FC2ブログ

See you 2014年!! Hello 2015年!!【有末】

12 31, 2014
こんばんは、有末です。
今日は大晦日ですねε(◎´・v・)
みなさんは年末をどのようにすごしましたか??

私は、ライブに行ったり友達と会ったり、と楽しい年末を過ごしました。
もちろん、ストックリーグの論文作成も進めてますよ!

さて、今日で2014年も終わりですね。

あっという間の1年でした。
宮川ゼミに入ったことで、かなり濃い1年を過ごせたように思います。

宮川先生、先輩方、そして同回生のみなさん、
本当にお世話になりました。

宮川ゼミに入って、
考えることの大切さを知りました。

私は今まで、なんとなくで行動していたように思います。


全てのことに対して受動的な態度で接し、なぜこうなるのか、どうすればいいのかを
考えることはしていませんでした。


宮川ゼミに入っていなければ、こんな自分に問題意識を覚えることもなかったと思います。

2回生のゼミ選択の時、宮川ゼミを選択して本当によかったです。



考える力も、発言力もまだまだかなり乏しいです。


宮川ゼミ歴代の先輩方のようになれるように、来年も1年間頑張りたいです!




2014年はありがとうございました。
2015年もよろしくおねがいします。
スポンサーサイト

日本ハム訪問 【松本】

12 21, 2014
おはようございます。
先日はカラオケで気持ちよく歌えて幸せでした、ウッディーです。

水曜日は小林製薬に、木曜日はクリスマス会兼忘年会、金曜日は日本ハムに企業訪問と
イベント盛りだくさんの一週間でした。

日本ハムの企業訪問では、我々日ハム班がプレゼンを行いました。
フィードバックや質問を通して、新たな発見が多かったです。

たとえば、大企業は資金調達の面で困っていないということです。
それはここ数年金利が低く、銀行からお金が借りやすい状況であるためです。
債権者は企業をしっかりモニタリングした上で慎重に融資を行っているとのイメージがあったので、驚きでした。
もちろんすべての企業がそのような状況にあるわけではないでしょうが。

また、我々の企業分析では、顧客への誠実さを測る指標として棚卸資産回転月数を用いました。
そこでは、日本ハムは棚卸資産回転月数の値が大きいことから、垂直統合度が低いと結論づけました。
しかし、日本ハムの扱う製品の性質上、川上に手を出して垂直統合度を高めると
棚卸資産は増えるのです。
私たちはそこまで気が付かなかったので、そのお話を聞いたときは目からうろこでした。

最後に、球団経営に関する質問もできました。
やはり球団経営で黒字化を目指すのは難しく、広告宣伝やCSR的な側面が強いことがわかりました。
球団経営の資産価値はどの程度なのか計算してみたいです。

今回の企業訪問を通して、改めて自分たちのやっている勉強の重要性を感じ取ることが出来ました。
また、教科書だけでは学ぶことの出来ない企業の姿を垣間見ることができ、貴重な経験となりました。
このような機会を設けていただき、ありがとうございました。



1 CommentsPosted in ウド

机の上では学べない貴重な経験【西】

12 19, 2014
水曜日に小林製薬へ、そして今日は日本ハムへ企業訪問しました。

まず今週の企業訪問を通して感じたのは自分達が今まで学んできて、コーポレートファイナンスの理論では学術的にこう論じられているからと言って実務でも当てはまるとは限らないことです。
個が集合して全体となりその全体の傾向を統計学的に分析し、実証していくことを僕たちは今に至るまでやってきました。
統計学的に検証して、有意な結果が出た!だからと言ってその該当企業が全て実証した理由で、そのような傾向にあるというわけではない。企業ひとつひとつとってもこだわりがあり、特徴的なものがある。企業にも個性がある。企業のことを「法人」という表現を使うように日本の経済に影響を及ぼす実態であって、個人の集いが単に法人と名付けられたものではないのだとおもいました。
もちろん、統計学的に分析し、どんなことが言えるのかを実証することも大切ですが、理論では言い表すことの出来ない領域が実際の現場にはあるということを学びました。

