FC2ブログ

賢者のお話 【きおか】

10 23, 2018

こんにちは。
6期生の木岡です。

泣くことしかできなかったあの日から22年と半年が過ぎ、やっと人と話すことを意識する年頃になってきました。

というのも、普段から私の話は仕草が大げさで内容が浅いことから、「話が嘘っぽい」「心がない」とゼミで言われます。たびたび先生からジェスチャー付きで再現していただくことに危機を感じていたことから、賢そうに話すにはどうすればいいのか考えるようになりました。ただ、笑いが生まれていることはコメディアン魂をモットーとする私としては大変光栄ではありますが、知性をにじませながら語るオトナへの憧れは捨てきれません。

そんな中、元スクウェア・エニックス社長の和田洋一さんがゼミにお越しになり、お話しをお聞きする機会がありました。和田さんは若かりし日の先生の教育係をされていたということもあり、和田さんをよく知る先生によると、話を聞けば頭の良さがわかるとのこと。賢そうに話すヒントを得るべく当日に臨みました。

実際に和田さんのお話をお聞きしたところ、内容はレベルが高く、言葉は淀みなく流れ、節々から経験と思想の豊富さが伝わってきて圧倒されました。しかし、和田さんが何を伝えようとされているのか、をこちらは理解できるのです。 それはいったいなぜか。その理由を私は、聞き手への愛にあると導きました。理解が難しくなるポイントでは、それがどういう意味で、なぜそのような考え方に至るのかを例を交えながらお話されていました。丁寧な言葉の説明や巧みな例の使い方に、聞く側としてはこちらに次元を合わせてくださっていると安心していました。

そして、まさにこれこそが和田さんのお話にあった「賢者の愛」だと気付きました。つまり、自分は賢いからと偉そうにするのでなく、知恵を共有することで相手とつながり、それが次の力を生むということです。このお話をお聞きしたとき、これは先生の姿勢そのものだと思いましたし、和田さんからそのルーツを見たように感じました。
想像力を膨らませて相手を思いやることを意識し、いつの日か和田さんや先生のような人に手を差し伸べられる愛ある賢者になりたいと思います。

以上です。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

再び企業分析始めました。【木岡】

03 15, 2018

こんばんは。
6期生の木岡です。

春を感じる場面が多くなってきた嬉しさが、花粉の連れてくる苦しさでかき消される時期になってきましたね。

花粉が動き出しだしたのと同時に我々の企業分析も再び動き出しました。今は小林製薬が新たに発表した決算データをこれまで我々がまとめたきたデータに加え、最新版のデータに書き換えているところです。
小林製薬は前年度に業績を伸ばし、株価が大きく上昇しました。それによって小林製薬の立ち位置や指標から読み取れることが変わってきたので、我々の分析の方向性も変えることになります。

業績が絶好調の企業に対して我々は何を言うのか、という具体的なストーリーをこれから考えていくことになります。なので、またイチから企業分析していくような感覚もあり、まだまだこれからという状態ではありますが、基礎知識も再び拾いながら良いものを完成させたいと思います。

以上です。
ありがとうございました。

自分らしさ【きおか】

01 18, 2018
おはようございます!
6期生の木岡です!

皆さん、読書の冬真っ盛りですね。
6期生の中尾から借りた朝井リョウ「何者」を読んだ私は、就活が目の前に迫った自分はいったいどんな人間なのかと冬休みにふと考えることがありました。

小説を読み終えた勢いでカッコつけて「自分は何者?」と物語の主人公ばりに自分に問いかけていた私とってはタイムリーなプログラムがゼミで先週と今週、2回にわたって行われました。
それはマトリクスを用いた自己分析です。先週は縦軸にワクワク度、横軸にできる度の「情熱マトリクス」を、今週が縦軸に好き嫌い、横軸に長所短所の「自分のこと大好きマトリクス」を用いて、1枚のシートに各々自分を自分の言葉で表現しました。
この自己分析はマトリクスであること、つまり軸が2つあることが極めて重要です。自分のできることや長所をただ箇条書きにするのでなく、縦軸が加わったことで自分をより細かく分析することができます。
参考に私のマトリクスを添付しているので見てみてください。何か発見やアドバイス等ありましたら、何でもいいので是非コメントお願いします!

