FC2ブログ

三商大

11 30, 2014
もうとにかく三商大最高!
楽しかったし刺激になった!
もうそれ以上に表す言葉がないっす!
ようやく肩の荷がおりた!

CORE論文も頑張るで!
スポンサーサイト

貴重な経験が出来ました【西】

11 24, 2014
どうも!4期生の西です!

3連休もあっという間に終わっちゃったという感じですね...
この3連休で1番良い経験になったのはやっぱり宮門会でしたね!
デートをしたなんて記憶も霞むぐらいですね!
ちなみに結局昨日は京都に行く元気が無く大阪で済ませました囧rz
いや、それでも良いんですよ!
そんなことどうでもいいです!

なぜなら宮川ゼミOBOGの方々が久しぶりに集まってくれたからです!
感謝感謝m(__)m

自分はもうすぐ就職活動も本格化する前でも特に社会人になってからのイメージがあまり明確に出来て無いという現状です。
最近市大では21世紀セミナーという、企業が市大に来て説明会を開いてくれる催しに参加しているのですが、良い話ばかり聞いてこの会社良さそうだなーあの会社も良さそうだなーってフラフラしてました。
しかし、先日の宮門会では社会人の先輩たちが日々の仕事の話を等身大で話していただき、企業説明会などでその企業の社員が話すような良い話とは打って変わって、社会人になってこんな辛いことがあるとか、こんなにしんどい毎日を送っているその中でも宮川ゼミで学んだことが活かされてて、考えてしっかりと意見を言うことができるというような、今の社会人としての等身大の話が聞けて、社会に出て仕事が楽しいんだろなって考えがまだまだ甘い考えだなと実感しました。

まだ学生としてやはり実際に仕事とはどんなことか分からなかった自分にとっては社会人の諸先輩方の話は結構驚くことが多く、世の中そんなに甘く無いんだなと感じました。その中でも宮川ゼミでの日々が役に立つという話を聞き自分もそう思えるようにこれからもより精進していこうと思いました。

最後は朝まで飲んでより濃い話(ここでは書けないような話も沢山あった)を聞けて 最高に楽しかったです。
本当に朝まで残って良かった!!!

まさか先生や先輩方とガストで始発を待つとは思いもしませんでした笑
いまにーさん、替えのズボンあったんですね笑

1期生や2期生のみなさんと先生のやりとりを見て僕たちもこんなふうになりたいなと思いました。そう考えるとやっぱり自分自身はまだまだおとなしいんだなって感じます。すごく仲良く友達のような関係で話をしている姿を見て悔しくなった4期生の西です。

「この子は頭が悪いのか?」と言われるようなアホなやつのままで良いからもっとしっかりとしたゼミ長になって来年の宮門会に挑めるよう頑張っていこうと改めて思いました。

OBOGのみなさん本当に来てくださってありがとうござす!

またお会いできる日を楽しみにしています!!!

にっしゃんでした!

第二回宮門会【蔵下】

11 24, 2014
3連休初日の11月22日は第二回宮門会でした!
今回の宮門会には宮川先生、太田さん、宮川ゼミ1~4期生34名が参加しました。
ほとんどの1期生のみなさんとは1年前の第一回宮門会、2期生の皆さんとは卒業記念パーティー以来の再会でしたので、この日をとても楽しみにしていました。

当日は宴会場に到着すると2期生のみなさんが迎えてくださり、先輩方とゼミをしていた時間を懐かしく思い出しました。
会が始まるとみんなで鍋を囲み、先輩方の近況報告や会社に入ってから宮川ゼミで学んだことがどのように活かされたかというお話などを伺いました。
中でも多くの先輩方が「発言する習慣」が活かされているとおっしゃっていました。
確かに私もゼミに入るまでは、その場の雰囲気になんとなく合わせたような発言をしたり、時には発言をしなかったりしていたので社会に出てからこの二年間の経験が今に活きていると感じるようになるのではないかと思いました。

また、1期生のまーしーさんやりょうぞうさんが「社会人になるとゆっくり勉強がしたくなる。」とおっしゃっていました。
今私にはゆっくり学問と向き合う時間が与えられているので、学生生活も残り4ヶ月ほどですがこの時間を存分に活かしたいと思いました。
このようなお話を聞けたことで、卒論に対するモチベーションもまた向上しました。

久しぶりにお会いする先輩方と色んなお話をすることが出来、楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
色んな場所で色んな仕事に向き合っている先輩方の姿はやっぱりかっこよくて、また来年の宮門会でお会いするのが非常に楽しみになりました。
今回は会えなかった先輩方にも来年はお会いできることを楽しみにしています。
本当に楽しい一日をありがとうございました(*^^*)!