また、常に問題意識を持ち、今後の会社の進むべき姿というビッグピクチャーを持って仕事をしていることを対話の中で感じることが出来たのは非常に刺激的でした。自分の信念をしっかりと持ち現状をしっかりと把握することで将来進むべき道というのをみんなに誇らしく伝えることの出来る社会人になりたいなと思いました。そのためにはやはり自分の会社がどういう状況なのか、またどのような企業文化を形成してきたのかをしっかりと社会人になって学んでいかなければならないと思います。ただ、上から言われたことを何も自分で考えずこなすだけではダメなんだ。先生がよく話してくれるレイバーとプレイヤーの話を再度なるほどなーそういうことかと実感できました。

なんか少し、社会人になって働くことにモチベーションが上がりました。どんな仕事でも常に問題意識を持って考えて行動することを忘れず継続することでどんどん偉くなって将来的には経営企画室やIR担当者のような影響力の強い仕事が出来たら良いなという大きな目標ができました。(大胆発言)

とても実りある1週間でした!

クリスマスパーティー【蔵下】

12 19, 2014
昨日は毎年恒例の宮川ゼミクリスマスパーティーでした。

まずはDC班が作成してくれた1年を振り返るオープニングムービーを見ました。
映像で1年を振り返ると、今年も充実していたなあと改めて思いました。
選曲もかっこよかったですね!

次は流行語と事件簿の発表でした。
今年も様々な名言(謎言?)がノミネートされていましたが、大賞を受賞したのはるみでした!
るみ、おめでとう!笑
私の論文のテーマからも「女性の社会進出」という言葉をノミネートしてもらっていて、興味を持って聞いてくれていた人がいるのかなあと思うと嬉しくなりました(^^♪
名言集の中ではスギちゃん特集が組まれていましたが、その後の宮川先生のスギちゃんの真似がどれも特徴をしっかりとらえていて、すごく似ていました(笑)

事件簿では夏合宿での出来事もいくつか入っていました(^◇^)
やっぱりさきほがバナナボート乗り場で引率の先生に間違われてしまった事件は何度思い返しても笑っちゃいます(笑)
ちいちゃんにはこれからは貰ったものは是非大切にしてもらいたいですね!笑

事件簿発表後には我らが3期生ゼミ幹こーたのお誕生日を一足お先にお祝いしました。
こーたおめでとう(^_-)-☆!

そして、その後は新しいプログラムのビンゴ大会でした。
私はビンゴは完成させれなかったのですが、おいしいお菓子をいただけたので大満足でした(^^)/
ばたこは今大人気の妖怪ウォッチのお皿と妖怪たちと踊る権利をゲットしていてすごく羨ましかったですね~(笑)

あっという間に2時間は過ぎてしまい、宮川ゼミテーマ曲の「負けないで」をみんなで大合唱し、会は幕を閉じました。

その後は二次会ということでカラオケへ!
クリスマスシーズンということもあり、クリスマスの曲や冬っぽい曲をたくさん聞けました♪
やっぱりぱやぱやは圧巻のパフォーマンスでした!
宮川先生の歌声も隣の席でしっかり聞かせて頂けました(^^♪
あ、うどちゃん、よそみん、じらの宮川ゼミBIG3の歌声もしっかり聞けましたね!
あとはヤギちゃんのone directionもすごかったです!
こちらもあっという間の2時間で、大変楽しい時間を過ごすことができました。

企業分析やCORE論文が忙しい中、各班協力して楽しい1日を作ってくれた4期生本当にありがとうございました!

小林製薬訪問&火曜会【竹内】

12 18, 2014
昨日、4期生は爆弾低気圧によって本当に12月かと疑いたくなるような寒さの中、夕方から小林製薬本社を訪問しました。
たくさんのビルが立ち並ぶ中、ひときわ目を引くスケルトンのオシャレな建物が小林製薬の本社でした。
小林製薬分析チームとしてこの夏からずっと見続けてきた企業を実際に訪問するというのは、非常に感慨深かったです。しかもスケルトン。西がやたらはしゃいでいました。

本社に到着すると受付を済ませ、ずらりと並ぶ小林製薬の製品に目を奪われつつ応接室に案内されました。
対応をしてくださった小田桐さんと木村さんはとても気さくな方で、最初に説明を聞いているとき私は緊張していたのですが、合間合間に小田桐さんが挟まれる冗談でいつの間にか緊張も解けていました。
それから私たちのプレゼンを聞いていただきました。
良かったところ悪かったところを指摘していただいたのですが、学術的に考えるファミリー企業と、企業の人たちが考えるファミリー企業の間には認識の差があることがわかり、今後の研究課題としてもっと詳しく検討する必要があると感じました。

