FC2ブログ

花淵、麗斗、小坂は眼鏡をかけています【小坂】

10 31, 2011
 こんにちは、今回からブログは10行以内で収めることをここに表明します、ハンドボール部の小坂です。
 昨日は今西とともに神大の忽那ゼミ、立命館の樋原ゼミの交流会に参加しました。交流は良い刺激になる。これに尽きると思います。また、道場破りである我々を快く受け入れてくださった両ゼミの方々には本当に感謝しています。
 さて、話はだいぶ変わりますが、私はここ1週間ほど頭痛に悩まされ続けています。体調管理には気を使っているのですが、昼夜逆転、ストレスのため込みが原因だと推察されます。今週、来週あたり思いっきり飲み明かしたいと思います。行こうぜ!2期生のみんなのことも待ってるよ!(笑) 
スポンサーサイト

忽那・樋原ゼミ交流会を終えて【今西】

10 31, 2011
連投になります。
今西です。

日付は変わって昨日、忽那ゼミ・樋原ゼミ交流会に筒井さんのお誘いをうけ、小坂と2人で参加して参りました。

フルーツバスケットのアイスブレイクから始まり、始めの2時間は、それぞれのゼミからのビジネス提案を聞かせていただきました。事業立案は
忽那ゼミは、音声をテキスト化するビジネス立案、
樋原ゼミは、イメージビデオ作成を銘打ったビジネス立案
というものを拝聴させていただきました。
忽那ゼミの立案は、こんな便利なものあればいいな!と本当に心から思えるものでした。
しかし、先生方、ゼミ生からは可能なのかという指摘をうけていました。
先週、私が発表した共英製鋼の事業立案もそうなのですが、
おもしろいものを作ろうとすると現実味を帯びないし、現実味を追いかけると面白みにかけるよねと、レイト君と話しておりました。面白いストーリーながら、実現可能を訴えかけるというアプローチが僕は好きですが。

その後、サイボウズという会社をケースに、どういう所が経営を行っていく上で悪く、今後どのように改善していかねばならないかについて、議論をしました。

 詳細についてもっと詳しく書きたいのですが、私、酔っ払ってしまい、降りるべ大津駅をのがし、草津駅に到着してしまい、現在、友達の車を待っているという失態をさらしております。

とりあえず、端的に今日の出来事を書くならば、本当に楽しかった!
やはり、人数が多い分、発言も多く、活気のある交流会でした。
この、熱気を小坂と共に宮川ゼミに持ち帰り、宮川ゼミをもっといいものにできるよう、活気の源となれるよう頑張りたいと思います。

おばあちゃんになったら【國信】

10 30, 2011
電車の中でひとりのおばあちゃんが私の前に座っていました。
それは部活のOBさんと会うため梅田まで出てきた帰りの御堂筋でのことでした。

そのおばあちゃんはデパートの紙袋を持って、お買物の帰りだったのでしょう。
私は失礼ながらもじっと見てしましました。
なぜなら、そのおばあちゃんはとても幸せそうだったからです。
かなりお年を召した方だったのですが、頬の筋肉は子供のようにぷっくりしていて、年とともに増えるしわも、笑顔で刻まれていったようなラインをたどっていました。

それを見て、どんな人生を送ってきたのかとても気になりました。日本も破たんするなど言われていますが、将来も日本でこのおばあちゃんの様な表情で暮らせたらいいなと切実に思います。

ラパネ班では少子高齢化をテーマに模索中ですが、このような社会を目指して今後どういう企業が成長していくのかを考えてゆきたいです。

また私事ですが銀杏祭の休みを利用して、おばあちゃんに会うため数年ぶりに山口に帰ります!
成長した(身長を除く)姿を見てもらいたいですね。

國信
2 CommentsPosted in ku-ni-

IRCは一生の思い出【鈴木】

10 30, 2011
こんにちは。鈴木駿一です。27日の正午がレポート提出期限で、1時間前に完成し、ようやく一つの区切りがつきました。久しぶりに晩酌しながら(これがしたかった)ブログ書きます。