最近の驚き!【八木】

11 22, 2014
今年も残り僅かになり、ゼミに入ってからもう1年かと懐かしく思っています。

最近、1年前の自分と今の自分をふと振り返ったときに明らかに変わったと気付いたことが一つありました。1年前はちょうど部活で2回生として仕事や勉強が手一杯になり、”しなければならない”ことがたくさんで、どこにも心に余裕がありませんでした。しかし、今の自分にとって、その”しなければならない”と感じていたことが”したい”ことに変わりました。こういった物事に対しての取り組み方がこの1年で大きく変わったと思います。

最近驚いたことに加えて最近嬉しいかったこともついでに書いておきます。
大阪市立大では商学部で論文の発表会があり、それに向けて論文をチームで作成しています。その活動の中で様々な理論や論文を理解して、自分たちの論文に反映させていくのですが我々のゼミで基本書としているコーポレートファイナンス上というオレンジ色の本を読み返すことが度々あります。
初めて読んだときに、この文章は何が言いたいんやろ?とかこの分析ってなんや?と頭の中が??ばっかりだったことが久しぶりに読み返すと、こういうことやったんや!と感動しました。いやー、るみさんや千尋さんが前回のブログで言っていた気持ちがわかります!

今でも勉強する中でどうしても納得できないようなことがあるのですが、また1年経って同じように、なるほどこういうことやったんか!と思えるよう今を全力で取り組みます!

柔道有段者には小手先では敵わない。正面から体当たりして、きれいに一本取られよう!【高橋】

11 15, 2014
こんばんは。三期生の高橋です。
今日は最近の自分の事について、先生とお話しさせて頂きました。
ここ最近は、自分は小手先だけで、要領良く、簡単済ませようとばかりしていました。
つまり嫌な事から逃げて、楽な方へ楽な方へ逃げていたんですね。これがゼミのパフォーマンス低下に繋がっていました。

これではダメだ。

先生と話し、自分でも考え、意識改革。
小手先ではなく、正面から正直にぶつかる。これが大切だという事に気がつきました。
来週からはきっちり切り替えて、ゼミに体当たりしていきます!
みんな、とことんぶつかり合いましょう!!

その後は、先生につけ麺をごちそうになりました。
自分は卒論のテーマが企業のブランド価値だったのですが、食事しながら会話で、今のモデルを使わなくても、ROAで見るのはどうか。ブランド価値とROAの相関を調べるのはどうか。切り口は業界だけでなく、BtoCとBtoBでも面白いんじゃないか。そもそも本当にブランド価値が高いところが利益を稼いでいるのか。などなど意見が出ました。
そうです、宮川セミ伝統?の思考が、、、、、、ドライブしたんですね。
久しぶりに考えて気持ち良いという感覚になりました。まだまだ検討の余地ありまくりでした。
やっぱり大切ですね、本気でぶつかり合うこと。
来週からはどんどんその感覚が味わえたらないいなと思います。
みんな、どうぞよろしく!!

p.s
自分はラーメンがとても好きなのですが、先生は研究室にいても、ラーメン食べるために突然京都まで行かれることがあるそうです。すごいラーメン愛です。

わたしもシンポジウムに行ってきました!【長島】

11 15, 2014
こんばんは。

ちーやんのブログにもありましたが、今日はJPX日経400先物上場記念シンポジウムにお話を聞きに行ってきました。

スーツを着て腕や足を組んだおじさん達に混じって講演を聞くなんて初めての経験だったので、しばらくきょろきょろしてしまいました。笑
シンポジウムの内容はもちろんですが、おじさん達の挨拶をしている様子だとか、講演を聞いていらっしゃる姿勢だとか、なんだか雰囲気を感じるだけでも金融業界の一部を垣間見れた気がして良い経験になりました。

