FC2ブログ

キャッシュレス【安藤】

04 14, 2019
新学期が始まりました!4回生にもなると授業もほぼなく、不規則な生活を送ってしまいそうなので気を付けます。安藤です。

先日約1ヶ月ぶりにアルバイトに行きました。久しぶりにレジに立つと、モバイル決済の仕様が大きく異なっていることに驚きました。あれは便利なのか面倒なのか正直わかりません。じゃらじゃらと現金を出すことなくピッとかざすだけで支払いができるのはお客様側にとっても店員側にとっても楽ですよね。かかる時間は1/3くらいではないでしょうか。一方で、種類がたくさんあり複雑だと感じる面もあります。具体的に書き表すことは複雑すぎて不可能ですが、そう感じる場面が多々あります。日本では12月のPayPayのキャンペーンをはじめに、モバイル決済競争が激化したように思います。海外ではキャッシュレス化が進んでいますが、日本は大幅な遅れをとっているようです。そう考えると各大手企業がキャンペーンを大々的に行い、利用者を獲得しようとするのも納得できます。それにより私たちは便利な決済方法を手に入れられますし、ポイント還元などによる恩恵を受けることも出来ています。私も最近使ってみようかなと思い、今の自分に使えるものはどれかを調べているところです。

しかし、この競争激化によって想定される恐ろしい状況があります。ここ半年で多くのモバイル決済を行う企業が増えたため、従業員に全ての種類取り扱い方法を把握させていないお店も存在すると思います。つまり、スマホに表示されたバーコードやQRコードをなんとなく読み取ることで数万円を頂戴している従業員がいるかもしれないということです。利用者は自分が使っている決済について熟知しようとはしますが、取扱者は熟知しているとは限らないのです。そう考えると、認知度の低いアプリ決済は今後人気が広まらないのではないかと思います。利用者の獲得のしやすさから、これほど大手企業が有利な市場はないのではないでしょうか。と、レジに立ってて考えていました。
スポンサーサイト

日本人失格【安藤】

04 06, 2019
暖かくなってきましたね!桜も満開を迎え、つい上を見上げて街を歩いてしまいます。

今街では選挙カーがたくさん走っています。恥ずかしながら、私は地元に戻る時間がないため投票しません。昔から行くように口すっぱく言われ続けているのに、いざ投票権を持つ年齢になると選挙に行かないことは反省しなければなりません。そして選挙について考えると、自分がいかに政治に無関心であるかに気付きました。今回は府知事、市長の選挙ですが、そもそも政治全体のことを全く理解していませんでした。
中学生の時に、敗戦後吉田内閣が成立したことを学びました。そこから世界情勢の動きとともに政党内外でもさまざまな動きを見せてきました。これらの動きを歴史として認識していたために、無関心でいたのだと思います。大学の勉強や就活では歴史は必要ないと考えて、その知識も薄れていきました。以前、友達に左翼右翼って何?と聞かれて、うまく説明できませんでした。そうなると、政党の解説を聞いてもうまく理解できないんです。本当にいけないと思います、日本人失格です。

左翼右翼を知らなかった友達や、それをうまく説明できない私のように、政治に無関心な大学生は結構多いのではないでしょうか。私が政治の話をあまりしないのでそう思い込んでしまうだけかもしれませんが。なので私はとりあえず本を読むことから始めました。そうだったのか!と知らないことだらけでした。

選挙カーの声を聞くたび、自分が無知であることを思い出すので気分が晴れません。でも学生が終わる前に、気づけてよかったと思うことにします。

将来の夢【安藤】

02 22, 2019
こんばんは!合宿お疲れ様でした、安藤です。

先日実家に帰り、小さい頃の思い出の品を整理しました。幼稚園児の頃の記憶なんてほとんどないもので、私はペット屋さんになりたかったそうです。当時姉ととっとこハム太郎にはまっていて、その影響だったと思います。今は動物が苦手なのでペット屋さんはあまり惹かれません。

3月から就活が始まりますが、今時点では将来の夢が特になく焦りを覚えます。小さい頃はその時好きなものに直結するものが将来の夢でしたが、大きくなるとそうはいかなくなってしまいました。音楽、本、映画、テレビ、お菓子、ごはん、化粧品、服、どれも仕事として携われたら楽しそうだな〜と思うけれど、仕事にしてしまっても好きでいられるのかとも思います。本当にずっと好きでいられるのかな〜と!

