FC2ブログ

杉山の夏休み【杉山】

09 30, 2014
皆さん、こんばんは!
サークルの同回生での沖縄旅行から帰ってきてから、抜け殻状態です、杉山です。

僕の夏休みも遊びとインターンで充実しつつ、楽しく過ごしました。

最近、“時間”について考えさせられることが多くなってきました。美容師さんから「友達たちとなんとか予定を合わせてBBQに行ってきた」という話、インターン先の働いていらっしゃる方から「去年の1週間の休み(取る時期は人それぞれらしいです)は旅行に行ってきた」という話。この話を聞いていたからでしょうか、沖縄旅行から帰るときに「次に同回生で旅行いけるのは卒業旅行かな?」という言葉を聞いてとてもさみしくなってしまいました

社会人になればサークルの仲間とワイワイできなくなると思うと、本当にさみしいものがあります。もちろん、その時(年齢など)によって、一番楽しい時間というものは、変化していくと思います(大人になれば子どもと過ごす時間がそうなったりするのでしょう)。それも楽しみではあるのですが、今がずっと続いてほしいと思ってしまいます。

少し着地点が見えてきませんが…とにかく、たとえ少なくても時間は残っているわけです!皆さん、学生のうちに、みんなで集まることのできるうちに、思いっきり遊びましょう(^○^)

少しセンチメンタルな杉山でした!後期が始まればしっかりと切り替えます!夏休みは全くゼミに参加できなかったので、頑張ります!ゼミで頑張ることのできる時間も有限ですもんね!
スポンサーサイト

市大はハワイ!【田中】

09 30, 2014
夏休みが今日で終わってしまいますね!
4回生にとっては、学生生活最後の夏休みでした。

私はというと、サークルを引退した今年はいつもと違った楽しみ方ができた気がします。
夏休み一番の思い出はハワイ旅行です!行く先々の景色が素敵でした。
また、時間がゆっくり流れていて、ここに住みたいと思ったほどです。芸能人がよく休暇で毎年行くのも納得です。

そこで大発見がありました!
カメハメハ大王の建物と市大の1号館がとても似ていたのです!
ヤシの木と合わさった感じがとても似ています。
画像載せておきますのでコメント待っています!笑

kame.jpg


そして夏休み最終日の今日は、学校で友達と朝からテニスをしました!
テニス経験がゼロの私でしたが、久々に運動をしてとても清々しく楽しかったです。
スポーツの秋ですね!!

その後、一人で1号館のベンチでのんびり座っていました。カメハメハ大王の事もあって、なんだかハワイを思い出しましたね(^^)
市大にハワイを感じられる場所があっただなんて!!(^0^)笑

10月から授業やゼミが再開し、皆さんやる気満々だと思いますが、少し疲れてしまった時はぜひ1号館でハワイを感じてください♪笑

ぼくの夏休み【渡辺】

09 29, 2014
こんばんは、渡辺です。
今日で無限に続くとも思われた夏休み最後の試合が終わりました。
というわけで僕の夏休みはここから始まります(笑)

夏休み中はみんながテンションを高くしてするインターンの話を聞いて、自分もかなり興味がわいてきました。
みんなのブログを見ているとインターンによっていろいろな変化が現れているようで羨ましいです。

さて、夏休みを振り返ってみると、部活、財務分析、バイト、食べる、寝るくらいの単純行動しかしていない気もしますが、とても充実した夏休みを過ごせたと自負しています。
これほど企業の財務諸表や有報とにらめっこして数字から意味を見出す作業というのは初めてで、とても専門的で実践的な能力を培っているようでワクワ…WACCWACCしてやっていました!

単純に数字をおっていくのではなく、企業の有報やアニュアルレポートなどを見比べてみると、企業の現状や計画、将来の構想、マーケティングの手法などが見て取れ、それを勘案した「生きた数字」を見ていく、という感覚でしょうか。
自分が日本ハムの財務担当役員だったらどう当社の魅力を論理的に納得させられるようもっていけるのか、難しいところです。
同じ数値でもいろいろな条件で解釈が変わってくるのが財務分析の難しさでもあり、おもしろさ、力が試される部分ではないかと思うのですが、みんなはどう感じたでしょうか…

