FC2ブログ

ランチョン【杉山】

10 31, 2014
今日は小林チームで先生とお昼ご飯をご一緒してきました!
昨日買いたてほやほやの四季報を見てきて、この株主(企業や財団、共栄会など含む)を今回のファミリー企業の定義から見たときにどのように分類したらよいのか、またどのような組織なのかなどなど、判断できなかったことや知らなかったことを解消することができました。自社(自己株口)という項目があり、それは金庫株であって財務諸表に記名されていないので今回の分類としては含めてはいけないのですが、チームとしては含めて作ってしまっていたので危なかったです(笑)にっしゃんも書いていましたが、四季報は楽しいですね!どのような事業をしているか一目で分かる【特色】の欄など、色々な情報があるのでひとつひとつ見ていくのが作業にならず楽しいです!

3限がある人たちと分かれた後は、企業分析のレポートに載せるPER・PBR・EV/EBITDA倍率について教えていただきました。指標の意味を考えるときに数式の分子・分母のそれぞれの意味や動きを考えることは本当に重要ですね。また、推移を見たときにどこが変わったのかを考えるのは楽しみでもあります。それぞれの指標について理解し、また、EV/EBITDA倍率はPER・PBRとキャッシュに注目しているという点で違うのだと分かったので、違う観点をもってレポートの文章を作成できそうです!
他の話題では自分にとって働くとは?を考えることもできました。なんで?と聞かれると答えに詰まってしまうことばかりで、まったく理由を突き詰めることができていなかったです。自分が感じるそれ特有の良さや理由をつきつめることこそが自己分析でもあるので、些細なことからでももっと頭を使い考えていかなければ。

これからもっともっと考えて疑問を持ち、話したい!と思う時間でした。
スポンサーサイト

交渉術【蔵下】

10 30, 2014
今日は後期第3回目のゼミでした!
後期になってから日経レポートの後に先生が様々なことを教えてくださる時間があるのですが、今日のテーマは「交渉」でした。
普段生活していると家庭や学校、バイト先、出かけた先等様々な場所で交渉をしなければならない時がありますよね。
そんな時に活用することが出来る宮川先生流の交渉術5箇条をレクチャーして頂きました。

5箇条のなかでも特になるほど、意識しなくてはならないと感じたものが
1.交渉の相手がライトパーソンであることを確認する
2.最初に相手の言い分をすべて吐き出させる
の2つです。

交渉する時ってどうしても自分の言い分を通したいという思いが先行してしまい、本当に交渉すべき相手であるかを冷静に判断できないことって案外多いと思います。
実際、今思い返すと私もライトパーソンかどうかを判断する前に交渉を続けていってしまったこともあります。
ライトパーソンであるかどうかは交渉の結果にも直接つながることであり、この観点にまずは気を付けることが大変重要だと感じました。

そして、先ほども述べたように、交渉時にはどうしても自分の言い分を伝えたいという思いが強くなり、冷静に判断できないままに自分の言い分ばかりを羅列してしまうこともよくあると思います。
しかし、自分が言い分を述べているときに相手が話も聞かずに相手の言い分を押し付けてきたりされると大変気分もよくないですし、自分だって負けじと主張してやろうという気持ちになってしまい、落としどころが見つからなくなってしまいます。
そう考えると、交渉をスムーズに進めていくためにも、まずは相手の言い分をすべて吐き出させることは非常に大切であると感じました。

交渉する際に、冷静に相手のことも思いながらこの5箇条を実践することが出来れば、よりよい第三の選択肢が見つかるような気がしました。
きっと癖がつくまではどうしても今までの交渉の仕方になってしまうと思うので、まずはしっかりと意識をして言葉や行動を選択していきたいと思います。


さて、話はころっと変わりますが、今週末は学祭ですね。
思い返すと去年の学祭の時はCOREの話し合いのために学情に来ていて、息抜きに3期生と宮川先生で2期生の方々の模擬店に行きました。
懐かしいですね~!
今年は私も4回生ながらもボランティアサークルの一員としてシュウマイ(餃子だったかな…?笑)を揚げているので、よかったら4期生もCOREの息抜きに来てください(^^)/笑
両チーム共にとても面白そうなテーマなので、また進捗報告を聞くのが楽しみです!