大変良い経験をさせていただきました。メンターである鈴木さんとのMTGやフェローテックの取締役の方々とお話させていただいたこと、有江さんの倫理講習会など普通では絶対に出来ないような経験が山ほどありました。
その中で多くのこと学ぶことが出来、単にレポート30枚仕上げたことがこれのすべてではありません。
アナリストの疑似体験が出来たという意味でも、非常に有意義だったと思います。

もう一回やりたい!なんて考えてしまします。まだ結果も出てないですし、全力でやり遂げたので後悔しているわけではありません。そして結構しんどかったですが、もっと良いレポート作りたいっていうのは今でもありますね。

提出後に宮川先生と握手した時には泣いてしましました。決して涙もろい方ではないですが、こみ上げてくるものはたくさんありました。宮川研究室で勉強出来て心から良かったと思いました。

たくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

なんかIRC終わったふうに書いてしまいましたが、まだでした。笑

最終まで残りたい!!!

鈴木駿一


1 CommentsPosted in shun

同志社大学に行ってきました

10 29, 2011
こんばんは、川野です。
最近朝晩が冷え込みますね、体調を崩さないようみなさん気をつけてください。

さて今日は、ロナルド・ドーア先生の講演を聞きに同志社大学へ行ってきました。
ロナルド・ドーア先生は社会学の先生で、日本の経済や社会構造、資本主義の比較研究などを専門に研究されています。
講演のテーマは、「折角の金融危機を無駄にした世界」
リーマン・ショックと日本のバブル崩壊の比較、リーマン・ショックが起こった経緯、行き過ぎた金融資本主義、そして金融危機をどう生かす必要があるか(あったか)などといったことをお話しいただきました。
お恥ずかしいことに実はあまり話の内容をつかめなかったのですが…金融を考えるときには、社会構造、政治、経済など様々な視点が必要だということは分かりました。10月に発売されたドーア先生の著書『金融が乗っ取る世界経済』を読んで、また何か新しいサジェスチョンをご報告したいと思います。
何にせよ今日は、ドーア先生の講演も聴け、サインもいただき、写真も撮らせてもらい、大変貴重な思い出になりました。
授業でこの講演を告知してくれた山田先生(戦略経営論)、ありがとうございます!

ところで実は、今日が初めての同志社大学訪問でした。
いくつかあるキャンパスの一つなので、敷地はそこまで広くはないように感じましたが、赤レンガ基調のレトロモダンでありつつ歴史を感じる素敵な大学でした。
だが問題はそこじゃない、学食だ。
お昼ごはんを学食でいただいたのですが、美味!いも煮汁と栗ごはんが本当に美味しかったです…!
私大なので量が少なく値段もちょっと高めを予想していたのですが、ボリュームもありお値段も市大と変わらないお手ごろ感!
パーフェクト。
市大の学食のおばさま、是非研修に行って、あの味を市大で提供してください。お願いします。

では美味しいいも煮汁の思い出に浸りつつ、筆をおきたいと思います(笑)
川野

交流ゼミとIRCと【奥本】

10 28, 2011
みなさん、こんばんは。
奥本です。
気づけば季節はすっかり秋です。
はい。久々の登板となってしまいました。すいません・・・
今から最多勝目指して頑張ります!

みんながブログに書いているように最近、神戸大の忽那ゼミとの交流会、IRCのレポートの最終提出がありました。
まず、忽那ゼミとの交流会は一言で言うと楽しかったです!
本当に筒井さん、駿をはじめこの交流会の企画に携わってくれた方々に感謝です。
で、忽那ゼミのみなさんとの交流を通して、見習わなければなと思った点が大きく分けて3つありました(本当はもっとありますが・・・)。
①常にロジックを意識している点
②インプットの量
③元気さ
です。
各項目について説明すると長くなりそうなので省きますが、とりあえず自分の未熟に気付きました。
もっと勉強しなければ!そして元気に!