やっているうちにいろんな数値が使えるんじゃないかとなり欲しくなり、学情のFQに足を運んだのは僕だけではないですよね。
ついつい時間を忘れて指標を出したりグラフを作っているうちに朝方になり、翌日の部活で地獄を見るということも今ではいい思い出です。
そういえば前にもグラフについて書いたかもしれませんが、グラフを見るのも楽しいですが、作るのも何故かとても楽しかったですね。
データを視覚化させると見やすくて新しい発見もできるようになると思います。
やっぱりグラフは面白いです。今回も何か意味のあるグラフを作り出したいですね。

夏休み中はゼミのイベント等にはなかなか参加できずで申し訳なく、寂しくもありましたが、後期はもっと参加していきたいと思います!
論文の作成もしんどそうではありますが、この調子なら楽しんでできることでしょう。多分(笑)
みんなのインターンの話を聞いて働くことについてわからないことが出てきたので、また相談にのっていただけると嬉しく思います。
というわけで夏休みが終わっても、後期のゼミも充実したものになりそうです。


夏休みのことを書きなぐりましたが何が言いたいかというと、にっしゃんのブログ長すぎ、ということでした。

後期も全力投球していきましょう!!
1 CommentsPosted in じら

俺の夏休み 【松本】

09 24, 2014
おはようございます。
先生がオススメされていた「企業戦略論」を探し求めて、いくつかの書店を回りましたが
結局見当たらず、大人しくネットで注文したウドです。

僕の夏休みは、主にインターンシップと企業分析でした。
あっもちろん遊びにも行ってますよ。

ここでは、インターンシップについて書こうと思います。

インターンシップは3社行かせてもらいました。
毎朝スーツで、同じ電車に乗り、同じ降り場を出て出社し、家に帰ると洗濯物を干して寝る。
3日目くらいから、もう就職したっけ、という感覚になりました。笑

インターンシップでは、グループワークが中心だったのですが、
限られた時間、少しでもいいものにしようと考え、3社ともグループのリーダーになりました。

そこで感じたことは2つあります。

ひとつは、チームの強さです。
グループの全員が、目標を共有して、自分の強みを活かせた時に、個人ではできないような成果が出ると感じました。
議論をまとめられる人や発表の上手い人、パワポを上手に作る人、絵の上手い人など色んな人がいます。
決して議論の中心にいる人が偉いわけではなく、それぞれに得意分野があるのです。
個々人の強みを最大限引き出し、チームの成果を最大化するのがリーダーではないかと考えます。
とはいえ、それを実際にするには難しいですが。

ふたつ目は、自分の成長です。
インターン中、「論理的やな」「発表上手いな」と結構言われました。
もちろん、社交辞令だと思いますが、一年前の自分なら絶対に言われないであろう言葉です。
実際、議論の流れを常につかみ、聞き手の立場に立って、自分の考えを筋道立てて話せたと思います。
今回そのようにできたのも
宮川ゼミに入り、先生から科学的思考を学び、何度も発表を経験したからです。
これからのゼミでも、自分の考えを相手に伝えることを意識して取り組みます。

もっともっと成長したいと強く思えた夏休みでした。
1 CommentsPosted in ウド

俺たちの秋が始まる!【西】

09 22, 2014
どうも4期生の西です。

先週、水曜に企業分析の進捗報告と木曜には先生と一部のゼミ生で飲みに行きました。
さあ今回どんなことがあったのか、わたくし西の視点で振り返ってみたいと思います。

って今日もう月曜日ですね...
普段、暇人なはずの僕がなぜか週末にかけて忙しかったんです(言い訳)。
まあ僕の諸事情なんて興味ないと思うので早速本題に入りたいと思います。


●割引率出すのに悪戦苦闘
水曜日のゼミが始まる前に現段階で出来ているところを整理しようと小林チームのほそみ、づめちゃんとで集まってデータを見せ合っていました。そこで、割引率ってどの期間を見て数値を出すかで議論になりました。金利は何年分見たら良いのかとか、いざ算出してもまさかの割引率0.03%とかになって企業価値がえげつないことになってしまう、と途方にくれていました。後でゼミの時に先生に聞いたらリスクプレミアムは6%でと教わったので、ここからの定量分析をサクサクすすめたいと思います。


