FC2ブログ

証券会社のブローカーとしての存在意義【イアン】

10 24, 2018
どうもこんにちは。

最近バイクの教習所に通ってるってちゃっかに言ったら「何になるつもりですか?ヤクザですか?」って言われた6期生のイアンです。(ちなみに僕はヤクザになるつもりなんかありません)

今回の投稿は、月曜日に証券市場論に出たときに僕が疑問に感じたこと、そして宮川先生と話して学んだことについて書きたいと思います。

前回の証券市場論では直接金融と間接金融についての話がありました。僕は2年前にも証券市場論を受けていましたが、2年前に気づかなかった、最近感じた疑問点があります。それは、なぜ株式の売買は証券会社を通す必要があるのか、という証券会社のブローカーとしての役割です。

直接金融では、証券会社は投資家からの注文を受け、そしてその注文を証券取引所につなぐという仲介(ブローカー)としての役割を担っています。昔なら投資家は電話や紙などで証券会社に注文を出していたと思うのですが、最近はネットを使って注文を出すことができるようになり、瞬時?に取引所に注文が届く仕組みができています。(これについてはまだ勉強中なので、「瞬時」かどうかはわかりません)。こんなに便利なツールみがあれば、なぜ投資家は直接的に証券取引所に注文を出せないか、なぜわざわざ証券会社を通す必要があるのかは疑問に思いました。

研究室に行ってこのことを宮川先生に聞いたら、取引所には投資家が直接的に注文を出せる仕組みがまだないという。今は証券取引所に直接注文を出せるのは証券会社などの会員しかできない、会員制の仕組みになっています。証券会社は数多くの投資家からの注文を受け、これらをまとめた上で取引所につなぎ、株式の受け渡しを行います。

株式市場は100年近くにこの仕組みでやってきたと思ったら、確かに投資家からの直接的な注文を受けられるような仕組みを作ることが少しめんどくさいかもしれません。それでも今はコンピューターもあるので、決してそれができないわけでもないのではないか。

しかし考えてみたら、証券会社にもマーケットメーカーとしての役割があります。個々の投資家の間では、買い手のほしい株数と売り手が売りたい株数には決して常に一致するわけではなく、ズレが生じる可能性があります。証券会社はポジションをとって株式の在庫を持っているので、投資家間のそのズレを解消でき、取引をスムーズに促すことができます。これは株式の売買が証券会社を通す必要のある理由の一つなのではないかと思います。

証券会社はブローカー以外にアンダーライティングやディーリングの事業もあり、ブローカーとしての役割をなくしても証券会社の存在意義がなくなるわけでもないですし、金融市場では重要な役割を担っています。

今後の金融市場はどう変化していくのでしょう。
気になります。

以上
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in ian

7期生との輪講で知識のブラッシュアップを 【イアン】

04 08, 2018
こんにちは、6期生のイアンです!

今は次の企業説明会を待っていてカフェで時間を潰しているんですが、最近あった出来事を思い出しました。
学情で7期生の科学的思考論のサブゼミに行ったら、7期生からこんな質問がありました:

「企業価値の神秘を読んでるんですけど、DCF法の計算でWACCの負債の部分はなぜ税で引かれるんですか?」

去年の輪講と企業分析で勉強してたコンセプトのはずですが、うまく説明できませんでした。そこで僕はもう一度企業価値の神秘と教科書を読み直したらその質問への答えはわかったんですが、やはり所々細かいコンセプトをブラッシュアップしないといけないなと思いました。

次の水曜日から7期生と一緒に輪講をやって行くんですが、7期生だけではなく、6期生の僕もコーポレートファイナンスの知識をブラッシュアップできるいい機会になると思うので、楽しみです!

イアン
2 CommentsPosted in ian

企業分析を通じて学んだこと 【イアン】

03 14, 2018
企業分析

こんにちは、6期生のイアンです!
今回は企業分析についてのお話をします!

去年の7月から企業分析のチームが振り分けられ、そして新明和チームは9月に、小林製薬チームは10月にそれぞれの企業を訪問しました。三商大やコア論文の執筆もあって作業が一旦中断されました。1月になってからまた作業を続けて、企業分析の結果をプレゼンするために再び企業訪問をこれからします!