西くんは四季報を手に入れた【西】

10 29, 2014
こんばんわ
4期生の西です。

今日はゼミでした。

まず、日経レポートで「自社株買いでROEを高める」ということについて議論したのですが、やはりこれから本業の方で力を入れるためにも財務レバレッジを効かせるという考えは納得できませんね。そうではなく、もともと本業の方で高い財務指標が出ててそれがシグナリングになってるはずだと思います。やっぱり、自社株買いの効用は一時的なものじゃないのかなって思います。

次に小林チームの報告を行いましたが今回はCOREのテーマが着想したので、その報告をしました。
サンプルの抽出方法や検証方法など、回帰分析がどうとか、1と0がどうとか良く分からない単語が出てきましたね。もっと勉強しないといけませんね...
また統計のレクチャーお願いします。

そしてゼミ終わりに、即シェリーに向かって四季報を買いました!
IMG_1150.png

今までこんな分厚い本は寝るときの枕になるのがオチでしたね(高校時代に使ってた聖書や英語の紙辞書)
なのに基本書といい四季報といいきちんと分厚い本を読み込むなんて大人になったなとしみじみ思います。

しかし、家に帰って四季報を見て分類していくと問題発生連発でした。株主構成予想以上に複雑すぎです(笑)
また明日、話し合わないといけませんね...

にしても四季報は面白いですね!
どんな事業をしているのか、どんな経営状況なのか、この卸売会社の系統なのかと新発見がいっぱいです。

最後に余談ですが、今日調べてて面白かったのは、「寿スピリット」という製菓会社の大株主構成を見ようと思ったのですが、「寿」という字がどうしても「痔」という字に見えて仕方ありませんでした。「ほう、お尻に魂を込めてるのか」って心の中で考えてしまって笑いが止まりませんでした。こんな、しょうもないこと考えながらも1社1社調べてます。
でも自分たちが疑問に思う事は忘れることなく今後も検証を進めていきたいと思います。

目覚めの一発!【渡辺】

10 29, 2014
今日の最低気温は九度ということで、そろそろ体調管理が必要な時期になってきました。
そして若干風邪気味な渡辺です。

今日のゼミでは、日ハムチームはひねり出したコアの案を並べて、いろいろなアドバイスをもらった結果、なんとかテーマの方向性がきまりました!
テーマは転換社債についてで、特にウドは転換社債を推していたので、これに決まって喜んでいるのではないでしょうか(笑)
でも転換社債って面白いタイプの債権で、調べているだけで面白いです。
まずはしっかりと転換社債のことや先行研究についての勉強をしなければ。
それにしても、いったい誰がこんな債権を思いついたんでしょうねー。

それからさっそくサンプルの調査に向かったのですが、これがなかなか骨が折れそうです。
考えてみると三商まで約一ヶ月と、短くて驚いてしまいますが、なんとか形にしていきたい!
という気合で頑張っていきます。

苦心していたテーマの方向性も決定したので、みんなのモチベーションも上がってきましたね。
チームのみんなの、特に八木ちゃんも目覚めもよくなることでしょう。
4 CommentsPosted in じら

八木を倒す【渡辺】

10 27, 2014
最近グラフをめっちゃ作っています。
エクセルを開くと画面いっぱいにグラフが広がるのは圧巻です。
もう呼吸をするかのようにグラフを作っています。
グラフ作るの楽しいです、エクセルは友達です(笑)

日ハムチームはというと、レポートの方は進んできているのですが、なかなかコアへつながるテーマが見つかりません。
やっていて楽しいかつ知的貢献のあるテーマが思いつければ…と思っているのですが、なかなかそんなうまくはいきません。
企業分析は独自の切り口で出来ていると思うので、面白くやれているんですけど。

最近は、主に八木ちゃんに自分のアイディアが出るたびにラーコモのホワイトボードを使ってプレゼンしているのですが、ことごとくダメ出しされるか却下されます。
八木ちゃんの審査を突破するのは厳しいです…

