FC2ブログ

セミと学問と実家【藤井】

08 25, 2011
まだまだ暑いですねー

このごろは
セミも暑すぎるのか寿命なのか
学情まわりに大量に落ちていて
また踏んだか
みたいな夏休みを過ごしています


しばしば
もっと多くの学問を学ばなければ
と思います。

その一場面がストックリーグです
最近ゼミ活動がまたちょくちょく予定に入ってきて
ストックリーグへ向けて発進しました。

テーマも大枠は決まったとは思いますが
テーマに沿っていかに話を膨らませていくかがカギだと思っています。

このゼミでは約1年(たぶんもう一年といってもいいのかな?)
主として、コーポレートファイナンスをもとに勉強してきたかいあり
企業にとって純現在価値ルールというのがいかに大切かを学んできたわけですが
(小ネタ:googleで「純現在価値ルール」と検索するとあだっちのレジュメ資料がトップにでてくるよ)
ストックリーグで話しをおもしろくするにはやっぱり
他の学問領域の知識も必要だなと痛感しています。

例えば
円高というテーマから
円高は誰にとって有利でだれにとって不利か
なぜ円高が起こったのか
円高は日本のGDPにどのような影響を及ぼしているのか

例えば
少子高齢社会というテーマから
少子高齢社会は消費にどのような影響を与えるのか
企業の投資戦略にどのような影響を与えるか
雇用はどうか
GDPはどうか

このように論を進めていっても
当座の議論が盛り上がらない
それは一重に僕の知識不足だからだと思っています

この場合
一般的な経済学に対する無知ということですが

一時が万事そうなのであって
例えば数学、物理学の知識のなさに本当に意気阻喪してしまいます。
本を読んでも理解が深まらない、
それならばと
違う本を読んでも、また行き詰る
そんなのを繰り返し
とうとう最近いきづまってしまいました

しかし、今は夏休みで
金はなくても時間があるので
高校くらいの基礎からやり直そうと考えています

こう思えるようになったのも
お盆に久々に帰省し
もう就職している友達や先輩の話を聞くと
いかに大学生が時間をもっているかということに気付かされたからです

それに
ダンスのために身一つで東京にいく奴
卓球をするために実業団に入った奴
バレーでプロ選手になろうとしてる奴
格闘技選手になろうとしてる奴
仕事やめて漁師になった奴
僕と同じ学者になろうとする奴
そういうかつての仲間の努力を聞いて
自分がなんて怠慢な人間なのだろうと
いい刺激ももらってきました


最近よく思いだす人がいて
それは多くの学問を修めた
小室直樹という学者です

本当に学問の鬼みたいな人で
彼の著作を何冊か読んで心が震えた記憶があります
僕が学者を志すきっかけにもなった学者です


最近よく思うことを書いてみたら
散漫で長くなってしまいました笑
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in shota

涼しい【奥本】

08 21, 2011
こんにちはー、奥本です。
ここ二日、雨のせいか急に涼しくなってまいりました。
暑がりかつ、汗っかきな僕にとっては非常にありがたいです。
このまま秋になればな・・・(夏も好きやけど)

さて、最近IRCが本格的に始まってまいりまして、フェローテックという企業の分析をしとります。
わからないことが多くて、焦ります。(この苦戦してる感じも好きですが)
でも、ちょっとずつわかりはじめてきてる気もしており、なんか楽しいです。
引き続き頑張らないと!


で、私ごとですが今日から神戸にあるとある国立大学で合宿です。
ちょっとテンションあがってます。
一暴れしてきます。


奥本



1 CommentsPosted in Okumoto

作業しながらふと【鈴木】

08 19, 2011
鈴木です。久しぶりの投稿です。もう夏季休暇の4分の1を終わってしまいましたね。(早い!!)
さて、11日に東京にキックオフ・ミーティングに参加してきました。赤坂Bizタワーの30階でミーティングを行ったのですが、ここにいてもいいのかと思うような場所でした。ホテル青海の会議室の方が落ち着きます。分析対象企業は「フェローテック」。最初は名前さえ聞いたことがない企業で戸惑いました。(私の無知のせいです。急成長している有名な会社です。)この企業の分析を行っているのですが、まずどんな製品を販売しているのかという段階で理解に苦労している状態でした。私は太陽電池関連事業から詳しく見ているのですが、単結晶シリコンインゴットって何?石英坩堝って何?とひとつひとつ調べていったんです。そうすると単結晶インゴットはシャープを訪問したときに触ったシリコンのかたまりとかわかってきて、セルメーカーや装置メーカーが抱える問題など背景理解すると、最初全くわからなかった事業報告書や決算資料がすんなりイメージできるようになりました。