まず始めに、大阪大学の仁科先生から、成熟市場となった日本は、リスクに対応することが求められており、その代表的な方法として、デリバティブが有効であるというお話がありました。
デリバティブとは金融派生商品のことをさすそうです。
私はデリバティブについて知識を持っていなかったので、また一つ、知っている単語が増えました。

次に、「商都大阪と先物市場」という座談会が開催されました。
4名の方がそれぞれの立場からお話をされていたのですが、根底には、大阪を元気にしたい。大阪が元気になれば、日本は必ず元気になる。という共通の想いを感じました。
大阪という都市について深く考えたことはありませんでしたが、大阪が発展した理由としては大阪人の気質というよりも大阪の企業を支援しようとする雰囲気が大きいというお話が一番印象に残りました。

先日、日本シリーズの初戦を観戦しに甲子園に行ったのですが、その時にも大阪のパワーを感じました。
バックスタンドからの応援の一体感、試合後の歓喜の声は、すさまじいものであり、全球団の試合を観戦したことはありませんが、これから何年かけたとしても、タイガース以上に愛される球団はないのではないかという印象を強く受けました。

皆さんのお話を聞いて、なんとなく日々を過ごしている「大阪」という都市には私が想像していた以上のえげつないパワーがあるのだということを改めて認識しました。

そして最後に、宮川先生が参加された「市場に選ばれる『企業価値』とは」という討論が行われました。
パネリストは経営者、証券アナリスト、大学教授という全く別の立場の方でした。
企業価値とは何か。
ROEを重視するか。
企業価値を高めるために、企業に求められるものとは。
などといった質問があったのですが、きっと根底では、同じことを主張していらっしゃるのに、言葉の選び方や言い回しがそれぞれ違うところに、御三方の立場が反映されていて、面白みを感じました。

何より驚いたのは、企業価値とは何か。という問いを始めとして、今回の討論の内容とゼミで学んだ内容がドンピシャだったことです。
おじさん達がわざわざ足を運んで聞いているお話をゼミで学んでいることに誇らしさを感じ、ときたまわからない単語もあるものの、なんとか話を理解できている自分に嬉しさも感じ、2年前には全く興味も湧かなかったであろうお話を心底面白いと思っている自分に驚きを感じました。
貸借対照表や損益計算書には反映されない目に見えないものを重視しようというお話があったのですが、バーニーの経営資源の話やん!と思ったりとか、ROEは高ければ良いというものではないというお話にそりゃそうだ!と思ったりとか。
自惚れてるかもしれませんが、なんか私、前より賢くなったなーと。笑

宮川ゼミに入ってあっという間の2年でしたが、自分が自覚していた以上にきっとたくさんの事を学んできたのだと思います。宮川ゼミを選んで、今まで先生のお話をたくさん聞けて本当に良かったです。

今回のシンポジウム全体を通して、相手を尊重しながらも異議を唱えたり、誤解されていそうであれば改めて自分の立場を明らかにしたり、「大人の議論」というものを間近で見る事ができ、とても勉強になりました。

本当に学びの多い有意義な時間を過ごせました!
ちーやん、誘ってくれてありがとう!!

シンポジウム、行ってきました【田中】

11 14, 2014
こんばんは、田中ちーやんです。

今日は以前先生がブログで紹介されていたJPX日経400先物上場シンポジウムに、瑠美と行って来ました。
想定内でしたが、会場で学生は私達だけでした。笑
そんな中、少し緊張しながらも、とても楽しむことができました。


まず初めに、デリバティブ市場についての講演をお聞きしました。デリバティブ取引は金融産業における技術革新ともいえるものであり、正しい理解を促しながら発展していくべきである、というお話でした。デリバティブについてはメディア等でも誤解や偏見が飛び交っているそうなので、正しい知識を身につけたいと思いました。