やっぱり新しいアイディアというか切り口を見つけるときっていうのは、資料やデータを見たり、グラフをいじっている時だと思うので、ガッツリと有報を見たり、エクセルのデータやグラフを眺めてみたりと、いろいろやっています(笑)
この前は八木ちゃんに熱くプレゼンしたことから、二人で意見を交わして、頭をフラフラさせながら議論したこともありました。なかなか有意義な時間でした。アイディアは出ませんでしたけど(笑)

考えているうちに思考がドライブしないかなーと期待を込めて、明日も何かしらのグラフを作っていることでしょう。
妥協することなく、自分たちにぴったりのテーマを考えていきたいと思います。
待ってろよ、八木!!
3 CommentsPosted in じら

何もかも忘れて見知らぬ地を放浪したい【西】

10 24, 2014
こんばんわ!
4期生の西です。

小林製薬のアナリストレポートはカタチになってきました。
でもまだまだ「あったらいいな」というカタチにならないですね...
最近現実逃避したい気分にもなります。
「自分たちの伝えたいことを好きなように作ったら良い」
これ、なかなか難しいです本当に...

水曜日にCOREのテーマ構想で(まだまだ本当に始動段階なんですけどね)ファミリー企業について研究したいとゼミで伝えました。その後もどう進めたら良いか研究室に小林チーム全員で相談して先生に助言を頂きようやく方向性が見えました。

今週1番嬉しかった一言は先生の「いいじゃんファミリー企業」です。
やっぱ褒められたら嬉しいですね。

こうしてうまくいかないなって時も先生が言うように何か明日は良いことあるだろうって思うようにしてます。

余談ですが最近、季節のせいかもしれませんが深夜こうして一人でパソコンとにらめっこしていると何だか寂しくなりますね...
そう思いませんか?(笑)

これから!これから!

10 21, 2014
こんにちは、3期生神崎です。

やっと卒論のテーマが決まりました!!
思えば、夏前に「自分は何をかけばいいのか・・・。」と悩み
そして悩むことも忘れ、気づけば夏休みが終わっていました。
そして、10月も半ばを過ぎ、やっとこさでした。泣
ここまで何もしていないけれど、とても長い道のりだった気もします。

しかし、ここからはテーマも参考文献も決まったので
文献を読んで、論文の執筆に集中していきたいと思います!
あと半年をきった学生生活をもっと良いものにするためにも
「卒論、3期生のみんなとがんばっていこう!」
と思いました。

少し自己満足なブログになってしまいましたが
今日はこの辺で。

どんなハナシになることやら【MiyaG】

10 20, 2014
URLを添付しておきます。
http://www.nikkei-events.jp/jpxnikkei400/osaka.html

光陰矢の如しとはまさにこのこと【渡辺】

10 17, 2014
今日、久しぶりに先生の授業を受けました。
約一年前、ゼミ選びに迷っていた時期のことを思い出します。

当時の自分はコーポレート・ファイナンスにはさほど興味はなく、ずっと他のゼミの中で迷っていました。
そんな時、シラバスが面白そう、と感じてとった授業で宮川先生と出会い、この先生と勉強できたら面白そう、と思ったのです。
あのときはまさか自分がこのゼミに入るとは夢にも思っていませんでしたね。
人生、何が起こるかわかりません(笑)

そしてあれから一年をゼミで過ごし、久しぶりに授業を聞いてみると、今日のイントロダクションも学生のことを考えて話しているのが伝わってきて、一年前とはまた違った感じに聞こえました。
そしてあれから一年が経ってしまったことにも驚きです。

こんな感じですぐ卒業かと考えたら寂しくなりましたが、働いてみたいという気持ちもあるので、ワクワクもします。
とりあえず、今は目の前のことに全力を尽くすことですね!
頑張ります!
3 CommentsPosted in じら

海外で生活するって格好よくないですか?【やぎ】

10 16, 2014
後期に入っていろいろと考えることがあったので久しぶりの更新です。

僕は今大学3回生なので、そろそろ就職活動に向けて本腰を入れていかなくてはなりません。しかし先行きが見えず不安だったので、先生とお話をしました。今回はそんな将来の進路に悩む一学生の話です。