分析をしながらずっと疑問に抱き続けていたことを小林製薬の方に直接ぶつけることで、予想していなかった答えが返ってきてそこからまた新たな疑問が生まれるなど、私たち学生にとっては非常に有意義な時間でした。
年末のお忙しいところ、我々のために時間を割いてくださって本当にありがとうございました。
ただ一つ、なぜ本社を東京に置き続けているのかという質問をし忘れたことだけが悔しいです(笑)

小林製薬を訪問した後は、うめだ火曜会に参加させていただきました。
「今後のIR活動の課題とあるべきIR担当者」というテーマでお話を聞きました。
IR担当者の方にとって2014年節目の年で今後IRの重要性が高まっていくことが予想される中、今のままではいけないという問題意識を持っていらっしゃるというお話でした。
私個人としては、ROEの数値に企業の人は苦労していることなど普段はなかなか聞くことができない話にとても興味を持ちました。

企業訪問に続き火曜会でも、現場の人たちの意識や考えていること、問題意識など、外部にいる立場ではあまり聞くことができない話を数多く聞くことが出来て本当に良かったと思います。

情報の非対称性を緩和するために企業にインタビューをするって、すごく楽しいかも…なんて思ったりしました(笑)

次はウラ難波行きたいです。【ヅメ】

12 17, 2014
金曜日にCORE論文の提出を終え、日曜日は先生と西、なしこ、橋詰、ひつじ君で焼肉食べ放題に行ってきました。
焼肉からブログ更新にタイムラグがあるのはたぶん妖怪のせい、そう、ジラニャンのせいです。

焼肉を食べながらいろいろ話をしました。
大学院とビジネススクールの違いや、CORE執筆中の思い出話、4期生の就活の話、節々に時代を感じる先生の学生時代の話、%の裏に隠された数字のマジックの話やなしこが誰と結婚するかなど、真面目な話からゆるーい話まで多岐にわたりました。
こんなにも話に緩急ある飲み会はなかなかありません!
COREから解放されたこともあって凄く楽しい時間を過ごしました。
次はウラ難波か北新地探検しましょう。
大阪探検隊結成です。

そして明日はついに小林製薬へ訪問します。
9月からずっと分析をしてきた小林製薬だからこそ、思い入れも深く今から楽しみでなりません。
分析した企業に実際に行ける機会は貴重なものだと思うので、遠慮することなく気になることを全てぶつけてきたいと思います。

そのためにも今から発表の練習頑張ります!
明日は橋詰噛みません。
短いですが今日はここまで。

ハロー【川畑】

12 16, 2014
こんばんは、川畑です。

本日は、非常に興味深い話を聞いたので、ブログに書きたいと思います。
興味深い話とは、証券市場論で宮川先生がお話をされていた「ハロー効果」です。

「ハロー効果」のハローは”halo”であり、haloとは「後光が差す」の後光のことをいうので、後光効果、光背効果とも呼ばれるそうです。後光とは、その人から発せられる特徴(イメージ)のようなものです。
人は、ある対象を評価するときに、その対象の持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められることがあり、この現象を「ハロー効果」といいます。すなわち、一種の認知バイアスです。

先生のお知り合いの方は、毎日コンビニの店員さんに挨拶をしていたことで、信頼されて新たな取引先となったということもお話されていました。挨拶を毎日しているだけでも、この人は信頼できそうな人だなとか、きちんとした身なりでいることも、その人のイメージを形成することになり、これがハロー効果をもたらすのです。普段、何気なくとっている行動が、その人のイメージに繋がっていくということですね。

このように、ハロー効果とは一般的にはポジティブな方向への歪みのことをいうそうですが、反対にネガティブな方向へのハロー効果も存在するそうです。自分自身、ポジティブなハロー効果をもたらすことができているかどうかを考えさせられました。

