FC2ブログ

初心忘れるべからず【安藤】

11 16, 2018
こんばんは!朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。最近鼻をすすったり咳をしている人が多いので、皆さん風邪に気をつけてください。

今回の記事は、経営者についてです。
スクウェアエニックスの元社長の和田さんのお話で、コーポレートガバナンスの究極の機能は社長の解任だとありました。企業の事業や戦略は正のNPVを生むものだと合理的に説明できなければなりません。それができていない社長を解職できる様な環境がなくては企業がダメになるというお話でした。

しかし、私はこの機能に引っかかりを覚えました。もちろんその機能がなくては企業がダメになることは納得できますが、私はそれにより「経営者にとって長期的な戦略をしにくくなるのでは?」と考えてしまいます。

先日NTNの企業分析発表にて、今がビジネスモデルの転換期であるので踏ん張りどころだというお話を聞きました。私たちの企業分析ではROEが比較対象企業と比べて低く出ていましたが、それは設備投資を多く設定しているためでした。
このような投資は、予測が難しい範囲であるため市場からの評価は得られにくいと考えられます。私たちの算出した理論株価と実際の株価が2倍以上乖離していた理由がそれです。

すこし話を戻しまして、社長を解職できる機能が必要だとありました。社長は株主にとって最大の利益を生む行動をしないといけないため、株価を上げる必要があります。しかしその株価評価は、長期的な戦略であればあるほど評価されにくいのではないのでしょうか…?


って思ってたんですけど、今こうやって書き出してみると、「そりゃ長期的な戦略を考えないとあかんけど、あまりに市場から評価されないような戦略をする経営者はあかんやろ!」っていう当たり前の考えに戻りました。社長解職機能が、いきすぎた設備投資のストッパーになりうるのかなと思いました。
ある程度株価が下がってても、経営者は事業や戦略に対しての説明がちゃんとできているなら、信頼されて経営を任されているんですよね。結局和田さんの話に落ち着きました。

どうしても時間が経ったり他のことを考えてしまうと、学んだはずのことを忘れてしまいますよね。
変更しちゃって委員会チームで論点がブレてしまったことがあり、シーズシートを何回か見直しました。
引っかかりを感じることがあったら、一旦書き出すなりして、そもそもどういうことだっけ?と考え直さなければいけないなと思いました。
スポンサーサイト

前期振り返り【安藤】

07 19, 2018
夏休みの予定がどんどん埋まってきてわくわくしています、7期生の安藤です。
早くテストが終わらないかな〜〜!

7月18日は前期最後のゼミで、その打ち上げをしました。そこで前期を振り返ってについて全員一言発表しました。しかし振り返ってみるともっと他のこと言えたなと思ったので(鎧を着てしまっていたので)ブログに書きます。

まず、本当に頑張った3ヶ月だったと思います。あの分厚くて難しい本を読みきったことにやりがいを感じますし、自分の意見を伝えることに少しずつですが慣れてきました。
暇だな〜と思う時間も減り、時間の有効活用ができるようになってきました。もちろん、これらのことはまだまだではありますが。

頑張れた理由を考えた時、大きく2つあるんじゃないかと思いました。

1つ目は、自分のダメな点が発見し続けられたことです。DCにて、イベント報告にて、マナーにて、自分の態度について、他たくさんのダメなところを先生やゼミ生のお話を聞いて発見しました。今まで機会がなかったので気付かなかったのですが、自分から何かを発信することはとても難しいことでした。どうしてできないんだろうって悩んだ時もありましたが、慣れるしかないやろ!と七転び八起きの精神を持つことが必要だと思いました。

2つ目は、周りのレベルの高さです。先輩も同期も本当に賢くて努力家で尊敬します。一人一人の良さをこの3ヶ月ひしひしと感じていました。先輩に関しては、私も来年あれくらい知識をつけなくては!と思うし、同期に関しては、私も負けじと勉強しなくては!と思います。

後期もきっとわからないことだらけですが、もっと全力でぶつかろうと思います。
夏休みは春休みよりもずっと専門的な勉強に入ります。暑さに負けだらだらとならないように、頑張ります。

伝えるって難しい。【安藤】

07 02, 2018
こんばんは!7期生の安藤です。

毎年この時期思うのですが、夏本番ってどうやって過ごしていたっけ。それほどのうだるような暑さですよね。

昨日7月1日はディベート大会でした。
毎日必死に準備して全力を出し切っていたので、終わってみると一瞬でした!
と言いたいところですが、私には毎回のサブゼミが濃すぎて、GWあたりから時間が経つのが遅かったです。長かったー!