経営者と投資家の間には情報の非対称性が存在して(会社資料にはプラス要素や会計データしか記載されていない)、その情報の差を埋めるためには専門知識や膨大な時間を必要とするため(多くの本を読み、一日中パソコンの傍にいる)、アナリストがいるんだなと改めて思いました。
*カッコ内は今の作業と比較
1 CommentsPosted in shun

リフレッシュ!!とオープンキャンパスを振り返って【田邊】

08 17, 2011
田邊 了三です。

久しぶりの投稿になってしまいましたが、ゼミ合宿から一週間ほど、勝手に決め付けてリフレッシュ週間とさせていただいてました。

この一週間で、ゼミ合宿を含め、鳥取・三重・徳島に行ったり、初めての岩盤浴を体験したりもしました。

今回はその日程の間に挟まる形となったオープンキャンパスのことについて少し書かせてもらいます。

8月8日、9日に行われた商学部のオープンキャンパス。私は、その実行委員をさせてもらっていました。初日は機材の音量のトラブルが発生するなどしてうまくいかない場面もありましたが、皆で力を合わせてなんとか無事成功させることができました。

私達はこれまで半年間、プロジェクトゼミナールという授業を通じて、準備を行ってきました。その中で少し考えたことがあります。それは、「リーダーシップってなんやろ?」ってことです。

このオープンキャンパスのプロジェクトは、それぞれが担当パートに分かれ、グループごとにタスクを進めていきました。もちろんより良いものとなるのが一番良いですが、授業の性質上、ある程度仕事をちゃんとこなしていれば、一番いい成績は約束されたようなものでした。

そして、いざオープンキャンパスを終えた時点で考えてみると、その担当チームによって大きくモチベーションと仕事をこなす量に差がでてしまっていました。

この差はいったい何なのか?
上記のような理由で成績がモチベーションになることはないでしょう。
どのチームもメンバー自身のやる気度合いは初めは変わらなかったはずです。

ならば、チームを引っ張るリーダーが優秀だったのではないか。

それも答えじゃない気がします。
自分で書くのもあれですが、一番チームワークがよかった班は私達の班で、私はそのリーダーをさせてもらいました。
「私が優秀でした」というつもりはなくて、仕事の出来という意味では、他班の4回生でリーダーを務めた人のほうがはるかに優秀でした。

ゼミ生の皆さんはよくご存知のように、私自身、グイグイと積極的にチームを牽引していくタイプではありません。今回もどちらかというと、ムードメーカー的な存在のメンバーに引っ張られた形でした。
今回の成功は、そのムードメーカーの人に支えられたからでしょうか?その人が初めからリーダーをやっていれば、それでよかったのでしょうか?

自分自身で、もし、自分がリーダーで成功した点としてあげるならば、チームのムードが壊れないように『調整』したことかも知れません。ムードメーカーの人を中心に意見や案はたくさん出たので、自分はその話し合いをうまく進行させたり、現実の案として具体化するために、細かいところをつめたりしていました。そして、チームで出たアイディアを実現させるということをいつも頭において行動していました。

僕がやったことはそれだけでした。でも、個人的にそんなリーダーもありなんじゃないかと今回のオープンキャンパスで思いました。

宮川ゼミ生は部活・サークルの部長経験者も多いので、皆の理想のリーダー像についても聞いてみたいですね。

宮川ゼミ
田邊 了三

1 CommentsPosted in zoryo

NY株一時380ドル超安【今西】

08 09, 2011
宮川先生、ゼミ生のみなさん。こんばんわ。再び今西です。連投すみません。ゼミ合宿が終わった今、みんなと意見交換が出来る場はこのブログとメーリスくらいのもので、これから甲子園球児ばりの連投をしてしまいそうです。
さて、今日のホットトピックスとして、日記の題材にもした、NY株の暴落なんですが、なんでこんなことがおきているのかいまいち分かりません。
米国債が格下げされ、そのことにより、米国債を売却、価格が下がり、金利が上がる。(金利が上がれば債券価格は下がるの法則)そのことによって、お金が市場に回らなくなり、消費意欲も下がり、企業活動にも制限がかかる。よって、アメリカ企業の将来は暗い。だから、株価が売られ、下がる。こういった認識で正しいのでしょうか。でも、アメリカ政府はゼロ金利政策を維持するとの表明もあり、実質、国債の格下げは無関係なのではないでしょうか。宮川ゼミのみなさん、無知な子羊に救いの手を!!!!