私は白紙のマトリクスを前に、自分らしさって何?個性とは何だ?と色々考えるほどに自分はどんな人間なのかわからなくなりました。
私の主な2つのコミュニティであるゼミと部活では違った自分がいます。場所や相手によって自分に差があることにずっともどかしさを感じていました。どちらでも同じ自分でいたい、その差を埋めたい、しかし実際はうまくいかず苦しい。
そう感じていたので先生が昨日の最後におっしゃった「自分らしさなんてない」という言葉に僕は救われました。自分の思い描いているひとつの像だけが自分ではない。「違っていてもいい、どの木岡も木岡」と納得することができ、気持ちが軽くなりました。

2つのマトリクスを通じ、自分の物の考え方や人との接し方がどうなっているのかを客観的に見ることができ、そして色々な面がある自分こそが自分なのだと考えられるようになり前向きになれました。
これからは、今回のマトリクスに他の大好きな要素が追加できるように新たな自分をみつけたいと思います。


以上です。
ありがとうございました!


アンテナ【木岡】

07 04, 2017
こんにちは。
6期生 木岡公貴です。

今朝、部活の東京遠征から帰って来たのですが、長時間の移動でヘトヘトです。頻繁に出張されてる先生のパワフルさは恐ろしいですね。


さて、時間が経ってしまいましたが、先週6月28日のゼミを振り返ります。

この日のゼミのキーワードは「チャンス」でした。「チャンス」について、気づいた大事なことが3つあります。


まず1つ目は「チャンスに飛びつく早さ」です。

この日、先生が与えてくれたチャンスに対して素早い反応ができませんでした。

僕自身、チャンスというのはそれほど多くはやって来ないものだと考えています。それにもかかわらず、チャンスをものにするための野心が欠けていました。

自分が魅力を感じたものには周りを気にせずにすぐ前に出て行かないと、次々にチャンスを逃してしまうと強く思いました。


2つ目は「チャンスを活かした成長」です。

これは輪講での話です。

今回僕は、コーポレートファイナンス入門編 第13章「投資家行動と資本市場の効率性」のレポーターを担当しました。

第13章の初めにあった「アルファ値」の話が理解できず、モヤモヤしたままゼミの日を迎えました。
自分がレポーターなので、このチャンスを活かして解決しようと思い、輪講が始まってすぐにわからなかった部分をみんなに問いかけました。すると、色々なアイデアが生まれ、議論が進むにつれて理解が深まっていき、最後の先生の解説でモヤモヤがスッキリしました。

わからなかったことがわかっていく、この感覚は何とも言えませんね。
大げさかもしれませんが、「チャンス」を活かすと成長に繋がると実感しました。


3つ目は、「チャンスに気づくこと」です。

今回のゼミで、他の人より早くチャンスに反応すること、そして成長するにはチャンスを活かすことが必要だとわかりました。
このことから僕が思ったのは、そもそも「チャンス」を「チャンス」だと感じることができなければいけないということです。

チャンスを見逃さないためには、アンテナを高くしていなければいけません。これが成長するための前提として最も重要なことだと思いました。


今回、チャンスについて3つのことに気づくことができました。
このゼミに入った目的を忘れず、オトナになる準備をこれからも続けていきます。


以上、木岡でした。

刺激的な1日【木岡】

04 16, 2017
こんばんは。
6期生の木岡公貴です!

4月12日にあった第1回目のゼミの余韻が週末になった今もまだ残っているので、
ゼミ後の懇親会でうまく言えなかったことをここに書きたいと思います。


初めに先生からお話を聞いて、ついにゼミが始まるんだ、と気持ちのスイッチが切り替わりました。
『コーポレートファイナンス』の輪読、日経レポート、5期生のシーズシート発表、とどれも濃い内容だったのですが、
何よりも最後の6期生科学的思考論プレゼンコンテストは僕にはより濃厚に感じられました。

運よくコンテスト全体で最初にしゃべるのが僕だったので、「これはチャンス!ER班に流れを呼び込むぜ!」と張り切りすぎて、
作った原稿を思い出して話すのが精一杯なほど余裕がありませんでした。
それに比べてイアンやせいやからは余裕が溢れ出ていました。
彼らのように落ち着いた説得力満点のプレゼンができるようになりたいです。

コンテストはER班としては良い結果に終わりましたが、僕個人にとってこの結果はおこぼれのようなものだと思っています。
なぜなら、ER班の2人とプレゼンの準備をしているとき、自分がこの班にとって全然プラスになっていないと感じたからです。
良い案は思いつかない、2人のアイデアに対して鋭いコメントは言えない、行き詰まって沈黙が続いている状況を打ち破る声は出ない、できないことだらけの自分が悔しかったです。


プレゼン準備から本番を含む、初回のゼミ活動全体を通じて、周りの凄さと自分の力の無さを改めて実感しました。
この日のようにこれからも刺激を受けながら、伸びていきます!


以上、木岡でした。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