今回のディベートにおいて最も難しいと感じたことは、みんなに伝えることです。
自分は知っていても、相手は知らないわけで、その溝を埋めるって難しい。
ゼミ内で模擬ディベートを行なっている時、相手側の言わんとしてることはほぼ理解することができました。
しかし、他大学のゼミが言わんとしてることは理解がスムーズにいかなかったです。
決して他大学の立論が間違っているわけでないです。
きっと、考え方の違いやベースとしている理論の違いがあるからでしょうね。
だから、相手に伝わりやすいように工夫することが大事なのだと痛感しました。

プレゼンは一瞬ですけど、その準備には多くの時間を要します。
まず、自分が熟知するということ。
次に、噛み砕いて簡単な言葉に置き換えられるようにすること。
そして、相手の興味を引くようにストーリーをつけること。
最後に、その流れを覚えて詰まってしまわないように練習すること。
この4工程をずっと考えている間は、頭をとても働かせないといけなくて、ときにしんどさを覚えることもあります。
しかし、相手が納得できるようなパフォーマンスをしたとき、喜びを一気に感じるのだと思いました!

とてもいい経験になりました。ディベート大会、お疲れさまでした!

国の財政危機とは?【安藤】

05 31, 2018
大学生協の100円朝食がなくなってしまった途端寝坊しました安藤です。朝ごはんが大切だとわかってるけど早起きしてご飯作るには腰が重いです…。

5月30日のコーポレートファイナンス輪講は債権についてでした。そこで、国債の話が出てきました。
中学生の時から社会の授業で、国債が年々増えている!国は借金まみれだ!と学んでいました。
ならなんで貸す人がいるんだろう?とか、国だから何かしらの対策を立てられるんじゃないの?とかずっと考えていました。
高校卒業しても、さすがに上2つのことは考えませんが、いまだに国債というものが何なのかあまりわかりません。

先日のゼミでは、なぜ国がそれほど国債発行できるかというと、それだけの資産があるからだと教わりました。
資産というと土地などでしょうか?国が所有するものだから信用力があり、その土地の価値も比較的高くつくのでしょうか。

国債やその信用力を考えた時、ギリシャのことを思い出しました。2010年におきたギリシャの経営破綻です。当時12歳の私は、ギリシャがなんかヤバくて銀行に人が殺到する、くらいのぼやっとした理解しか出来ませんでした。
気になったのでちょっと検索してみました。
ギリシャの政治家が変わったタイミングで粉飾を行なっていたことが明るみになりました。その結果国の信用力がグッと下がり、財政赤字であるのに資金繰りが困難になりました。そしてEUにも迷惑がかかり、大きなニュースとなりました。

粉飾→国債の価値低下という流れならわかります。
しかし、資産の価値低下にはなるのでしょうか?
なぜ日本はたくさん国債発行できて、ギリシャは国の信用力がないため国債発行できないのでしょうか?資産の価値が落ちたのでしょうか…。

今回謎は解決できていませんが、中学生の時よりはギリシャ危機についてちょっと理解できたような気がします。
輪講が進むにつれ、ニュースにあることがちょっとわかるようになっていくのがおもしろいです。
ギリシャ危機が(私には)難しすぎたため、ブログの真ん中が膨らみすぎましたが、ニュースがわかるようになってきて嬉しいというのが今回ブログで一番伝えたかったことです。
読んでくださりありがとうございました。

KJ法に苦戦してます【安藤】

03 15, 2018
私たちDCチーム7期生(青木、安藤、沖野、ビクトリア)は『続・発想法』についてのプレゼン作成に取り掛かっています。
私たちはkj法を試行錯誤しながら実践しているのですが、これがとても難しくて…。
kj法の実践をしては本を読み直してを繰り返しています。
内容がややこしく、解釈が4人ばらばらであることもあります。
同じ本なのに、こんなに意見が分かれるものなのか!と驚きました。
はやくプレゼンのストーリーを構成しスライドを作成しなければならないのですが、内容を理解するのに四苦八苦している現状です。

先日12日に後期試験で学校が使用できなかったため、大阪市立中央図書館に行ってきました。
kj法ではある問題について解決するためにたくさんのデータを集めるという作業があるのですが、そのための参考文献を求めて行きました。
さすが大阪市の図書館でした、私の地元の図書館と規模が違いました!
館内はとても広く、本の数も多かったです。
今回は参考文献しか見ていませんが、小説もたくさんありそうでした。ぜひ一度小説コーナーをぶらぶらしてみたいものです。

たまにはこのように場所を変えてのサブゼミもいいなぁと思いました。
図書館の後はファミレスに行って、今後の予定などを決めていました。
大学で集まるのとは違い、美味しいものを前にしておしゃべりしてとても楽しかったです!いい気分転換にもなりました。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