夏休み【今西】

08 09, 2011
夏休み初めを宮川ゼミ二見浦合宿という1000ccエンジン搭載の究極完全型ハイパーイベントによって好発進することができました。ブリリーマイヤーズアレン壽夫のコーポレートファイナンス上も終わったり、花火したり、おいしいもの食べたり、釣りをしたり、野生化したごりらと相撲とったり、…書ききれないほどの思い出ができたいい夏合宿でした。そのことについてはみんなおのおの書いてますので、僕はこれからやらなければならないことの意気込みと確認を。
○日経ストックリーグ
これは今テーマを決める時点から難航中。ま、テーマ決定が重視されるところだから、時間がかかって当たり前なんだけれども。※テーマ募集中
○三商大討論会
加賀屋ゼミ・砂川ゼミ・テキゼミというそうそうたるゼミが集まるので、なんとしてでも、いいものを発表したいところ。
○怱那ゼミ交流会
これも、以前の飲み会でゼミ生のレベルの高さが印象的なので、こちらも本腰いれていかなければ!
○IRC
以前書いたので省略

こうしてみてみると、まだ、全部ぜんぜん進んでいないことに焦る。どんどん前倒しで決めて聞かないと忙しくなっていく一方だし。てことで、気合いれて頑張っていきましょう!!

記念すべき初合宿!

08 08, 2011
こんにちは、川野通代です。
駿くんと同じく、昨日は死んだように寝ていました。体力不足が目立つ今日この頃…夏休み中にもう少し体力つけます。
さて、記念すべき宮川ゼミ初合宿、楽しい思い出になりましたね。駿くんに倣って項目別に感想を書きます。

伊勢神宮内宮参拝
緑あふれて清々しい内宮参拝、冷たくて綺麗な五十鈴川岸での川遊び、にぎわいを見せるおかげ横丁めぐり…。なにやら神聖な気分を味わえ、赤福氷・地酒アイスなども食べることもでき、すごく充実した時間を過ごせました。7:00に家を出た甲斐があったというものです(笑)
しかし天気が良すぎて重度の日焼けをしてしまいました。いまにー、私も肩が痛い。

研究シーズシートの発表
今後の研究テーマの発表でしたが、自分とは違う様々な切り口・見方を知ることができ、夏休みにどんな勉強をしようか考えるのに参考になりました。私は株主構成と企業価値についてを研究テーマとして考えていますが、資本構成や配当政策も面白いテーマだと思いましたし、今ホットなインフラ企業の民営化の是非についてもとても興味を持ちました。後期は自分の研究だけでなく、他の人の研究もチェックしていきたいです。

コーポレートファイナンスの輪読
今までの輪読で一番楽しかったです!前半の『エージェンシー問題においてのインセンティブとモニタリング』が自分のテーマと被るところもあり、自分の中で超超盛り上がりました。後半の配当政策は問題が複雑に絡み合ってすべてスッキリ理解できなかったので、夏休みにフォローアップしたいです。

ホテル&食事
ホテル&食事に関しては、概ね陽兵くんの評価と同じです。にしても、すべてのサイズがミニマムでしたね…布団…浴衣(先生のみ)…先生のひざ丈浴衣を写真に収められなかったのが残念でなりません。

BBQの時にも言いましたが、半年くらい前までほとんど絡んだことがなかったメンバーとこんなに仲良く楽しい時間を過ごせたことがすごく嬉しいです。夏休みからもまたみんなではしゃぎましょう!