で、次にIRCです。
ついに終わってしまいました・・・
駿とイマニーから参加しないかとの電話があったのは思い返せば4ヶ月ほど前です。
バリュエーションのことなど全く知らない所からスタートし、駿の家で議論したり、資料を作成したり、いろいろなことがありました。なかなかうまく進まず、軽く現実逃避した時もありました。当時は忙しく、正直しんどかったですが、今となってはいい思い出です。本当に参加してよかったと思っています。
駿、イマニー、ようへい、そしてメンターの鈴木さん、宮川先生、ゼミ生の皆などなどいろんな方々に感謝感謝です。
本当にありがとうございました。そんないろんな方々の支えに応えるためにも、何とか最終審査に残りたいものです!

今日は最近の睡眠不足を取り戻すかのように20時間ほど寝たので超元気です。
また明日からも勉強に部活にと全力で取り組んでいきたいと思います。


奥本将史










4 CommentsPosted in Okumoto

穏やかな一日【今西】

10 28, 2011
宮川ゼミのみなさん。こんばんは。
今西です。
10月より実家の大津から通うこととなり、帰りの時間をもてあまさないために日経を買い始めましたが、今日は忘れたので、日記を書くことにします。

前回も書いたとおり、昨日IRCのレポート作成が終わりました。レポート作成中は一分一秒無駄にしたくないという思いから周りのことに目がいきませんでしたが、レポートが終わった今、色々な発見がありました。

一つ目は銀杏祭が間もなく開催されること。まったく気づきませんでした。
去年は片思いのあの子が模擬店をするとの事で、友達に口利きをしてもらって、運営メンバーに入れてもらい、お好み焼きを売ってました。お察しの通り、振られましたが。

二つ目は授業が案外おもしろいこと。
ゼミに入り、
知識も一般程度ついたことで、あ、これ知ってる!という状況がおおくなってきました。
それによって授業の理解度も高まり、先生はこういうことをお調べになってこういうことを我々に教えたいのか。と思うようになりました。特に、毛嫌いしていた経済学を教えてくださった高橋先生の貿易のお話はおもしろかったです。(*毛嫌いしていたのは、高橋先生ではなく経済学)

三つ目は、あんなにも好きだったスロットが退屈なものに感じたこと。
自己紹介にも書いたとおり、学校もいかず、朝から晩までご飯もたべずずっといりびたっていたパチンコ屋に、3限が休講になったので、約4ヶ月ぶりに友達三人といってきましたが、なんであの時あんなにもはまったのかわからなくなるほど退屈でした。しかも、高校の時、ゲームセンターにおいてあり、はまった 押忍!番長のリバイバルだというのに。
これが大人になっていくということなのかなー。(昼間からスーツ着た大人はたくさんいましたが。)

それから学情にもどり、IRCでお世話になった鈴木さん、交流会後、飲みに連れていってくださった忽那先生、交流会で共英製鋼の発表をしたことの報告のために緒方専務のお三方にお手紙を書きました。
そして少し調べ物をして、本を借りて今にいたるというところです。
こうやって書き連ねると意外と濃密な一日だったのかな。

今週末は忽那ゼミ、立命館の樋原ゼミの交流会にお邪魔させていただきます。
彼らは私の思考とまったくかみ合わず、聞いててすごく楽しい。彼らと飲みにいけるくらい仲良くなりたいものです。
そろそろ梅田につきますので、ここまでにしておこうと思います。

PS
今日、授業で次期宮川ゼミ候補生の松野くんと、星野くんをみかけました。
むこうはこちらには気づいてはなかったようですが、真剣に授業をうける様子は一番後ろの席からみていて好感がもてました。さすが宮川先生の目にとまるだけある!先生にばれない所で穏やかな日にふさわしく昼寝をしていた私とは大違いです。二期生が入れば、人数は今の倍。それも精鋭ばかりとのことなので、パフォーマンスは2倍どころか、シナジーにより3倍、4倍となるのではないでしょうか。(シナジーって言いたかっただけです。)
今から楽しみです。二期生の方は私を見かけたら気軽に声をかけてくださいね!よろこびますので。それではまた来週に。

