FC2ブログ

個人的な話【中尾】

10 28, 2018
皆さんこんにちは。6期生の中尾です。

最近免許の更新に行きました。免許を取ったのは地元の広島県だったので、
人が全くおらず手続きが一瞬で終わったものですが、大阪での手続きはあまりに人が多く
トータルで5時間ほどかかったので、一日暇な日に覚悟を決めていく必要があります。


ところで、私は先週発熱で一週間ほど寝込んでいました。
もともと体は丈夫なほうで、風邪をひくのも年に一度
発熱で寝込むなんてことは滅多にありませんでした。

そのため、今回少し風邪っぽいなと思ったものの、どうせいつものようにすぐ治るだろうと
高をくくり、風邪薬や飲み物を買いこんだりしていませんでした。

しかし、体調は一気に悪化し少し歩くだけでも大変な状態になってしましました。
そうはいっても、食べ物も飲み物もないのだから買い物に行くしかない。
意を決してスーパーに行ったわけですが、あまりにしんどくて準備を怠ったことを後悔しました。

今ではすっかり元気ですが、一人暮らしの体調不良はいろいろな面で困難を伴うので
事前準備を怠らないようにしようと思ったというお話です。

療養中、あまりに孤独だったのでブログで公開することで
私の風邪との激闘の一端をみんなにも感じてもらおうと思った次第です。

みんなも体に気を付けてね!!

おしまい。
スポンサーサイト

悩んでいます【中尾】

06 23, 2018
みなさん、W杯見ていますか?4年に1度のお祭りです。
ぜひ日本だけでなく、他の国の試合もみてみてください。
サッカーは、奥が深くて面白いスポーツですよ。
僕は、いろいろな試合を見すぎて寝不足気味です…


こんにちは、6期生の中尾です。

最近ディベートに向けていろいろな勉強をして、毎日頭を悩ませています。

論を組み立てるにあたり、テーマの株式優待はもちろん、そこから派生し様々なことを学べるので楽しいです。
(株主の権利、ガバナンス、株主保有比率などなど)

今回の疑問は株価についてです。
株主優待は適正な株価形成を阻害するのかどうか、についてどのチームも議論していることだと思います。
橋本さんがおっしゃっていた「株価性善説」によるならば、市場で今ついている価格を信じることになりますよね。

そうであるならば、優待目当てに個人投資家が群がり、高止まりしている株価や
業績が悪化したにもかかわらず価格が下がらない株価も適切な株価といえてしまいます。

一方で、将来獲得するキャッシュを資本コストで割り引いた値を株価とするのであれば、
株主優待は明らかに適正な株価形成を阻害していますよね。

前回の模擬試合で、ちはるんも「財務情報から株価は導き出されるべきだ」と主張し
自分は「株主優待に魅力を感じ、投資してる株主が形成する株価も適正である」と主張しました。

この意見はどちらが正しいのでしょうか…

なんだか頭の中がこんがらがってしまい、整理する目的もかねてブログに書まとめてみました。

理論の世界と現実の世界がごちゃ混ぜになっているのかもしれません。

この問題に悩んでいたり、考えを持っている人ぜひ議論しましょう。

みんなそんな熱心に何してる?【中尾】

06 12, 2018
せいやの真似して少しかっこいい題名にしてみました。

最近電車に乗る機会が増えて気付いたことがあります。
電車乗ってる人みんな携帯いじってる!!ということです。

車内の人はみんなスマホの画面に夢中になり、顔を上げることなんてほとんどありません。

熱心に文字を打ってる人や、必死に画面をスクロールしてる人たくさんいますが、
ほんとにずっとスマホ見ていますよね。

僕はラインを少し返す程度で、ネットサーフィンやアプリをあまり見たりしないので、
そんなに面白いサイトあるのなら教えてほしいなと思ってしまいます。

そんな僕は電車の中ではもっぱら読書してます。

内容に夢中になりすぎて、今自分がどこの駅にいるのか確認し忘れ
焦って駅を確認することもしばしば。

そんな僕の抱える悩みは、小説の山場に差し掛かった時に限って目的地についてしまい
読書を中断しなければならないということです。

あれほんとにどうにかなりませんか(笑)
目的地がもう一駅先ならなぁなんて思いながらしぶしぶ本を閉じます。

そんな悩みの解決法として、一話が短く、
次の話とあまりつながっていない本を選んで読むように心げけています。

最近、東野圭吾のガリレオシリーズがもってこいだと気づきました。

読書の話で横道にそれましたが、通学に1時間くらいかかけている人もゼミ生にはいますよね。
そんな人たちは、電車内で何しているのか教えてください。

そうじゃない人も、電車内での時間のつぶし方、もしくはおすすめのサイトやアプリ教えてほしいです。
待ってます!!