P.S.:帰りのドライブ
宮川先生、下剋上(パワハラ)してすみません。マーシー、ゴリラゴリラ言ってすみません。しゅんくん、いまにー、言論統制かけてすみません。太田さん、陽兵くん、なべくん、不適切な発言があったらすみません。今後は人と地球にやさしいドライブを心がけます。
とりあえず、『みっちーのキョウダイって男兄弟やんな!』といまにーに断言されないくらいには、成長しますネ(笑)

川野

合宿最高【鈴木】

08 08, 2011
こんにちは。鈴木駿一です。
昨日は疲れていたのか、床で寝てしまいました。そのせいで体が痛かったからなのか、マーシーがゴリラとなって襲いかかってきた夢を見ました。あー怖かった。
合宿は最高に楽しかったですね。以下感想を項目別に書きます。

●コーポレートファイナンスの輪読
勉強が楽しいと心から思える時間でした。合宿では後半の資金調達側をまとめてやりましたね。MM理論をベースにエージェンシー問題、配当政策、資本構成・・・結局全部つながっていて、議論によって理解が深まりました。もう上は終わってしまいましたが、夏の間に何度も読みたいと思っています。理論をしっかり復習して後期の授業に生かしたいと思います。
●旅館&食事
近くに海があってバーベキューも出来、会議室もあるというホテルでとてもよかったです。ヨウヘイの評価は私とほぼ一緒でした。近くのお店では伊勢エビも食べれたし満足ですね。常に満腹でした。花火もしたし、海ではしゃいだし、夏を堪能できました。こういった非日常の世界はとても癒されます。
●釣り
宮川先生、イマニー、マーシーと釣りしました。今期初釣りです。釣果はフグとキスとカイズが1匹ずつです。(私は釣れませんでしたが)イマニーの魚愛護精神がとても面白かったです。せっかく釣ったのに、コイツ今息してないんだよね、かわいそうと言ってすぐリリースしてました。そしてまたすぐ竿を出していました。(笑) 楽しかったのでまたやりたいですね。
●ドライブ
やっぱりレンタカーにして良かったなと思います。楽だし運転好きというのもありますが、せまい空間でみんなでおしゃべりするがドライブの醍醐味ですね。それにしてもみっちーは怖かった。(ヨウヘイのブログ参照)関係ないのに、隅でぶるぶるしてました。まだ初心者マークですが、事故なくて良かったです。

一発芸はみんなに0割4分とか言われてますけど、この合宿では3割だったと思います。
この夏気合い入れて頑張ります。良いスタートが切れました。みんなありがとう!

マーメイド鈴木

2 CommentsPosted in shun

怖いオンナとエージェンシー問題【小坂】

08 07, 2011
どうも!「クセ毛賢い説」と「巨乳バカ説」を宮川先生に科学的でないと一蹴されたハンドボール部の小坂です。先ほど偶然高校の友人から電話がかかってきてこの説のことを聞いたところ正しくは「クセ毛数学できる説」でした。どちらにせよ非科学的ですね(笑)
コーポレートファイナンス(上)終わってしまいましたね。昨日皆言っていたようになんだかちょっと寂しい気持ちです。また、昨日のことを振り返り、議論がいかに重要か実感しました。昨日の議論は大きく分けて「エージェンシー問題においてのインセンティブとモニタリング」、「MM理論」の2つでした。本を読むだけでは「あぁなるほどね。企業価値最大化のためには経営者にストックオプションとかでインセンティブを付与して他方で株主は経営者の暴走を防ぐためにモニタリングするのね。配当をどういじっても企業価値には無関係なんだ。」で終わってしまうでしょう。議論をすることで以前ミッチーが書いたようにアウフヘーベンが起きて高次元の解が得られる、昨日はそんな建設的なゼミが行われており、俯瞰で見ていた僕(ごめんなさい)は議論中にもかかわらず感動していました(笑)
後期からもこんな議論を展開することができればブリーリー、マイヤーズ、アレンの3氏も「一生懸命本書いてよかったなぁ」と泣いて喜んでくれるはず!(笑)

P.S.:合宿評価
周囲の環境 :★★★★★(空気、景色◎)
飯屋の食事 :★★★★★(ハンバーグ、海老フライ◎)
BBQ   :★★★★★(味、場所、サービス◎)
海     :★★★★☆(とてもよかったがやや寒)
ホテルの食事:★★☆☆☆(あれ?)
部屋    :★★★☆☆(まぁ)
風呂    :★★★★★(いいね)
接客    :★★☆☆☆(いや、)
会議室   :★☆☆☆☆(これはまずい!)
ホテル総合 :★★★☆☆(観光で来たら失敗)
合宿総合  :★★★★★(感謝!)