Deal【小坂】

10 27, 2011
どうも、宮川ゼミに2期生が入ってくるのがとても嬉しい、待ち遠しい、ハンドボール部の小坂です。
IRCのレポートを提出しました。大変だった日々がようやく終わったというよりも、そばにいた人が突然いなくなったような感じで胸にポッカリ穴が開いたような心境です。
IRCでは学問的なこと以外にも本当に様々なことを学びました(めんどうなので書きませんが)。

------------------------------------------キリトリ----------------------------------------------------

ここのところゼミが楽しく、毎週水曜日が待ち遠しいです。2期生の皆さん、宮川ゼミってこんな感じです。忙しいとかつらいってイメージが先行しているという説がありますが大間違いです。どんとこいタイプの人にとってここほどいいゼミはないですよ(笑)僕は皆さんと会うのを楽しみにしています。
よろしくお願いします^^

感慨深い【今西】

10 27, 2011
宮川ゼミのみなさん。こんにちは。
今西です。
つい先ほど、この3ヶ月間続けていたIRCのレポートを提出しました。
約3ヵ月間、総作業時間300時間にもわたる大作となりました。
もちろん僕らの頑張りもありますが、それを支えてくださった、先生、メンターの鈴木さん、ゼミ生のみんなのおかげでここまで頑張ってこれました。
私個人としては、この2週間ほどは、くつなゼミとの交流会のための共英製鋼のパワポ作成、ストックリーグ、コア研究、IRCと4つが一気に来ててんてこまいで、チームのみんなに大分迷惑をかけました。しかし、そんな忙しい中でとてもつらい時もありましたが、本当にあきらめず頑張って、先日の発表でも、今回のレポート提出でも、おほめの言葉をいただいて非常に感慨深いです。本当に頑張ってきてよかった。しゅん、まーしー、ようへい、本当にありがとう!!これからも、この快感を得るために頑張ろう!

怱那ゼミとの交流会を振り返って【川野】

10 24, 2011
帰りの電車で寝過ごし隣駅まで行った川野が、ブログをお送りします。

今日は怱那ゼミとの交流会がありました。
まずは宮川ゼミのみんな、特にプレゼンを作ってくれた共英製鋼組、ケーススタディを準備してくれた人、怱那ゼミとのコンタクトをとってくれた人、お疲れ様でした!
みんなのおかげで楽しい時間が共有できたと思います。本当にありがとう!

我らが目標と掲げる怱那ゼミとの交流会ということで、ワクワク感がありつつも、正直最初の45分くらい緊張で胃が痛かったのですが(笑)、議論がどんどん進むうちに皆の意見がかぶさっていくのが楽しくなり、最後のケーススタディーのディスカッションでは時間が過ぎるのが速過ぎる!と思いました。宮川ゼミメンバーとはまた一味違った意見がポンポン出てくるのが非常に面白かったです。

今回は私たち宮川ゼミ1期生にとって、初めての交流会の体験となりました。
色々な刺激や経験など、多くのものを得たと思います。
今日得たものをきちんと自分の中に取り込んで、明日からもゼミ活動を進めていきたいと思います。

川野

オリンパス【今西】

10 22, 2011
久々の投稿になりました。
今西です。

只今、現在参加してますCFA協会が開催されますIRCで分析を進めるフェローテックのグループ訪問で東京に向かっております。現在の進捗は、なかなかなものができている実感があります。最終提出が今月末の10月28日と迫っていますが、このまま突っ走ります。

さて、タイトルにも書いた通り、オリンパスの株価は暴落しています。なんと、5日で47%も下がっています。
この背景には、オリンパスが事業とは全く関係ない企業買収を行い、またそのために投資顧問に多額の報酬を払っていることが明るみにでたこと。また、その事実に疑問を投げかけた社長のマイケルウッドフォード氏が社長解任されたこと。買収にいたっては時価総額20億ドルそこらの会社買収に投資顧問への報酬約7億ドルという、なんともありえないような比率をとっています。僕が問題に思った点は、このような株主に利益を還元できないような企業経に待ったをかける役割であるマイケルウッドフォードが機能しなかったこと、また、その抑止力のマイケルウッドフォードが社長から解任されたことです。
そもそも、こういった問題にならないように雇われたマイケルウッドフォード氏を雇っているのに、会社内の秘密が明るみにでそうになったからその、会社の悪を断つべき存在を解雇とはなんとも矛盾していると思います。
今後、これらの諸問題が明るみに出るのは時間の問です。
オリンパスの動向から目が話せません。

公益事業は安定しているか【藤井】

10 14, 2011
まず2回生のみなさんへ


勉強したかったらここにくるのが良いよ!




