて、今日のゼミでは、先物取引やオプション取引等のデリバディブについて先生から教えて頂きました!

普段から目にしている普通株式の取引と異なる、特殊な形態のデリバディブ取引について多少戸惑いながらも触れることで、役割や面白い点が分かり、面白かったです。


そして午後からは、そのデリバディブ取引で国内の中心地である"大阪取引所"にお邪魔しました!

まずは五代友厚像の前で記念撮影です、朝ドラの影響ですっかり観光スポットとして馴染んでるようです。
市大にある五代さんの方がハンサムだという噂も…ぜひ比べてみて下さい(^^)




大阪取引所では、国内証券取引の歴史や証券取引の仕組みなど様々なことを展示物を含め、広報担当の方に大変分かりやすく教えて頂きました!

大阪は組織的な先物市場としては世界初であることが国際的に知られていて、江戸時代にまで遡ります。
その伝統を引き継ぎ、大阪取引所は合併後もデリバディブ市場を提供しているとのこと。

恥ずかしながら、全く知らなかったです…


5期生からの質問にも、広報担当の方に丁寧に答えて頂けて、とても勉強になりました!

取引所の競争力を決める点として、投資家に対する信用力を挙げられていて、透明で滞りのない取引環境を整備するのに尽力する取引所の方の姿を考えることができました。
その他にも、取引所や証券について普段では聞けないようなお話を沢山伺えました。

見学を通して、証券の取引を少し身近に感じられるようになりそうです!

取引所のある北船場も素敵な街で、見学後の散策も楽しい時間でした(^_^)
これをモチベーションに財務分析もごりごりやっていきたい心持ちです。
それでは、今日はこの辺りで。


大阪取引所の方、ありがとうございました!
1 CommentsPosted in せら

ゼミのブログていいな【吉延】

04 29, 2016

こんにちは、
5期生 吉延世羅 です!

変なタイトルから始めてしまいましたが、ブログが更新されるのがいつも待ち遠しいです 笑

毎日のように会っているゼミ仲間ですが、ブログの中で、あいつそんな事考えてるのかーと初めてわかる事が沢山あり、にやにやが止まりません( ̄▽ ̄)


ただ僕はというと、コメント欄に出現しているばかりで、全く発信できてないではないか…


と思い、岡山への帰省のため揺られる電車の中で筆を取りました。


4月から本格的にゼミが始まり、いわゆるゼミ充な生活を楽しんでいます。



5期生のゼミ風景です。
和気あいあいと、でも、ぴしっとした非常に心地いい雰囲気で活動をしています。


今週のゼミで僕は日経レポーターでしたので、そのご報告を。


今回の日経レポートでは、
「扱った記事について議論する際に、まずなぜこのような現象が起きているのか、企業は何を考えてそのような経営をしているか、ということを学んだコーポレート・ファイナンスの理論の視点を常に意識しながら議論をする」という大切さを感じました。


そのことを意識するだけで、議論がとても盛り上がります。
当たり前のことですが、ほとんど意識できていませんでした。

コポファの理論について学び始めたばかりですが、ぺーぺーなりに理論を世の中に当てはめてみるのは非常に楽しいです!


実践あるのみ、がんがん挑戦したいです!


長々と書いてしまい、お腹がへってきました。
今日は晩飯に、とにかく和食、とくに煮物がアホぐらい食べたいとリクエストしました。
久しぶりの実家満喫したいと思います。

それでは、今日はこの辺りで。
ありがとうございました!
2 CommentsPosted in せら

噂のうるま曲線【吉延】

02 10, 2016
こんにちは、5期生 吉延世羅 です!


テスト期間が終わり、究極のモラトリアム期:春休みに突入しました。

昨夜は、ゼミ同期で美味しい鍋をつつく!

今日は、先生とがっしーやなぎー4人で隠れ家的カフェ『うるま』さんにランチ!

今夜は、じらさん入居祝い!

とゼミの方々に囲まれて大変幸せであります。


今日は、久しぶりの研究室訪問だっため、ノックするのに緊張しましたが、笑顔で先生が迎えてくれたのでとても嬉しかったです!
突然の訪問失礼しました…


そして、うるまさんでは、
ご飯とキャベツの山盛り山盛り!
これが噂のうるま曲線かと感動しました。

出身地・バイトの話、先生の中高時代のお話など美味しいご飯と共に色んな話題が挙がり、あっという間に時間が過ぎてしまいました!


先生やゼミの仲間と会うと、不思議とめきめきやる気が湧いてきます!

4月からのゼミ活動が楽しみで仕方ありません!


そのゼミスタートに向けて、5期生は今クリティカル・シンキングについての課題図書を読み進めています。

バーバラミント『考える技術・書く技術』を読んでいますが、これがとても難しい…
ページが前に進みません。

先生がいかに噛み砕いて分かりやすく教えて下さっているのかが本当によく分かります。

なかなかの難読本ですが、時間をかけて向き合って知識を得ていきたいと思います。

来週予定されているER会議で、疑問点・考えたことなどを発表できるよう頑張ることを誓い、この記事は終ろうと思います!

あ、そういえば、がっしー
良いウクレレ見つかった (^^)?
詳しくは本人までー!


以上、ありがとうございました!
5 CommentsPosted in せら
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