P.S.のP.S.:帰りの車
世の中には必ず「力関係」が存在する。部活であれば先輩後輩、会社であれば上司と部下、学校であれば生徒と先生のように。そういった関係の中育った僕は非常にショックを受けました。ゼミ生であるK野さんが先生に対して「パワハラ」を働いていたのです。これまでの半年ほどで、被害者は心的外傷を負い、帰りの車を運転する頃にはもはや子羊のように震えあがっていました。幸いにも早期発見できたのでまだなんとかなりそうですが、今後もこのようなケースは起こり得る可能性があるので我々としても注意が必要です。
(↑ごめんなさい、いつでも消します)

さいごに
ここからまた新しいスタートですね。改めて復習して、各自課題図書を読み込みましょう!
おやすみなさい!ワキ痛い(泣)

小さなナショナリズム【小坂】

08 03, 2011
ハンドボール部の小坂です。今日まで2日間地元岐阜に帰省していました。今は電車で大阪に向かっています。この帰りの4時間というのは毎度同じで、いつも自分と家とその今後について考えてしまいます。
岐阜では友達に会ったり、イトコの家庭教師をしたり、小1なのに自転車に乗れないクソガキに付き合ったり、墓参りしたり、いつも通りのことをしてきました。また、寿司、ひつまぶし、味噌煮込みを食べに行くというこれもお馴染み。そしていつも通り親や祖母から大切に思われてると感じました。
僕は浪人なので友人の多くは就職が決まっています。皆解き放たれて旅行、旅行と言っていました。皆旅行好きですね(笑)
親と友人の就職のこととかを話していると「あんたは大丈夫なの?」と母。こんなときにいつも言うのが「俺は大丈夫」毎回これです。いつも無根拠でどれほど成績が悪くてもそうやって言います。親の前ではボロを出したくないのもありますが、一番は自分は自信ベースの人間だということです。そして「就職できんかったらどうしよう」みたいな不安ベースの人間にはなりたくありません(笑)
そんな僕も親のことやら考えて地元就職しようかなと思ったことがありましたが、今はその考えは無くなりました。地元就職イコール親孝行なんてのは妄想だという結論に至ったこと、地元に帰るたびに頑張ろうと思えることです。帰る場所があるということは本当に心強いです。帰る場所があるから頑張ろうと思えるときもあります。そんな小さなナショナリズムが僕を後押ししています。
ハンドボール部の小坂改め、ポジティ部の小坂になろう!と思いましたが、書いてすぐにまったく面白くないとわかってしまったのでやめます。
しかしバイトだけのために大阪にもどるってのは悲しいというか、本末転倒です。何のためのバイトだか(泣) 岐阜から三重行く方が近いのに…しかも朝6時から…ダルビッシュ…
今からヤラシイこと考えてポジティブになります!!さようなら!!

PL花火大会【足立】

08 02, 2011
お久しぶりです、足立です。


皆さん、映画に音楽に勉強に充実した日々を過ごしているようですね!
足立はちょっと青春したくて、PL花火大会に行って参りました。

太田さんに行き方、帰り方を丁寧に教えていただきいざ出発!
電車にぎゅうぎゅう詰めにされて、金剛駅に到着。
狭山池でポジション確保し、チューハイ片手にしばし語らいの時間を過ごし、
真っ暗な空に19:50にナイアガラの滝が出現!
最初からクライマックスみたい!
めっちゃきれいです!
単純な言葉しか書けませんが、もう!!きれいです!!
これは行く価値ありです!
1時間が20分ほどに感じるほどです。
太田さん、教えてくださって本当にありがとうございました(>×<)
最高に楽しめました!!


さて、もうすぐ合宿ですね。
研究テーマも課題図書も決めていくのが難しい...
課題図書は自分の足りないところを補ってくれる本を選ばなきゃと思うと
5冊じゃ足りないですね(笑
今年の夏は、勉強に遊びに運動にがんばって行こう!!