その次は「商都大阪と先物市場」というテーマの座談会でのお話を聞きました。
江戸時代に大阪の発展に寄与した堂島米会所が、世界初の先物取引市場であり、現代の取引所の基本的な仕組みを生み出した、というお話から、現在の大阪取引所がデリバティブに特化した取引を扱っている背景などをお聞きしました。先物市場についてはまだまだ勉強足らずですが、歴史を交えて世界に誇ることのできる大阪の一面を学ぶことができました。
そのなかで、堂島米会所のコメの値段の伝達方法についてお話がありました。当時は旗を振ることによって、大阪から地方へコメの値段をその日のうちに伝えていたそうです。京都や和歌山までは数分、岡山までは17分ほどの速さで伝わったというお話もあり、現代のような市場が成り立っていた事に驚きました。


最後に、先生が参加された「市場に選ばれる『企業価値』とは」というパネル討論がありました。
企業価値とは何か、なぜ企業価値を高めなければならないのか、企業価値を高めるにはどうすれば良いのか等、ゼミで学んできた内容とドンピシャで感動しました。笑 
企業価値とは、という問いをモデレーターの方が質問した時は思わず瑠美を見てしまいました。笑
企業価値の向上、株主を意識した経営を行うことで、すべてのステークホルダーの利益を生み出す事に繋がる、というお話では去年のディベートが思い出されましたし、ROEを意識した経営についてやROEの重要性とは、というテーマでは日経レポートを思い出しました。
これらのテーマを研究者目線、アナリスト目線、経営者目線で話されていて、勉強になりましたし面白かったです。
先生がパネル討論されている貴重な姿も見ることができました(^^)

イベント後、先生に挨拶しようとしたのですが、業界人の挨拶(?)が始まり、場違いな私たちはそっとその場を去りました。笑

帰りは瑠美と、会場だったグランフロントの綺麗なツリーとイルミネーションを見ながら、面白かったねーと話して帰りました♪本当に参加してよかったです!

改めて気づいたこと【川畑】

11 12, 2014
こんばんは、3期生の川畑です。
今日は反省の多い1日でした。

最近ゼミでの発言回数も少なくなり、ゼミのパフォーマンスを下げてしまっていました。それではダメだとわかっていても、なかなか改善することが出来ないままゼミに参加してしまっていました。

ですが、本日のゼミにおいて宮川先生から指摘を受け、ゼミに積極的に参加することの大切さに改めて気づくことが出来ました。

ゼミが終わってから3期生で話し合いを行い、それぞれが意見を言い合ううちに、どんどんゼミに対して前向きな気持ちへと変化しました。ゼミ生のみんなありがとう。

そして研究室を訪れ、宮川先生に気持ちを伝え、お話を聞いてもらっているとなんだか心のモヤモヤが晴れていきました。

なぜもっと発言することができなかったのか悔しい気持ちもありますが、それを反省し、これからもっとゼミに貢献できるように頑張りたいと思います。そして、いまの気持ちを常に持ち続け、卒論に全力を注ぎたいと思います!

水曜日でもないのにゼミ生な一日【長島】

11 12, 2014
おはようございます!

朝が冷えてきましたね。
朝バイトをしている私は7時起きでもいつもより長く寝れて嬉しい限りです♪

昨日は3期生6人と先生でお昼ご飯を食べながら卒論の相談にのっていただきました。
各々の卒論の進行状況を聞いていると、
そんな切り口もあるのか〜とか。
うわ、進みすぎやろ、私もやらな〜とか。
とても良い刺激になります。

そして今日は、市大名物のレモンライスに初挑戦しました!
思っていたよりも美味しくてびっくりです。
レモンをかけた方がなんだか美味しくなる感じが名前負けしていなくて気に入りました。

ランチョン後はラーコモにこもって各々作業を進め、17時になると女子6人でなんばに移動!
タルトの食べ放題に行ってきました!!

18時からひたすらタルトタルトタルト。
とっても美味しかったです!!
もういいやーってなってから、最後にとどめの1個を食べていたちーやんとまなみんとさきほ。
負けた。と思いました。笑

9種類のケーキを食し、
今後の行事についてネタを考え、
わたしのしょうもない悩みも聞いてもらい、
なんだか気付けば、一日中皆とお喋りし続けていました。

私的な相談でも様々な意見が飛んでくる感じが宮川ゼミ生だなあと思いました。笑

そんな時間ももうわずかと思うとさみしくもあり、
こんな時間があることが嬉しくもあり、
社会人になっても皆と集まりたいなーと思った一日でした。

皆、就職先の業界もバラバラのため、近況報告を聞くのが楽しみです!!