皆さんも、普段の行動がポジティブなハロー効果をもたらしているかどうかを是非考えて行動してみてください。

1年って早いですね!【川畑】

12 15, 2014
こんばんは、3期生の川畑です。

今年も残りわずかになりましたね。思い返してみれば去年の今頃は就活が始まり、よしやってやるぞと意気込んでいました。今年も高原記念館で企業セミナーが始まっているのを見ると、1年はあっという間だなと思います。

4期生は先日、CORE論文の提出を終えて、少し落ち着いた頃でしょうか。とにかくCORE論文お疲れ様でした。3期生は僕もそうですが、毎日卒論に励んでいることでしょう。先日までなかなか進まなかった僕の卒論もようやく光が見えてきました。とにかく良い論文になるように頑張りたいと思います。


そういえば先日、コータとウドと僕でグランフロント大阪の「世界のワイン博物館」に行ってきました。世界のワイン工場というだけあって、世界各国のワインがありましたが、結構値段もするもので、結局1番安いボトルワインを頼みました(笑)。
そして、ワインを飲みながら、将来は高級なワインを飲めるようになりたいなと話しながらちょっとお高い料理に舌鼓を打ってきました。
しかし、ワインはなかなか酔いますね。皆酔っぱらっていました(笑)

世界のワイン工場にて

こうして後輩と飲む機会もあまりないので、貴重な経験になりました。年末は一緒に温泉に行く約束もしたので、今から楽しみです。


ここ最近は非常に寒くなり、体調を崩しやすくなっていますが、体調管理に気を付けて、今年やり残すことの無いよう楽しい毎日を送りましょう!

肉肉肉【西】

12 14, 2014

焼肉屋に行ったぞ!!!
家路がこんなにしんどいんかってくらい飲んで食べたぞ!
今日の焼肉屋でのまとめ
・先生の思ひでぽろぽろ話は時代を感じた
・なしこはIBでもやってけるらしい
・橋詰はなぜだか先生に好印象
・店員さんが粗相祭り
・杏仁がまずかった
・やぎちゃん今日いたっけ?笑


呉服屋の娘さんの話はとにかく泣けた。

他にもなんかもっとあったはず、でもお腹いっぱいで頭が回りません。誰か代わりに書いて!
まぁなにより楽しかったから良いのです笑

目指せ、フォントマスター 【松本】

12 13, 2014
おはようございます。
最近あだ名がウッディーに変化しつつあるウドです。

昨日ついにコア論文提出できました。まだ実感は湧きませんが。。
日ハム、小林両班ダブル受賞したいですね!

思えばこの三ヶ月、がむしゃらに駆け抜けた毎日でした。
日ハム班は、何度も夜遅くまで集まりました。
論文に関することから政治のことまで、色々とメンバーとじっくり議論したのは本当に楽しかったです。
ジラとは、じっくり社会問題や政治について語りたいです。笑

先生には、たくさんのアドバイスをいただきました。
三商討論会前のプレゼン練習の際、僕たちが凹んだ時には優しく気遣ってくれたこと感謝しています。
褒め上手な先生のおかげで、以前より自分に自信が持てるようになりました。

先輩、小林班のみんなには、文章校正を手伝ってもらいました。
自分たちでは気付かなかったミスがたくさんあり、とても助かりました。
特に小林班のみんなとは、何回も読み合わせを一緒にしましたね。
ありがとう!

メンバー一人一人に得意分野があって、とても刺激になりました。
僕もフォントマスターになりたいな!笑

まだまだイベント目白押しなので、気を抜かず、楽しくコミットしていきます。
4 CommentsPosted in ウド

どうして CO んなにう RE しいんだ?【渡辺】

12 12, 2014

妖怪のせいなのね~そうなのね!