●どういう視点に興味がある?
現在4期生は企業分析を行っており、そこから自分なりに「なぜこの企業は業績が良いのか」を自分なりの考えを見つけ、それ基づく根拠を調べ相手を説得させる。それをCORE論文として提出します。
例えば、我々の班は小林製薬を分析していますが、オーナー企業であったり、自己資本比率であったり、特徴のある部分を見つけ何かしらの法則があると仮説を立てて仮説を証明していきます。
この企業にはどういう法則性があるのか、ひらめくのは簡単かもしれませんが、それを根拠づけて説得するのはなかなか難しいなと感じました。でもある意味自分がこうだと思ったことを信念を持ち続け絶対に説得できるように努力するのは青春ですね。ちなみにここで僕の夏休み気分は終了しました。


●俺たちは小林製薬の財務担当者だ!
そのような気持ちで分析するんだと言われました。「この企業は将来的に成長しますよ、なぜかというとこの点で競合相手に圧倒的な優位に立っています。この強みを活かして今後もこの企業は更に成長します。なのに株価は企業価値よりも低いです。さあ投資家の皆さん小林製薬に投資しましょう。」と言った感じで投資家に小林製薬への投資を促せる程の発表を今後作っていきます。まさに小林製薬の財務担当者ですね。そのためにも小林製薬がどのような戦略をとっているのかももっと知っていかなければなりません。その際に先生が薦めてくれた「企業戦略論」の本をこれからは読み込んでいきます。


続いて日が変わって木曜日の出来事です。


●細見君、ワインを売る
4期生の細見君が阪急百貨店のインターンに行った話で盛り上がりました。そこで、ワインをお客さんに売る仕事を体験したそうです。その話を聞いてやはり百貨店はお客さんにただお酒を買ってもらうのではなく、お客さんに最適なモノは何かと考えてお客さんに売るという付加価値があるのだなと改めて実感しました。やっぱり百貨店はお客さんのことを想い真心を込めて商売をしている、そんな仕事も面白いなと思いました。ただ、コンビニやスーパーで片手間にお酒を買うのとは訳が違います。色んな働き方があるなと細見君の話を聞いてて感じました。(詳しくは細見君の書いてくれたブログを見てください)


●やりがいを求めるな、自分でみつけるものだ!
「最近の学生はやりがいを求めすぎだ」と先生がおっしゃいました。僕もインターンの説明会とかに行った時に色んな学生が「やりがいはなんですか?」と聞いている人が多いなと感じました。確かによくよく考えてみればやりがいは自分でみつけるものだと僕もその話を聞いて思いました。この仕事はとてもしんどいけど、その人にとってはとてもやりがいを感じる仕事である。だったらその仕事がその人にとっての幸福となっているはずであり、その人がやりがいを感じているから、自分にとってもやりがいとなるという考え方はおかしいですね。
また、先生が証券マンだった頃の話も教えてくれました。「学問上で言えば経営者はコーポレート・ファイナンスを知らなければならないが、実際問題経営者はその企業の中で努力し経営者までのぼりつめた。そんな経営者がコーポレート・ファイナンスの知識を専門的に扱う機関投資家を相手にしなければならない。それでは経営者と投資家の間でギャップが生じる、そのギャップを埋めてこの企業がどれだけ良い企業かを伝えるのが証券マンとしての役割であり、そこに自分にとってのやりがいがあった」と熱く語ってくれました。誰にでも出来るようなことじゃない、しんどいというのは当たり前である、でもそこにやりがいがあるからしんどくても楽しくできるのだなと、今後僕もどんな仕事をするのかなという期待が大きくなりました。


●オレ大阪に残りたいです
続いて、僕の話なのですが、僕は地元に残って働きたいという気持ちが最近強くなってきたという話で盛り上がりました。
先生と話して「何か大阪のために自分が役立つ仕事」この言葉がとても自分の中で響きました。その仕事とはどういう仕事なのか、また就職活動をしていく中で常に考え、どういう形でこの企業のこの仕事をすれば大阪のために自分が役に立てるのかを探していきたいと思います。そういう軸を持って説明会とか行くシーズンになれば、きっと楽しいリクルートライフになる気がします。また先生相談に乗ってください。




総じて、とても有意義な2日間でした。
水曜日はこれからの企業分析とCORE論文もっと頑張らねばと熱が入りました。
木曜日は働くとは何か色々と考えることができました。またゼミ中にも働くということをテーマに議論したいなと思いました。
ぜひともやりましょう!

後期からのゼミWACCWACCしてきたなー!!!