今日授業でおもしろい話を聞きました。

TOYOTAと関西電力とで
株価のはボラティリティはどっちが高いと思いますか?

2011年2月から直近までの週次株価データからわかったことは

TOYOTAの標本標準偏差は(たぶん)20くらいでした。
一方
関西電力のそれは80を超えていました。


驚きです!

一般的に公益事業のボラティリティは営利企業より低いとされています。



さてこの理由は何だと思いますか?

答えは僕もよくわからないですが


2 CommentsPosted in shota

『2回生ゼミ選択へのアドバイス「ゼミ選択のコツ」【田邊】』

10 11, 2011
2回生の皆さんこんにちは。田邊了三です。
後期になって、ゼミ選択の冊子をもって授業に出ている人たちを見てると、去年ゼミ選択で迷っていた自分を思い出します。
そんな皆様のために、自分のゼミ選択の体験が参考になればと思って書きます。

私は、前に書き込んでいたシュンとかとは違って、金融系に行きたいとは考えていませんでした。
私は将来、企画関係の仕事をしたいと考えています。そのためにマーケティング関係の授業やプロジェクトゼミなどを履修してきました。前期でもゼミと平行で商学部のオープンキャンパスの実行委員をやっていました。

じゃあ、そんなマーケティングが大好きな私がなぜファイナンスのゼミの宮川ゼミにいるのか。
私がゼミ選択をしたときの大きな理由は3つです。

①ロジカルシンキングを学べるから
⇒ロジカルシンキングとは、あまり聞き覚えはないかも知れませんが、論理的思考のことで、わかりやすくいえば、物事を客観的に構造的に整理して、それから問題を解決したり、人に伝えたりすることをやりやすくする方法のことです。

②マーケティングだけに終わりたくなかったから
⇒マーケティングについて極めるという選択肢もありました。けれどマーケティングに強い学生ならたくさんいるんで勝負にならない。マーケティングをファイナンスという別の角度から捉えることができれば面白いんじゃないか、当時の私はそう漠然と考えていました。

③私を鍛えてくれる場に身をおきたかったから
⇒私は、中学校以来ずっと文化系の人間で、ぬるま湯のような環境で過ごしてきました。どうせなら大学のラストの2年間は厳しい環境に身をおいてみよう、どうせなら一番頑張れそうな所に。それが宮川ゼミでした。

以上が私が選択した主な理由です。

きっと宮川先生の説明会を聞いて、その勢いに負けそうになる人もいると思います。
確かに他のゼミよりは少し忙しいかもしれませんが、文化系肌の私でも頑張れていますし、何よりも成長を実感できる楽しいゼミです。