そんな訳ありません、COREを提出してきたからです。
こんにちは、日本ハム分析チーム渡辺ことジラニャンです。

今日、4期生はCOREを提出してきました!
企業分析からと考えると、夏休みからコツコツ、いやゴリゴリ?やってきたわけですね~
振り返るといろんなことがありました。
手計算でバリュエーションをやったり、ラーコモとFQをマラソンしたり、イベントスタディに泣いたり、修正の鬼になったり、八木をいじめたり、ほそみをどついたり、ウドをたこしゅうに連れて行こうと画策したり…とにかく思い出がいっぱいです。
不思議なことに、しんどいことも沢山あったはずなのですが、思い出されるのは楽しい思い出ばかりです。なんか調子いいですね(笑)

企業分析やCOREを通して、自分も含め、みんな成長したなーと感じます。
何様だよって感じの感想ですが、飛んでくる指摘がだんだん鋭くなっていったり、出てくるアイデアが秀逸なものになっていっていました。おそるべし宮川ゼミカリキュラム。まあ僕のアイデアは大概ポンコツだったんですけども(笑)

なによりみんなと仲良くなれたのが嬉しかったですね。いつの間にか忌憚のない意見が交換できるようになっていました。
みんなで何か一つのことに取り組む、そして成し遂げることはなんと気持ちのいいことでしょうか。
チームのみんなはもちろん、小林製薬分析チームもライバルとして助けてもらいました。
バドミントンでもそうですが、やっぱり目標やライバルがいたほうが大きく成長できます。
小林チームのレポートや論文は毎回カッコよくできていたので、それに負けじと頑張っていました。

そして多くの人の協力なしには論文は完成しませんでした。
ゼミ後も残って意見を下さった3期生のみなさん、提出前日に原稿をボロクソにいってくれやがった小林チームのみんな、昨日もなんかよくわからんテンションで校生してて心配させてくれたチームのみんな、そして厳しくも愛のある指導をしてくださった宮川先生。本当にありがとうございました。

あ~、昨日もみんなで合宿していたので眠いです(笑)
今日は提出した瞬間に気絶するだろうなと思っていましたがなんとか無事でした。今から選挙の手続きに行ってきます。
実はまだイベントは目白押しで特に一息ついた感覚はないのですが(笑)、みなさんお疲れ様でした!
3 CommentsPosted in じら

男女の行動の違い?【蔵下】

12 12, 2014
ああでもない、こうでもないと卒論と向き合っているうちに、2014年のゼミも残すところあと1回ですね!
最近の進捗状況というと、論文の大きな流れは大体自分の中でまとまったので、それを文章にしていっているところです。
しかし、実際に文章にしてみると自分の考えの詰めの甘さに気付いたり、
先生やゼミ生に文章を見てもらうと自分の説明が全然足りていないことに気付いたり、、
なかなか大変なことではありますが、2万字もの文章を書く機会はなかなかないと思うので、自分を鍛えるいい機会だと思ってあと2か月ほどじっくり向き合ってみます(^^)

そして、今日は先生がテーマに関係あるのでは?と教えてくださった12月10日の日経新聞朝刊のある記事を読んだので、その感想をちょっとつらつらと書いてみようと思います。
その記事とは「男女の行動の違い」について一橋大学の竹内准教授が書かれたものでした。
記事には、女性は男性と比較して交渉を避ける傾向があり、あるアメリカのデータではその交渉を避けるかどうかの差が大学卒業後の給与格差につながってしまったという結論を下している、ということが書かれていました。
女性が男性と比較して交渉を避ける傾向がある背景として、交渉する女性は「強い」女性であるとみなされ、その「強い」女性を否定的にみるジェンダー規範が根強く存在し、それが女性を交渉から遠ざけているという考えもある、とのことでした。

この理由を見て私は疑問を抱きました。
そもそも交渉する女性が「強い」のでしょうか?
確かに交渉する勇気を持っているという点では「強い」とみなされるかもしれませんが、交渉の仕方や周囲の女性に対する考え方で「交渉する女性=強い」というイメージは変わってくるのではないかと思います。
もしも交渉する女性は強い、というイメージを持っている人が多いのであれば、その人たちの根底には「女性らしさとはおしとやかでいること」とか「女性は男性をサポートする存在」という考えがあるような気がします。
もちろん女性自身が女性という立場に甘えず、努力し続けることが前提にあるとは思いますが、「女性は女性自身の観点から物事を考えることができる」とか「もはや女性が男性のサポートなんて考えは古い!」とかそんな風に女性のことを捉える人々に囲まれると女性の交渉のしにくさはなくなるんではないかなと思います。

やはり女性が今後も活躍していくためには女性自身の努力と周囲の理解双方が必要であると感じました。
なんだかまだまだ女性に関する面白い記事もありそうですね!
また見つけた方がいらっしゃったらぜひ教えてください(^^)