足立
2 CommentsPosted in adacchi

今年も夏がやってくる…【田邊】

08 02, 2011
ちょっと久しぶりの投稿となります田邊了三です。
世の中では、アメリカの債務の問題や中国の列車事故の問題、なでしこの活躍など色々ありましたが、んー、なんかどれも個人的に「騒ぎすぎ」という印象を受けたのでネタにはしませんでした。

さて、今回のネタは「高校野球」です。
昨日、出場校が出そろい、今年は名門校が多いっていうのが印象でしょうか。
母親が高校野球好きの影響もあって、我が家では、この時期のTVは、野球しか映りませんw
毎年優勝を予想するのが楽しみで、高校時代にクラス内で予想大会をして、斉藤祐樹の早稲田実業の優勝をクラスでただ一人的中させたことは、いい思い出です。

高校野球って不思議な魅力とドラマがあって良いですよね。

最近インターン選考も始まって、将来のことをいろいろ考えることが多いです。
自分は、具体的にこうなりたいとか野望があるわけでもないので、現在模索中という感じです。

でも、よーく考えてみると高校野球じゃないですけど、輝いている人やがんばっている人を見てると応援したくなるし、それをサポートしてあげたくなるって思うことはよくあるなと思うんです。

そうゆうことって仕事に結びつくんでしょうか。
どうゆう仕事、どうゆう方向に進んだら近づくんでしょうか。

もう少し、世間をしらないといけませんね。

宮川ゼミ
田邊 了三
4 CommentsPosted in zoryo

ウォール街 感想 【藤井】

08 02, 2011
ゼミ内で話題沸騰中のウォール街をみました!

オリバーストーン監督の映画は
ニクソンとJFKとワールドトレードセンターを見たことがあり
当然おもしろいんだろうと思っていたら
やっぱりおもしろかった。


概要は
日進月歩技術が進むアメリカで
順風満帆とはいえない証券マンの主人公が
有名投資家に取り入るため
ありとあらゆるコネを使い
のぼりつめていくっていうお話。
その途中で金に目がくらんで
倫理観の喪失や
貧弱な金銭に基づく人間関係
奢侈への羨望と失望
なんかも取り扱っていた。

その有名投資家のマイケルダグラスが
本当に嫌なやつで最初の登場のシーンからもうめっちゃ悪役だった。
最初のオフィスのシーンと
主人公と亀裂が入るオフィスのシーンはかっこよかった!

主人公に資本主義とはなんなのかについて
雄弁をふるう画面の端にみ切れる
窓を拭いているおっさんが皮肉だった。

僕はこの映画の本質が
過剰な競争による倫理観の喪失と排除性
利己的な行動への牽制にあると思う。

映画中では勧善懲悪的な態度で一貫してるんだけど
なかなか現実そうじゃないよって感じがする。

ノルマを達成できなければ則クビで
インサイダーで成績を上げる者が称えられる。

だからこそ映画のあの唐突なラストが必要なんだろうって感じた。


批判一辺倒だけじゃなくて
やっぱり彼らみたいな投資家がいなければ
会社は上手くやっていけない
社会はまわっていかない側面もある
ってことが法廷のシーンで感じれたのは
よかった。
(映画中での真意は違うんだけどね)



今の金融系もこんな感じなんだろうか。
















3 CommentsPosted in shota

ガムラン【國信】

08 01, 2011
こんにちは。ゼミ合宿が楽しみすぎて一週間前にして持ち物リストを作ってしまった國信です。

今日は月曜の2限にある「アジアの地域と文化」という一般教養の発表会がありました。この授業では毎回ガムランというインドネシアの楽器を、今日の高校生見学会で演奏するために練習してきました。文学部棟の窓を開けて練習する時もあったので、不思議な音楽が聞こえてきたことがある人もいるのではないでしょうか。

ガムランは鉄琴のような楽器やドラのような楽器などの総称です。今回私はクノンという楽器を担当させてもらいました。なぜかって?國信の「ク」と「ノ」がかぶってるから!しょうもないですよね。でも、あの優しく響く音がいいんです。

ガムランの特徴は、独特の音階と指揮者がいないことにあります。様々な楽器の金属の少し濁った音がとても神秘的で、演奏に慣れてきて音を聞いていると別の世界へ引き込まれていくような感じがします。また、それぞれの楽器の音を聞きながらテンポを変化させていくので、テンポが上げていくときの一体感はオケ以上のものがあると思います。

これはゼミにも同じようなことがいえるのかなと思います。ゼミ生のみんながそれぞれのがんばりを見てどんどん上を目指していく。そうしていく中で一体感は生まれてくのではないでしょうか。


話は戻りまして、演奏後の拍手はとてもうれしいものでした。高校生の頃からの念願かなって、この授業を受けることができてよかったです。今日興味を持って聞いてくれた高校生たちの中から、未来の宮川ゼミ生が誕生してくれるといいですね。

國信


4 CommentsPosted in ku-ni-
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