最後に、私からのアドバイスとしては、
①候補のゼミ説明会には行くこと
②自分が何を学びたいか考えること
③どの雰囲気に入りたいかイメージすること

だと思います。
では、宮川ゼミ2期生に会える日を楽しみにしています。

宮川ゼミ 
田邊 了三
3 CommentsPosted in zoryo

『二回生ゼミ選択へのアドバイス「宮川ゼミ選択の理由」【今西】』

10 11, 2011
こんにちは。
宮川研究室、三回生の今西亮介です。
二回生のみなさんは、今、ゼミ選びで忙しい日々を送ってらっしゃることでしょう。
私も今日、此処でゼミ説明会でお話をさせてもらうことになって、1年前の事を思い出していました。
私は、一回生、二回生のころ、全力を投じて、遊んでまいりました。
遊ぶためには、学校の授業も楽な授業を選択する必要があります。
そのために、今、専門科目をとるのに必死になっているのですが。
遊んでばかりでしたので、ゼミを決める時、どの分野の学問を専攻するのか非常に迷いました。といいますか、何がいいのか、ましてや、何があるのか分かっておりませんでした。
しかし、同時に、これまで遊んできて、大学生活で勉強をしてきませんでしたので、ゼミ活動だけは勉強面で充実させたものにしたいという気持ち、むしろ焦りに近い思いがありました。
色々なゼミ説明会をまわって、宮川先生が1番おもしろそうで、1番たくさんの事を教えてくれて、充実できそうだなという印象をうけて、このゼミに入ることを決意しました。ですので、私は特にファイナンスを学びたくてこのゼミに、入った訳ではありません。当然、ファイナンスの知識もなく、初めは苦労の連続でしたが、ゼミや教科書を通じて知識を蓄積するにつれて、今ではとても興味を持って、勉強しています。
みなさんは、ファイナンスなんて全然わからんし、難しそう、と思っている方もいらっしゃるでしょうが、全く問題ありません。私は、今でもあまりわかりません!笑
けれど、こんなにも奥の深い学問を専攻することで、力は着々とついてきているという自負はあります。
就職のことを考えて、ゼミを選ばれる方もいらっしゃるでしょう。
私は先日、SMBCのインターンシップに参加しましたが、学歴レッテルの強い私でも、まわりの有名大学の方々に負けてるなという印象は全くうけませんでした。むしろ宮川ゼミ生の方が優秀じゃないかとも感じ、宮川ゼミに入って、力ついているなと実感した瞬間でした。

宮川先生は、時間を厭わず、たくさんの事を教えてくれます。
また、周りの意識も高く、切磋琢磨できる環境も整っています。
あとは、自分のやる気次第です。
このゼミで、自分の力を伸ばしたいと思われる方は是非とも宮川ゼミに入ってください。
長くなりましたが、私からの説明を終わらせていただきます。

『2回生ゼミ選択へのアドバイス「私のゼミ選択」』【鈴木】

10 11, 2011
2回生のみなさん、こんにちは。鈴木駿一です。最近サークルやバイトの後輩によくゼミについて質問されます。私も去年の今頃はどのゼミに入ろうかなんて考えていました。私の場合は金融系に行きたいと決めていたため、研究内容をチェックし、予めいくつかのゼミをピックアップしておきました。そして説明会に行き、宮川先生のオーラに圧倒され、宮川研究室の門を叩きました。
結局決め手となったのは説明会で先生とお会いしたことです。なのでできるだけ多くの説明会に足を運ぶことをお勧めします。この時期は色んな情報が錯綜しますが、自分が肌で感じて決めれば後悔しないと思います。



以下のことが当てはまる人は宮川ゼミをお勧めします。
・ファイナンスを勉強したい。
・ロジカルシンキングを学びたい。
・ガチなゼミにしたい。
・企業訪問したい。
・たくさんの大人と話したい。
・コンテストで力を試したい。
・いつでも相談できる先生がほしい。
・社会人マナーを身につけたい。
・エネゴリくんもそろそろ飽きてきたので、違うゴリラが見てみたい。


研究室でお会いしましょう。
鈴木駿一




0 CommentsPosted in shun

身体が資本【林】

10 05, 2011
久しぶりの投稿になってしまいました。

昨日(正確にはおととい)から学校が始まり、
さあ気合入れていくぞー!!!!
と思った矢先に風邪をひいてしまい
出鼻をくじかれています。
季節の変わり目、
皆さんもお気をつけください。

いろいろと書こうと思っていたのですが
本格的に咳が出てきて
しんどくなってきたので
寝ます。

明日のゼミは這ってでも行きますが
ゴホゴホ言ってたら
ごめんなさい。

何をするにも身体が資本!!
自己管理の大切さを
ひしひしと感じながら
おやすみなさい。

会話【兼井】

10 04, 2011
こんばんは。兼井です。
いよいよ後期授業が始まりました。
1限がある日は6時半に家を出る
そんな生活を思うと早起きが苦手な私には
とても気が重いです。
それと同時に、就活も始まるんですね…

今日は私がふと思ったことを書きます。
最近個人的に何度か社会人の方とお話しすることがありました。
特にしなければならない会話ではありません。
なんて書けばいいかわかりませんが、
社会人の方自身の話、私の聞きたいことなどなど
好きなように会話をしていただけです。