僕は将来、海外で生活したいとずっと前から思っていました。ただただそんなイメージとか理想のレベルで、具体的に海外に行って何がしたいの?と聞かれると正直何も言えません。強いていうなら海外で生活して他人に評価されたいという思いがありました。けれども先生とお話してその"評価されたい"という理由そのものが間違っていると気付かされ、そうではなく"自分が純粋に何をしたい"かをもっともっと深く、自分に正直になるべきだと知りました。
そうやって考えを突き詰めていくと僕の純粋な思いは"海外で生活している未来の自分って格好いいな"です。その思いを大切にして、そこからその夢を実現させるためには次にどうするのかは後で考えればいいと先生に言われ、まずはしっかりと自分を見つめ直して行こうと思います。

こんなことばっかり最近考えているのですが、大学を卒業して社会で自分のしたいことをでき、いつまでも自分の志を持ち続ける人は改めて人並み以上の努力した人だなと感じました。

後期ゼミ始動しました【西】

10 16, 2014
こんばんワッ!
4期生の西です。

今日は待ちに待ったゼミが始動しました。
先生のチームで仕事をするという話は自分の中でも考えさせられましたね。
役割分担をしてその仕事を待つだけではダメで自分が率先して前のめりしていくということ。自分で振り返ってみて役割分担したり、その役割は自分の担当だからきっちりやっておこうと考えていた自分がいました。この話を聞いてなるほどなって思い意識を変えていこうと思います。

企業分析の発表ですが、反省が多いものとなってしまいましたね。自分たちが頑張って作ったものも相手に伝える方法が良くなければそういう評価となってしまうのだなと感じました。
先生にも後で言われたのですが、発表の仕方を工夫すれば良かったのにと。
確かに今回小林チームはレポートは注力して形にしていたのでそれをもとにここが気になる、ここを先生や先輩たちにフィードバックをもらう形にすれば良かったですね。そうすれば時間も有効に使えてたと思います。

ゼミ終わりには先生と八木ちゃんとよそみんとで鳥秀に飲みに行きました。
八木ちゃんの将来の話から先生が外資で勤めていた時の話になりました。海外の人とは言葉の壁以上にやはり価値観の違いもあるのだなと思いました。報酬の付与の仕方で先生がチームのみんなに色々と成果や生活のことなどを考えて、報酬を分けていたら先生の報酬分が少なくなってしまったけどこれできちんと平等に分配したことを報告したとのことでした。僕とかなら真っ先に思うのは先生はなんて情に熱くていい人なんだと考えるのですが、外資の時の上司は仕事ができるから雇ったのに先生が1番仕事をしてないじゃないかという判断をされたとのことです。
ここまで成果で判断するという風習が根付いている社会もあるのだなと全く考えもつかなかったことだったので僕も驚きでした。そんな局面に立ち会ったらぼくは泣き崩れるでしょうね(笑)

また僕の大阪エリアでの就職戦略企画の話もきいてもらいました。
インターンに行ってから僕はある地銀にすごく興味を持っているという話から先生が金融とはどんなことをしているのかという話をしていただきました。金融はお金が余っているところからお金が足りないところへ循環していく、じゃあお金が足りていないところはどこなのか、いったいどういう技術が眠っているのかこういった情報を扱っているのが金融のあり方であり、近年グローバルと言われているけど本当に大事なのはその地域に集中して情報を得ていくことであるありがたいお言葉を頂きました。またどんどん大阪で働くことについて考えが深まってきました。ほんとうにありがたい(感動)
1期生のりょうぞうさんという方も同じ考えを持っていて今では関経連で働いているということを先生から聞きました。また宮門会でお会い出来る機会があったらお話したいです。よろしくお願いします。


最後に、鳥秀にて撮った1枚です。
IMG_1070.jpg
今日は楽しかったです!