しかし、3月に入ってから6期生にとってもう一つ重要な物事があります:就活です。3月1日からPR活動が解禁され、みんな学内セミナーや個別企業の説明会に行っています。それでも企業分析も同時にやらないといけないので、夕方から集まったり電話会議でやってたりするといったやり方でやってます。企業訪問ももうすぐなので、レポートとプレゼン資料の作成も同時にやっています。

企業分析を通じていろいろな知識が身について学びも多いのですが、その中で一番大きいのは企業の財務情報やIR情報などが解読できるようになったことなんじゃないかなと思います。特に今就活してる6期生にとってはその知識が非常に役立ってると感じました。企業分析では有価証券報告書などの資料をたくさん読んでバリュエーションを通じて企業の将来予測も行ったので、そのクセで企業の財務情報を見るときのポイントの感覚も身についているのではないかと思います。

先生や先輩のアドバイスもいただきながら企業分析をやってきたので、分析結果には自身があります。その分析結果を企業の方にプレゼンして見せるのを楽しみにしています!
2 CommentsPosted in ian

ゼミのホームページの変更について【DC班】

09 01, 2017
こんにちは、6期生Digital Communication担当のイアンです。

この度、ホームページのサーバーのトラブルにより、以前のウェブアドレスでゼミのホームページにはアクセスできなくなりました。
そこで、新しいウェブアドレスを作り、ゼミのホームページをそのアドレスに移行することになりました。

新しいアドレスは以下の通りです:
miyagawaseminar.com

今後はこのアドレス経由でゼミのホームページにアクセスするようにお願いします。

よろしくお願いします。
Digital Communication班
0 CommentsPosted in ian

大学生っぽい夏休み【イアン】

08 18, 2017
こんにちは、6期生のイアンです。

今は2017年8月18日16時23分。僕は一人で学情の4階にいて、KANA-BOONというバンドの「シルエット」の曲を聴きながら、この文章をパソコンで書いています。

今回は「夏休み」について書きたいと思います。

大学生としての3回目の夏休みは既に4分の1が経ちました。この2週間を振り返ってみれば、僕はすごい大学生っぽい夏休みを過ごしたな〜と思いました。しかし、そもそも「大学生っぽい夏休み」とは何か?「大学生っぽい」とは何か?

SNSのインスタグラムなどを見れば、ほとんどの友達が海に行ったり旅行に行ったりしている写真や動画をアップし、「リア充」な夏休みを送っていることが見られます。すごく楽しそうです。日本では大学生としての4年間が「人生の夏休み」だというのを聞いたことがあります。就職して社会人になったらそのような楽しいことがあまりできなくなるかららしいです。

正直、この考え方は今でも僕にはあまりわかりません。日本人ではないということもあるかもしれませんが、僕は逆の考え方を持っています。つまり、今楽しく過ごして後で苦しむ(適切な言葉かどうかわかりませんが)ではなく、今の若いうちにできるだけ努力して、後で楽しい社会人生活ができるようにすること、ということです。

ほとんどの人にとって「大学生っぽい」といえば、やはり海に行ったり朝までハッチャケてしたりすることが思い浮かべます。しかし、これを少し違う視点で考えたいと思います。

僕の今までの夏休みの2週間は、その8割がゼミ活動と一人で本を読んだり勉強したりすることで過ごしていました。8月上旬に期末試験が終わり、僕が携わった商学部のオープンキャンパス企画の運営の準備に追われながらも、ほとんどの時間はゼミ生と過ごして、企業分析やコア論文、日経ストックリーグの準備を進めています。

今年の4月、宮川先生の研究室に一人で訪問したことがあります。その時、僕は先生に「後期に授業があまり残っていませんが、何をすればいいですか?先生なら何をしますか?」という相談をしたところ、先生は「俺だったらもっと勉強するかな」という答えをいただきました。社会人になったら大学生のように勉強できる時間がないと、先生が確かおしゃっていました。

正直、この先生からのアドバイスは最初はあまりしっくりこなかったのですが、前期の4ヶ月間で輪講を読んだり色々と考えたりして、最近はやっと先生のその言葉がなんとなくしっくりきてて、勉強と学問の楽しさをなんとなく感じるようになりました(もちろんたかが学部生レベルのものだと思いますが)。フライングして夏休みから勉強することにしました。

一昨日はCoaseの企業(Firm)の必要性についての論文を読んでみました。
昨日はJensenの企業の目的についての論文を読んでみました。
今日はFamaの効率的市場仮説についての論文を読んでみました。

もちろん、ほぼ何もわかりませんでした。

これらの論文を理解するには、経済学や数学のかなりのレベルの知識が必要です。大学1年生の時にもっと経済学を真面目に勉強すればよかった、高校生の時にもっと数学を真面目に勉強すればよかった、と思ったのです。

でもなんとなく楽しいです。

いろいろな考え方もありますが、「大学生っぽい」というのは遊びで過ごすという考え方だけでなく、勉強で過ごすという考え方もあります。僕の大学生としての最初の2回目の夏休みは前者の方でしたが、今回の夏休みは後者で、その意味で僕は初めて大学生っぽい夏休みを過ごしています。それなりに楽しいです。(4回目の夏休みはたぶんまた前者の方に戻るかもしれませんが…)。

この投稿を読んでイアンは真面目すぎるな〜と思った方は、その通りです笑。

以上、6期生のイアンでした。
1 CommentsPosted in ian
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