そういう視点にたつと、ずっと好きでいられるものと言えるのは、お菓子や食品のような気がしました。なぜなら、何があっても食事を嫌うことはないじゃないですか!これが現時点で私が食品、製菓メーカーを検討している理由です。

しかし、「好きなものを仕事にしたい」という考えも揺らぎつつあります。以前学校でやっている企業説明会で明治の説明を聞きにいきました。そこでは、食品セグメントの話ではなく医薬品セグメントの話がほとんどでした。医療用医薬品や、動物用ワクチンなど、それらがどの規模の売上で今後の需要の伸びなどについて聞きました。文系にもできる仕事の例としては、病院へ薬を売りに行く営業などがありました。これらの説明を聞いて、少し興味が湧いてしまいました。その営業によって、人の命を守ることができるというのはかっこいいと思ったからです。しかも薬って、命を守ることにすごい近しいものじゃないですか。営業に限らずとも、そのことに関与できるとしたら、やりがいを感じられそうですよね。でもこの考え方って、「好きなものを仕事にする」のではないですよね。社会貢献できそう、という考え方な気がします。それとも、具体的な仕事像を聞いて「おもしろそう!」と感じた業種にするという考え方でしょうか。

業種も絞れないし、考え方さえも不安定になってきてしまいました。みなさんはどういう理由で業界を選択した、もしくはしていますか。ぜひ教えてください!

初心忘れるべからず【安藤】

11 16, 2018
こんばんは!朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。最近鼻をすすったり咳をしている人が多いので、皆さん風邪に気をつけてください。

今回の記事は、経営者についてです。
スクウェアエニックスの元社長の和田さんのお話で、コーポレートガバナンスの究極の機能は社長の解任だとありました。企業の事業や戦略は正のNPVを生むものだと合理的に説明できなければなりません。それができていない社長を解職できる様な環境がなくては企業がダメになるというお話でした。

しかし、私はこの機能に引っかかりを覚えました。もちろんその機能がなくては企業がダメになることは納得できますが、私はそれにより「経営者にとって長期的な戦略をしにくくなるのでは?」と考えてしまいます。

先日NTNの企業分析発表にて、今がビジネスモデルの転換期であるので踏ん張りどころだというお話を聞きました。私たちの企業分析ではROEが比較対象企業と比べて低く出ていましたが、それは設備投資を多く設定しているためでした。
このような投資は、予測が難しい範囲であるため市場からの評価は得られにくいと考えられます。私たちの算出した理論株価と実際の株価が2倍以上乖離していた理由がそれです。

すこし話を戻しまして、社長を解職できる機能が必要だとありました。社長は株主にとって最大の利益を生む行動をしないといけないため、株価を上げる必要があります。しかしその株価評価は、長期的な戦略であればあるほど評価されにくいのではないのでしょうか…?


って思ってたんですけど、今こうやって書き出してみると、「そりゃ長期的な戦略を考えないとあかんけど、あまりに市場から評価されないような戦略をする経営者はあかんやろ!」っていう当たり前の考えに戻りました。社長解職機能が、いきすぎた設備投資のストッパーになりうるのかなと思いました。
ある程度株価が下がってても、経営者は事業や戦略に対しての説明がちゃんとできているなら、信頼されて経営を任されているんですよね。結局和田さんの話に落ち着きました。

どうしても時間が経ったり他のことを考えてしまうと、学んだはずのことを忘れてしまいますよね。
変更しちゃって委員会チームで論点がブレてしまったことがあり、シーズシートを何回か見直しました。
引っかかりを感じることがあったら、一旦書き出すなりして、そもそもどういうことだっけ?と考え直さなければいけないなと思いました。

前期振り返り【安藤】

07 19, 2018
夏休みの予定がどんどん埋まってきてわくわくしています、7期生の安藤です。
早くテストが終わらないかな〜〜!

7月18日は前期最後のゼミで、その打ち上げをしました。そこで前期を振り返ってについて全員一言発表しました。しかし振り返ってみるともっと他のこと言えたなと思ったので(鎧を着てしまっていたので)ブログに書きます。

まず、本当に頑張った3ヶ月だったと思います。あの分厚くて難しい本を読みきったことにやりがいを感じますし、自分の意見を伝えることに少しずつですが慣れてきました。
暇だな〜と思う時間も減り、時間の有効活用ができるようになってきました。もちろん、これらのことはまだまだではありますが。

頑張れた理由を考えた時、大きく2つあるんじゃないかと思いました。

1つ目は、自分のダメな点が発見し続けられたことです。DCにて、イベント報告にて、マナーにて、自分の態度について、他たくさんのダメなところを先生やゼミ生のお話を聞いて発見しました。今まで機会がなかったので気付かなかったのですが、自分から何かを発信することはとても難しいことでした。どうしてできないんだろうって悩んだ時もありましたが、慣れるしかないやろ!と七転び八起きの精神を持つことが必要だと思いました。

2つ目は、周りのレベルの高さです。先輩も同期も本当に賢くて努力家で尊敬します。一人一人の良さをこの3ヶ月ひしひしと感じていました。先輩に関しては、私も来年あれくらい知識をつけなくては!と思うし、同期に関しては、私も負けじと勉強しなくては!と思います。

後期もきっとわからないことだらけですが、もっと全力でぶつかろうと思います。
夏休みは春休みよりもずっと専門的な勉強に入ります。暑さに負けだらだらとならないように、頑張ります。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