さて、今日も残り少なくなってきたゼミの時間を楽しみたいと思います\(^o^)/
2 CommentsPosted in るみ

チェーンオブスタディ【西】

11 11, 2014
こんにちは!
4期生の西です。
最近寒くなってきましたね!
それでもまだシルキードライじゃないと汗ばむ体質の西です!
さすが顔がデカイだけありますね!笑

昨日、統計の知識がようやく整理されました。
4限後の証券市場論の後に先生に、回帰分析の知識は分かるけど、どれを説明変数に使うのかどれが従属変数になるのか、多大にあるデータからどのデータを抽出すべきかわかりませーん!!!
と泣きつきました!(実際には泣いてませんが)

我々の大枠の問題意識としてはファミリー企業は配当が低いということです。
でも、それだけの因果関係では証明したことにならないとのことです。

「第3因子って覚えてるか」その先生の一言でハッとしました!

第3因子として利益が低いからただ、配当が低いだけじゃないのか?規模が小さいから配当が低いんじゃないのか?その第3因子を変数とすることがコントロール変数なんだと教えてもらいました。


この話を聞いて、そうや!これは春休みにやった科学的思考法がベースになってる!と思い出しました。今行ってる実証研究もベースになっているのは科学的思考法なんだなと少し自分の中で感動しました。

まさに「チェーンオブスタディ」
今まで勉強してきたことが鎖のようにつながっているんですね!すごくないですか?

ちょっぴり感動した週始まりでした!

ふざけんなよ!【渡辺】

11 10, 2014
4期生は最近は企業分析が佳境に入り、COREとSTOCKへの取り組みもさらに盛り上がってきています。
先輩たちも同じことをしてきたんだと考えると、宮川研としての一体感を勝手に感じているこの頃です。

今は統計的な手法を論文に取り入れようとしているのですが、その分野に関しては今回ほど本格的に触れた機会がなかったもので、四苦八苦しています。
同じことをしていた先輩方は独学でやっておられたということなので、僕たちも負けてはいられません。
という意気込みで頑張っているのですが、なかなか思うようにいきませんね(笑)
数式を扱っている時も、なぜか四則計算を間違ったり、計算の順序を間違えたりと、「ふざけんなよ!」というミスがあったりしています。
今が一番頑張る時期だと思われるので(就活はまた別として)、多少しんどくても食らいついていきます。

話は変わりますが、この前に何人かでミーティングをしたときに、みんなの就職へのモチベーションを聞く機会がありました。ほかの人の就職への思いをガッツリと聞いたことはあんまりなかったので、自分とは違うモチベーションの持ち方は新鮮で面白かったです。
先生や、就活を終えた先輩方を交えて話すとまた違った新鮮さがあるのかなとも思ったので、これからの時期はそういう話も増えるのかと思うとそれも楽しみです!
2 CommentsPosted in じら

学生らしくいこう 【松本】

11 06, 2014
みなさん、こんばんは。
久しぶりに実家に帰っている、ウドです。
やっぱり家に帰って手料理を食べるのは幸せですね!

今日は先生と日ハム班でランチョンしました。
コア論文の検証方法や前回の授業の質問、ストックリーグのテーマについて
色々とお話を聞くことができ、楽しい時間でした!

前回の授業で、証券会社のディーラー部門は、そこまで利益を追求するものではないとのお話がありました。
授業中、僕はこの話に驚いたのですが、みなさんはどうでしたか?
というのも、ディーラー部門は日々株の売買をすることで資産を増やすことが一番の役割であると思っていたからです。
しかし、実際は株を売買することで、株を証券会社にストックしておくことに意味があるのです。
株の在庫を多く持っていれば、顧客の大量の買い注文に対して、他社より安く引き渡すことができるからです。