7期生へ【中尾】

04 19, 2018
こんにちは、7期生を加えた新年度のゼミがはじまりました。
コーポレートファイナンスは2周目ですが、新しい発見があり、奥が深い学問だなぁと楽しく勉強しています。

さて今回は、7期生のゼミ長にすでに立候補した人、立候補しようか迷っている人にむけてブログを書いています。

1年間ゼミ長を務め、ゼミ長に最も必要なことは、「ゼミを愛し、ゼミを楽しみ、生活の中心にゼミを持ってこられること」だと思っています。

日々のゼミを心からとことん楽しみ、たくさんのことを学びました。そして、この楽しさをみんなに伝染させ、楽しいゼミの空気を作り出してやると思ってゼミに臨んでいます。また、ゼミ以外の時間も、「呼ばれりゃすぐ行く」をモットーに、誘ってもらったことに参加しまくった結果、ゼミ生とたくさんの時間を過ごしました。ゼミ生と過ごした時間の長さには絶対的な自信を持っています。ゼミに入門してからの時間どっぷりとゼミに浸かり、満喫しています。

7期生のゼミ長も、僕と同じようにゼミへの愛を自信を持って語れるような人になってほしいです。

こんな偉そうなことを語りながらも、去年僕は去年ゼミ長に立候補するか、かなり迷いました。いろいろ言い訳を作って、ゼミ長やらないほうがいいんじゃない?って楽な道を選びそうになりました。そんな弱気な自分が邪魔してきたとき、なんでも挑戦し、いろいろ経験積んでやろうと決断して、ゼミに入ったことを思い出しました。それなら、やるしかないじゃないかと心を決めて立候補しました。

1年たって、あの時立候補できて本当によかったと思っています。ゼミ長だから悩んだこと、経験できたことがたくさんあったからです。この経験は6期生の中でも自分しか得られなかったものです。ゼミ長に立候補できるのは人生において後にも先にもこの1週間しかありません。もし、立候補に迷っている7期生がいるなら、なぜ立候補しないでおこうと思っているのか、その理由をもう一度考え直してみてください。多分大したことじゃないでしょ。

ゼミ長立候補、待ってます。






詰め込み自分大好きマトリクス 【中尾】

01 21, 2018
最近はもっぱらショートショートや短編集にはまっている、読む本の分野にはこだわらずに読みまくる系男子中尾です。
小説読みたいけど何読んだらいいかわからないと悩んでいるそこのあなた、中尾がおすすめ本持ってくるのでぜひ相談してみてください。

そして、最近読んだ本とか、おすすめ小説教えてください。読んだ本はどんどん共有していきましょう。
宮川ゼミ、読書家増やそう計画進行中です。
読んだ本勝手にレビューって内容の記事書きたいなーと思っています。

前置きが長くなりました…

せいや、こうきいい文章書きますね。
二人のマトリクスは二人の個性が表れていてとても好きです。

いろいろ考えて書いているうちに日曜日になってしまいました。

筆の重さも欠点かなぁ。


さて、今回の自分大好きマトリクスを作って、気づけたことは二点あります。

まずひとつめ。
利点と欠点、矛盾をもあるけど確かにその両面を抱えているということ。


ふたつめ。
短所って全部が全部悪い、改善しなければならないものではない
短所って自分を助けていることもあるし、そんな一面も結構好きだということです。


このマトリクスを作る前の自分だったら自分の性格は何だろうと考えた時
ポジティブだとか、社交的だとかそういった簡単に一言で表そうとしてしまっていました。

でも、同時に本当に社交的か?そのわりに一人の時間も欲しい思ってると考えてしまいます。
そうなってくると、社交的であると言い切れなくなり、自分の性格がわからなくなります。
多かれ少なかれ、みんな同じような問題にぶつかっていたんじゃないかなと思っています。


今回自分は長所に「人と話すことが好き」「好奇心が強い」をあげました。

一方で「引きこもり」で家で一日ひとりで過ごすのが好きな一面も持ち合わせています。

社交的なのにインドア派っておかしいじゃんとなるところですが…
このマトリクスを使えば、そんな自分の一面も受け入れて、欠点のところに書き込んで
これも自分を表してるなと受け止めることができました。

そして、ふたつめの気づきにつながるのですが、
確かに欠点だと思っている「引きこもり」の一面も休日に家で一人で過ごす時間は
自分にとって欠かせない時間で、好きな一面なのです。
欠点だから直さなければとマイナスイメージを抱えることなく、好きな欠点もあっていいんだと気づけました。


ただ社交的と一言でとらえていたころよりもずっと深い気づきにつながりました。



ブログを書いているうちに、さらにいろいろ考えることができ
詰め込みに詰め込んだマトリクスになりました。

僕らしさがあらわれたマトリクスになっているでしょうか。
ぜひコメントくださいいいい!!!


自分のこと大好きマトリクス

プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