愛ある株主優待【西】

12 11, 2014
さぁ締め切りまで後2日!
CORE論文も大詰めです。

このまま冬休みになって欲しいなと叶わぬ夢を見ているにっしゃんです。

今日のランチョンでの株主優待の話とても興味深かったです。

株主優待として、その自社の製品を株主に贈ることは個人株主にとっては良いことだと思います。
特に自分の好きな物が届くのは本当に嬉しいものです。僕はやっぱジョジョのフィギュアが株主優待で届くと絶対そこに投資しちゃいますね笑
株を長期保有してもらうためにとか外国人株主的には配当として出した方が良いだの色々と言われました、もちろんそのことも大事やと思います。

でも、やっぱ好きな物にはなんかバカがつくほど無心になってしまうのでは無いかと思います。これは本当に個人的な意見であり、ロジックを無視したものですけどね笑
そうやってその製品が好きな人の心をガッツリ掴んで離さないそんな魅力が株主数優待にはあると思います。
こうファンの心を掴んで離さないような戦略に舵を取れるような経営者好きですね!

はい、ツッコミどころ満載の今回のランチョンでの株主優待に関しての感想でした。ツッコミはコメントでお願いしますm(__)m

気づけば12月!【細見】

12 04, 2014
おはようございます!
急に寒くなってついに昨日今季初暖房をつけてしまいました。
気づけばもう12月なんですね!
それは寒いはずだと納得している細見です。

時が経つのは早いもので宮川先生のゼミに入って1年が経ちました。
この一年でほんとに様々なことを学んだと改めて実感しています。
ファイナンスの知識も統計の知識も全くなかった自分が本当に企業分析から
実証研究をしているなんて信じられないです。
CORE論文の締め切りまであと少しゴリゴリで頑張ります!!

昨日はチームで集まった後、ラーコモに残っていた他のゼミの人とCOREについて話していました。
1回生のプロゼミで一緒の班になった友達だったので、こうやってまたラーコモで話し合うのはなんだかとっても懐かしかったです。
ファイナンスとは違う分野の研究で刺激になるとともに自分も負けてられないなと思う次第でした。
そこで考えたことは、卒論のテーマとしてファイナンスと他の分野を融合したなにか研究ができないかなということです。
まだ全然思いつかないですが、これからの生活の中でそういったことを考えながらヒントが得られたらなと考えています。
来年どんな卒論を書いているかまだ想像できないですが、去年一年後の自分を想像できなかったように、
来年ひとまわりもふたまわりも成長していますように!!!!

最近感じることはできるようになったと勘違いしていることが多いということです。
回帰分析もエクセルで計算できるようになった!結果の読み取り方もなんとなくわかってきたぞ!と思っていました。
しかし、基本統計量を見るとデータをまだまだ大切にしていないという指摘を受け、わかったつもりだったんだなと痛感しました。
パソコンのおかげで簡単に計算できるのですが、その一方で考えることをやめてしまっていたんじゃないかなと感じました。
便利になることと考えを辞めることは実はとても近くにあると実感しました。

修正の鬼!【渡辺】

12 04, 2014
おいっすおはようございます!
最近夜型の生活が続いていたので、朝型の生活にシフトさせてます。
早起きっていいですね。雨降ってますけど。

イベント報告にも書かせてもらいましたが、4期生は三商が終わりました!
日ハムチームは修正に次ぐ修正を繰り返したものの、なんとかいいものに仕上がって発表できました。
途中泣かされたこともありましたが今ではいい思い出です。

そしてCOREを本格的に執筆開始であります。
日ハムチームは昨日から早速、先生にアドバイスをもらってガンガン修正していってます。三商の準備といい、もう修正するのが得意技です。修正の鬼です。

昨日はCOREの修正もしていましたが、最後の辺は八木ちゃんと二人きりになったのでいろいろと喋っていました。
宮川ゼミに入った理由、就活の意気込み、体育会とサークルは何が違うのか、なぜ八木ちゃんは暗いのか、なぜ八木ちゃんに彼女はできないのか。
踏み込んだ話ができるのも仲良くなった証拠ですね。八木ちゃんにはどうやら最初はよく思われてなかったようですが(笑)
ゼミに入ったばかりのころの話も懐かしくて楽しかったですねー。