。。。
先生のように分かりやすく説明するのは難しいですね。笑

また、ストックリーグのテーマについて先生に相談したのですが
もっと面白く、大きなテーマにした方が良いと指摘してもらいました。
僕たちは、コア論文で扱う内容をストックリーグでも使おうと考えていたのですが、
それだと小さくまとまり過ぎだと分かりました。

現実味があるかどうかをすぐに判断し、議論を深めないところがありました。
もっと学生らしく面白がってやればいいとの先生の言葉に、やってやるぞという気持ちになりました。

ストックリーグのテーマは、白紙になりましたが、今は前向きな気持ちです!
やってやるぞ!
3 CommentsPosted in ウド

指摘されるのはありがたい!?【橋詰】

11 06, 2014
こんばんは、4期生の橋詰です。
勢い余って2回連続の更新となりました。


毎週水曜はゼミの日なのですが、今日は振替授業で月曜日の授業だったので本来ゼミは無い予定でした。
しかし、先生にお願いして4限の先生の授業後にゼミの時間を設けて頂きました。
何をしたかと言いますと、小林製薬、日本ハム両チームの企業分析レポートをお互いに読み合い、間違っている箇所や疑問に思うことなどを指摘し合いました。。
お互いのレポートを読み合う中で修正箇所が見つかったのはもちろんのこと、『この形式カッコいいから参考にしたいなー』とか、『もっとこう表現した方がいいんじゃないかなー』など日ハムチームのレポートを通して様々な発見をする事が出来、とても収穫の多い時間でした。
なので、修正箇所を指摘してもらったり意見を言ってもらうことをとてもありがたく感じました。
思わず「ありがとー」と口走ってしまう程でした。
しかしそれと同時に、このような場面で意見を述べないの事がいかに幼い事なのかを痛感し、これが以前先生のコラムで見た「ドロボー」ということなのか!と思いました。

色々と考えることはありますが、まずは今日のゼミでの収穫をしっかりレポートに反映して、小林製薬の人に見せても恥ずかしくないレポートに仕上げたいと思います。
そして12月に企業訪問するときにしっかり質問できるように準備しておきたいです。
今から小林製薬を訪れるのが楽しみでなりません!

ピザは研究室で食べるのが一番おいしい!?【橋詰】

11 03, 2014
こんにちは、4期生の橋詰です。
ブログを書くのが随分と久しぶりになってしまいました。

昨日は朝から学情でCORE論文のために小林チームは集まって作業をしていました。
ただひたすらに四季報をパラパラとめくりファミリー企業を抽出していきました。
四季報を見ていると色んな発見があって、あの一見すると地味なパラパラ作業が結構好きになってきています。
特に昨日は5年前の四季報と今年の四季報を見比べていたのですが、5年の間に企業名が変わっていたり、経営陣が変わっていたり、大株主が変わっていたり。。。
その5年の間に一体その企業に何があったのか!?
とついつい作業そっちのけで考えてしまいます。

その後お昼は、先生の研究室でピザを食べよう!、という流れになってジュースを調達してから研究室を訪れました。
ピザが届くまでの間小林チームによるLINE講座を開講していると、美優さんが研究室に来られました。
ピザが届くと、小林チームと美優さんと先生でゼミの近況や美優さんの仕事の話しなどをしながらピザを囲みました。
今の仕事の内容や、大変なこと、ホーチミン支店をこうちみん支店と間違ったことなど、つい昨年度まで学生だった先輩の様々なお話を伺っていると、働くということを凄く身近に感じることができ、自分が働いていところを少し想像してみたりもしました。

自分も働くまであと1年半足らず。
残りの大学生活どのような時間を過ごせるのかもう少し考えてみようと思いました。
何はともあれ先生ピザごちそうさまでした。
落ち着いた雰囲気の研究室でジャンキーなピザを食べるの好きです。
またお願いします!
1102


恥はかける内にかくべし【杉山】

11 02, 2014
学園祭が始まりましたね!
僕が所属しているサークルは後輩たちが塩焼きそば(トッピングでネギ塩マヨにもできます!)を出しているのですが、全般的に準備がうまくできていなかったらしく朝からわちゃわちゃしていました(笑)
明日は小林メンバーはもちろん、お時間があれば先生にも食べていただきたいなと考えています!