働く 【細見】

09 19, 2014
おはようございます。
夏も終わり秋に近づいていますね。
お体は大丈夫ですか。
咳がなかなか止まらない細見です。

この夏休み百貨店にインターンシップに行ってきたのですがその中で思ったことを
先生に相談しに伺いました。
思ったことというのは就職は企業で選ぶけれども
その中で出来る仕事は選べない。
様々な仕事が企業にはある中で
自分の考える仕事ができるのは難しいのではないかということです。

先生とお話する中で自分の考えは小さかったと感じました。
企業の目的の中で一部の仕事に注目して
それがやりたいと考えているだけだったんだなと思いました。
なぜその仕事があるのかということを忘れて
楽しそうということだけで考えていたように感じました。
なぜということを考え仕事を捉え直してみると、
百貨店で働くとは、来るだけで楽しい空間・その中で買い物が出来る空間を提供出来る仕事です。
またそんな場所が職場だと考えるとこれまで以上に百貨店で働きたくなりました。

先生とお話する中で『なぜ』ということを自分の中で考えることの大切さを感じました。
『なぜ』その仕事がしたいのか、『なぜ』その仕事をするのか、
『なぜ』『なぜ』と考えていくことで理解が進み、新たな発見が出来るのです。

『なぜ』って考えず、勝手に自分で思い込んでしまう方が楽だと思います。
でも、この部分を怠けてしまったら正しく理解できていないかもしれないですし、
見落としている部分がたくさんあるかも知れないので、
絶対に怠けてはいけない部分だと感じました。

私の楽しみ【奥】

09 08, 2014
お久しぶりです。ブログを書くのが久しぶりになってしまい、すみません(>_<)

夏休みもあと3週間とちょっとになりましたが、みなさんどのように過ごされているのでしょうか(^_^)
私は、これまでのように部活がないので、友達と遊びに行ったり、卒論のデータを集めたり、と、今までにない夏休みを過ごしています。部活のない夏休みは、なんと小学生ぶりになります。
小学校5年生からは塾に通っていたので、ここまでのんびりした夏休みは小4ぶり、つまり12年ぶりです!!
今年が人生最後の夏休み、ということで、思う存分好きなように過ごしてやろうと思っていましたが、目標は達成できそうです!笑



さて、我が家は現在大忙しです。
というのも、来週に地元岸和田のだんじり祭りがあるからです!!
今年は親戚が大勢来るので、現在は家の大掃除に追われています。
家の勝手はあまりわかっていないので、私や妹は主に家事のお手伝いなどをしています。

昨日は試験曳きといって、祭りの予行演習のようなものがあったのですが、それに参加して走ってきました。
1年ぶりのだんじり、とても楽しかったです!
本番まであと少しなので、今は心が躍って仕方ないです。笑
本番までに体力をつけつつ、家の用事と卒論のデータ集めも頑張りながら過ごしたいと思っています(^O^)/

だんじりに興味がある方は、ぜひ見に来てください♪
13日、14日は岸和田はお祭り一色です!


祭りが楽しみで仕方がないおくみほでした!

2 CommentsPosted in みほ

前期を終えて【渡辺】

09 02, 2014
こんにちは、みなさん夏休みはいかがお過ごしでしょうか!
僕は現役最後のリーグに向けてハッスルしています!

いま4期生はというと、企業分析に勤しんでいるところです。

僕たちは前期にファイナンスの基礎の基礎の部分を学び、それを応用しての企業分析です。

前期にファイナンスを学び、合宿や企業分析をやってみるにつれて、自分たちはなかなかすごいことを勉強しているのではないかと感じるようになっています。

学んだことを使って、企業の出した財務諸表や有価証券報告書を読み解くことができ、そして各指標や企業価値や企業の今後の展望なども予測、示唆することができる。

まだそのすばらしさの全貌に気づいているとは思いませんが、段々とファイナンスの重要性というものを実感してきています。
財務諸表の数値をいろいろ組み合わせたりして企業の現状を把握しようとする過程が、個人的にとても面白いです!

マーケティングなどいろいろな学問がありますが、やはり根底に広く横たわっているのはファイナンスの分野の考え方ではないのかな、と。
先生の受け売りではないですが(笑)

いま日ハムチームは攻めあぐねていますが、九月からはもっともっと頑張っていきます!
頑張りましょう!
2 CommentsPosted in じら
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