後期ゼミ開始!【渡辺】

10 15, 2014
ついに2週間遅れで後期のゼミが開始されました!
長い夏休みからやっと抜け出した気がしましたね。

4期生は夏休み中に進めていた企業分析の発表をしました。
が、まだまだ修正するべきところは多いようで…
しかし、コアを見据えて妥協しないように、しっかりとチームで作っていきたいですね。

ところで今日は先生から「チームで動くということ」ということを現実の甘くない世界からのお話を聞きました。
実際にチームでやっている今、全員の心に響くものがあったのではないでしょうか。
こころなしか、ゼミ後の企業分析の話し合いでは、みんないつもより活発に意見がでていたような気がしました(笑)

大学生活の中で一番勉強できるのも、こんなにチームでひとつのものを作り上げることができるのも、今ですよね。
そう考えると一つも無駄にはできません!
もっともっと、気合入れていきましょう!
1 CommentsPosted in じら

クラウドサービス【奥】

10 14, 2014
こんにちは、奥(♂)です。

先ほどDropboxを開こうとインターネットで検索すると、
バグによって中身が消去されるという事件が発生したという記事が目に入りました。

急いでゼミのDropboxを確認したのですが…

セーフでした、良かった良かった(^_^;)

と安堵する間もなく自分のを確認しましたが、こちらも大丈夫でした。
良かった良かった(^_^;)

この事件を見て、やはりバックアップを取ることは重要だなと思いました。
それもクラウドサービスやPC本体にではなく、外付のハードディスクのようなものが良いのだろうなと思います。
というかずっと考えていました、実行していないだけで(笑)

これを機に真剣に購入を検討してみようと思います。
PCやDropboxに大事なデータも転がっているわけですし。

のどが痛くて、鼻の調子がおかしいだけで、決して風邪を引いているわけではないと思っている奥でした。

企業分析

10 14, 2014
こんにちは。ありすです。
昨日は台風で激風と大雨でしたが、みなさんお変わりありませんか?
暴風雨のため、昨日はバイトが途中でなくなってしましました。

バイトがなくなったので、家に帰って
15日のゼミに向けて、プレゼンスライドを作成しました。

現在、日本ハムの企業分析をしています。
この夏休みは、財務分析やマルチプル分析をすすめました。
前期のゼミで勉強したことを実際に実践してみることで、
「あのときのは、こういうことだったのかー。」など思うことが多々ありました。

数値から計算してグラフを作り、視覚化する。
そうすることで、見えなかったものが見えてくる。
年数での増減変化や、同業他社と比較して見えてくる特徴など…

でも、一番大切なことは、『なぜ、そういうことが起こったのか』
を考えることになると思います。
その数値の裏には何が隠されているのか、何を意味しているのか。
この仮説をたてることが、最も難しく、最もおもしろいところだと思います。

私は、まだまだこれを考えることが苦手です。
ただ数値を見て、『ここが特徴的だなー』と思うところで止まってしまいます。
メンバーと話し合いながら、こういう考え方もあるのか!なるほど!などと
いつも驚かされます。

ニュースや新聞を読むときも、人から話を聞くことも、その情報をついつい鵜呑みにしがちです。
でも、それは本当か、なぜそうなっているのか、これからどうすればいいのか
など、そこから自分で何かを考えることはすごく大切なのだなぁと思います。
意識的に、日々、考える力をつけていきたいです。
まずは、明日のゼミに向けて、あと少し踏ん張ります。

台風が上陸した連休最終日【西】

10 13, 2014
こんにちはー4期生の西です。

台風19号やっかいですね。いつも思うのがテレビを見ていて現場で雨風にさらされながらも必死に詳細をレポートするあの光景は異様だと思います。そんなとこにおらんと早く避難してって心配になります。

そんなこと想いながら今日は家に引きこもってます。パソコンを開いて「株主構成比率が及ぼす企業価値の影響について」と検索してその論文を読んでちょっと目が疲れたら目薬をしてとルーティーンしていたらもうこんな時間でした。
今日論文をかいつまんで読んでて面白いなと思ったのは経営者による株式保有が企業価値に与える影響について書かれたものです。ちょうど今企業分析をしている小林製薬はオーナー企業であり、この経営者による株式保有に当てはまります。
しかもリーマンショック以降自己資本比率を伸ばしている。一体どんな意図があるんでしょうね。昨日定量分析と定性分析が山を超えた所ですが、まだまだ調べてみないと分からないことが多そうですね。
はい、これまたWACCWACCしてきました!