私はもともと、特に初対面の人に積極的に話をふったり
質問したりすることが苦手なのですが
あの時は会話をしていました。
”今までの私なら同じように出来てたのかな”
ふと思っていました。

そして強く感じたことがあります。
宮川先生がいつか仰っていましたが、
「話さないやつの所に情報はこない」
この言葉がすごく理解できました。
1 CommentsPosted in nao

秋の初風【小坂】

10 04, 2011
こんにちは、90年代の邦楽は至高、ハンドボール部の小坂です。

後期はじまりましたね。肩の力抜いていきましょう(笑)



メールについて【鈴木】

10 03, 2011
鈴木です。連続で投稿です。
私は幸運にもIRCや神戸大学との交流会で社会人の方や他大学の学生の方とメールさせていただいてる機会が多いです。その様な場合、友達とメールするのとは違いきちんとしたメールを送らなければなりません。私は宮川先生からご指摘いただいたにもかかわらず、同じミスを繰り返してしまっています。どうしたらミスをしないかを考え、「送信前チェック事項」というものをつくり壁に貼ることに至りました。全部で10項目あります。

①宛先は間違っていないか。
 →間違っていたら届かない。
②CCに知らせたい人のアドレスを入れたか。
 →情報は共有する。
③BCCにする必要はあるか。
 →相手に知られたくない場合はBCCにする。
④件名は書いたか。
 →件名がなければ見てくれない。
⑤件名の後に、大学名&名前をつけたか。
 →誰からのメールかすぐにわかる。 ex【大阪市大:鈴木】
⑥ファイルは添付したか。
 →ファイルが間違っていないかも確認する。
⑦本文の最初に宛名と差出人名を入れたか。
 →ex ○○○○様 大阪市立大学の鈴木駿一です。
⑧本文はきちんと書けているか。
 →わかりやすい文章か。誤字脱字はないか。
⑨署名は挿入したか。
⑩(返信の場合)前のメールを引用しているか。
 →時系列で確認出来て便利。


普段友達とメールする際、気にするのは①ぐらいでしょうか。
こうやってまとめてみると注意しなければならない点が多くあることに気づきました。ぱっと見では「当たり前じゃん」と思えるようなことかもしれませんが、意外に忘れます。

こういったメール術を学生の間に教えていただき非常に助かりました。(社会人は常識ですよね)
よかったらゼミ生のみなさんも参考に!!

鈴木










5 CommentsPosted in shun

今日から新学期!!【鈴木】

10 03, 2011
どーも!鈴木駿一です。最近部屋をきれいにすることを心がけています。私は決してきれい好きとかではないし、几帳面な性格ではないんですが、こういうのを心がけないとこれからやっていけないような気がするんですよね。部屋中にIRCの参考書やコア研究の資料がちらばってしまっています。欲しい資料を見つけるため部屋をあさり、また部屋が汚くなるという悪循環。まして就職活動が始まれば、おそらく部屋はさらに資料の山になると思います。仕事ができる人は机がきれいとかっていいますよね。宮川先生を見習って、徐々に変えていかなければならないと思っています。目標は宮川研究室ぐらいきれいにしたいですが、あの壁一面の本棚はずるいです。私の家の本棚はその100分の1くらいなので。(誇張しました。)

さて、夏休みの報告を項目別にしたいと思います。
・IRC
企業価値評価実践編と1日中にらめっこして爆発しそうになった日もありましたが、今のところ順調かと。あと1ヶ月ほどなので、最後詰めて絶対良いレポートに仕上げたいなと思っています。一つ気がかりなのが毎日のように私の家に集まった日があったので、近所から何かしらの疑惑が出ているかもしれないことです。
・日経ストックリーグ
やっとテーマが確定できるかなという感じです。またゼミで発表しますので、たくさん批評していただきたいと考えております。
・コア研究
テーマが決まり、データも取れ、後はどんな結果が出るか楽しみといったところです。

という感じです。また学校でお会いしましょう。

鈴木
2 CommentsPosted in shun
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