さて、僕個人としては今年はこれまでとは違い模擬店ではなく学情で過ごしました。今日は企業分析レポートの完成を目指して作業していたのですが、和気藹々としていたので学園祭にも負けずに楽しみましたよ!

夜からは、先生の元部下の方とお会いできるとのことで研究室へ。企業分析レポートについてのコメントなど、いろいろと話をしていただきました。この時の会話で、バリュエーションの後にEV/EBITDA倍率などの指標との整合性を見ることが重要、というお話を聞いて少し反省しました。というのも、木曜日に先生に教えていただき理解したつもりになり、レポートの該当箇所を修正するときに「任せて!」などと言っていたからです。表面を見ただけでそれを活用できていませんでした、恥ずかしい…。

その後はご飯に連れて行ってもらいました!そこでもいろいろと興味深い話を聞かせていただきましたが、特に印象深かったのは女性のキャリアプランについてです。育休という制度をとることができるかできないかということに目がいきがちなのですが、大切なのは出産のタイミングだ、と。うまく説明できそうにありませんが、違う目線からの意見を聞くことができました。また、恥をかくということについてのお話も印象的でした。恥をかける内にかいておかないと将来的にはもっとかけなくなる。それに、発言してみることにより、議論が起こりさらに発展していく、と。木曜日にも感じたことですが、話さないことには進みませんもんね。

さらに、僕は岐路が同じ方面でしたので帰りの電車でもさらにいろいろと話を聞かせていただきました!主には仕事の話ですが、せっかくの機会なのでいろいろと教えていただきました。

仕事の話から女性目線の話までいろいろととても勉強になる一日でした!このような機会を設けてくださり、また話を聞かせていただき、本当にありがとうございます!このような機会をまた設けていただけるのならば、ぜひとも参加したいです!(鍋や飲み屋に対してのええなぁ~行く!ではない方のです!(笑))

ありのままの【渡辺】

11 01, 2014
今日(というか既に昨日ですが)、日本ハムチームは先生とランチをしました!
先生がレモンライスとうどんを頼んだ時には驚きました。
食欲の秋ってやつですね。

今日は雑談やコアの話、就活のことなどいろいろと話をさせてもらいましたが、一番印象に残ったのは「質問に答えていない人が多い」、という話でした。
質問をされた時に、僕たちは抽象的に答えすぎだと指摘されましたが、それが質問の具体的な答えになっていないことにはっと気づかされました。

例としてバドミントンのどこが楽しいか、という質問を先生にされたときに、その返答がほかのスポーツにも当てはまってしまうようなものになってしまいました。
これは質問の「バドミントンの」という重要ななところを見落としていることになります。
恥ずかしながら先生に指摘してもらうまでそのことに気づかなかったのですが、質問の意図をしっかり汲み取るということは、漠然と考えて返答していてはできないと感じました。
これからは何気ない質問にも、その答えとしてふさわしい答え方はどんなものかということを考えていかなければいけませんね。

そして今日も先生が言っておられたのが、何度も聞かされている、相手の身になって話すということです。
相手の興味を引けるような話をし、かつそれがきちんとしたロジックとして成り立っていなければならない。
これがまた難しい…

就活の面接はまだ先ですが、春に学んだロジカルシンキングを活かして臨むべきですね。
今度バドミントンの楽しさを誰かに聞かれたときは、聞き手が目を見開いて納得してしまうような答えが言えるように考えておきます。
ただ、ありのままの自分を出すとまずいらしいので、自分を抑えることも忘れずに就活に臨みます(笑)

そして話は変わりますが、最近は財務レバレッジなどに関して、分母の操作をして利益率を改善するのはどうかという話がゼミ内でよく議論されているように思います。
以前に「コア・コンピタンス経営」という本を読んだことがありますが、分母を操作して利益率を改善しても、その企業は長く続かないと書いてあったことを思い出しました。
確かに小手先のマネーテクという印象があります。

企業はただ単純に利益率をよく見せたいのか、または別の深い理由があるのか。
メインのテーマとはズレていますが、その問いに対して、今回の研究を通して何か見つけたいという思いがあります。
きちんと質問に答えているような答えを出せることに期待です!
2 CommentsPosted in じら
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