ちなみに今日読んだ論文には経営者の株式保有の割合によって効果があったり関係性が見えなかったりすることが実証研究されてました。これもまた摩訶不思議です。これからもっと論文を読み込んで知識を深めていきたいですね。

あと、最後にこれはずっと言いたかったことなのですが、平日の23時からテレビ大阪で放送されている「WBS」という経済ニュースなんですが、その番組のコーナーの一つの「トレンドたまご」というコーナーを担当しているアナウンサーがとても綺麗です。
このコーナーアイデア製品を紹介するコーナーなんですけど僕もあのアナウンサーに取材されたいがためにアイデア製品をつくりたいと考えています。
どうでもいいですね...

三連休ですが…【竹内】

10 12, 2014
こんにちは、竹内です。
10月に入り新学期もスタートしましたが、最近は専ら室内にこもって企業分析を行っています。
良い気候で絶好のお散歩日和、秋の三連休二日目の今日も学情よりお送りします。

夏前から財務諸表や有価証券報告書を見ていた私たち小林班ですが、9月に入ってからいよいよ本格的な分析を始めました。
いつでも気持ちは小林製薬の財務担当者です。
指標をグラフにしてから、変化があった年にはその原因を予測、さらに財務諸表や有報、時には新聞の記事を引っ張ってきて裏付けをしていくのは時間がかかる一方でとても楽しい作業でした。
財務諸表を見る定量分析だけではなく定性分析も踏まえながら、日々企業分析レポートを作成する中での大一番、最大の山場がついに昨日やってきました。

企業価値算出です。
過去の分析に基づいて出した業績予想から企業価値を算出した時、誇張でもなんでもなく鳥肌が立ちました。
今まで何日もかけて自分たちがしてきたこと全て繋がる瞬間の筆舌し難い喜びを、先輩方も体験されてきたのではないでしょうか。
まったく上手く表現できなくて、今自分の語彙力のなさに絶望しています(笑)

もちろんその予想が本当に合っているかどうかまでを確かる必要があるとは思いますが、調べれば調べるほどに愛着のわいてきた企業が今後成長していくという結果を得られただけで私自身プチ満足です。
あとはしっかりとレポートにまとめて形にすることで、本当に満足したいと思います。

企業分析ってこんなにドキドキWACCWACCするんですねー!!!

CORE表彰&発表【中川】

10 10, 2014
こんにちは!
昨日は2限の授業時間をお借りして、昨年度のCORE論文の最優秀・優秀賞チームの表彰・発表があったので、その様子をお伝えします。

宮川ゼミからは私たち女子チームの「無借金企業はなぜ増えるのか」の論文が優秀賞をいただいたため、この発表会に参加してきました。商学部の必修授業のため教室は1回生をはじめ多くの学生で埋まり、ほぼ満席状態での発表となりました。宮川ゼミではこれまで何度も他大学の方と交流の場を持つことはありましたが、200人を超える大人数の前で発表するのは初めてのことでした。さらに1回生が多いためちゃんと理解してもらえるかが気になる部分でしたが、前に立つと思っていたよりも全員の表情まで見渡せて、真剣に聞いてくれている様子が伝わってきたり、1回生の子から質問してもらえたりと、やって良かったなと思いました。

また、自分たちの発表だけでなく他ゼミの研究発表も聞くことができ、非常に面白い機会となりました。 他2ゼミはどちらもテーマパークを研究対象に取り入れていたのですが、会計やマーケティングなど同じテーマパークでも異なる視点からの分析をしていました。専門分野や指導教授が違うと、研究内容や発表の仕方など全く違い、市大の中でもゼミごとに様々な特色をもっているなと感じました。

これから4期生のCORE論文も本格化してくる時期ですね。もう自分たちが書いていた頃から一年近く経つのかと思うと不思議な感じがします。私たちがCOREを通して色々なことを経験してきたように、4期生にもこの貴重な機会を楽しんでいってほしいと思います。そして、それに協力できるように、あと自身の卒論も進められるように(笑)、が私の後期の目標です!
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