それと、みんなで話し合いをしているときにいかにわかりやすく相手に意見を伝えるかって、難しいなって話にもなりました。日本語をしゃべっているので一応理解は出来るのですが、こっちが理解してもらいたいようには理解してもらえないということです。
小さな理解の食い違いがもどかしくて、工夫して言葉を尽くさないとなかなかわかってもらえません。
まだまだコミュニケーションの力が足りません。
まあ結局何が言いたいかというと、八木ちゃんが暗いというのも八木ちゃんという人間に対する理解の食い違いからです。みなさん気をつけましょう(笑)

なんて話をしておらずにCORE頑張ります、ハイ。
4 CommentsPosted in じら

ファミリー企業が自由度が高いって実証中ですが【西】

12 04, 2014
はい絶賛CORE論文執筆中です、小林チームのビックフェイスことにっしゃんです!

CORE論文で研究として扱っているのは、ファミリー企業は所有者と経営者の利害が一致してるということに基づき経営者に対する規律がそこまで為されず自由な経営が出来ると配当の面や現金保有の面で実証しているのですが、純粋に考えて配当がその経営者一族の肥やしになってる企業もあるというのも事実ではあります。そりゃ自分たちで財団作ったりして資産を運用するなって分かりますよ!

そこで、改めて疑問に思うのが配当についてです。MM理論に基づけば、資本構成の変化は何ら企業価値に影響を与えない(←当ってる?間違ってたらコメントください笑)ということなのになぜ企業は配当を出すのか?
情報の非対称性があるからと言いますが、それでも配当って出す意味があるんですかね?

僕は必要ないと考えます!(言い切って大丈夫か?)

なぜなら、配当って利益を株主に還元するということは自分たちのお金が配分されるということでは無いかと考えます。企業が次なる投資先がなく、配当として回してるってことが考えられますよね?
そんなことするなら投資先を見つけてもっとキャッシュを生み出してくれ!僕が投資家ならそう考えますな。
インカムゲインなんてチンケなものだと思うんですよ。個人投資家などの少し投資してる人からしたらおさら!それなら配当なんていらないからもっと企業価値を高めるための行動にキャッシュをつぎこんで欲しいです。やっぱキャピタルゲインで多いに儲けるのが好きです笑
特に今はニーサというサービス、(野村証券のコマーシャルが特徴的でオーロラとか見に行けるぜって夢のある宣伝してますね)小口での個人の投資も増えてます。そういう小口の投資が増えて株主の数が増えれば増えるほど大きくキャピタルゲインする方が魅力的じゃないんでしょうか?

今はCORE論文に向けて自分たちの仮説が正しいと信じて執筆してますが、やはりこう調べていく中でも疑問に思うことがありますね。進捗の報告ばかりだったので一度落ち着いたら大いにこのことについても議論したいですね!


ちなみにCORE論文の提出までは後8日程です。
ホンマにゴリゴリにやらなあかんで


最近考えたことをつらつらと【竹内】

12 04, 2014
12月に入って突然寒くなりましたね。
四季の中では冬が一番好きなものの、お布団から出られなくなるのだけはどうにかならないでしょうか。
週3で1限があるので憂鬱ななしこです。
タイトルにもあるように、最近考えていることをつらつらと吐き出そうと思います。

まずはDCF法は正しくない?ということについて。
将来獲得するキャッシュフローを資本コストで割ることで割引現在価値を算出する方法を初めて知った時、「何で曖昧なものだけを使って計算するんだろう?」と疑問に思う一方で、「まあ、こういうものなんだろうな」と思考を停止させました。
先日、三商大討論会の後で石川先生と話している時に、会計の世界ではDCF法は使わないということをお聞きしました。
自分たちなりに経営者の気持ちを考えて数値に反映するような予想FCFを出したのですが、それでは全く足りていない、もっと良い方法があると言われました。(お酒が入っていたのでうろ覚えですが…)
完全に思考が停止していた私にとってはすさまじい衝撃で、ジラ的に言えば「まじかよ!ふざけんなよ!」です。
数字に思いを託したはずだったのにまだ伝わっていない部分があるなんて、面白くないですか?
DCF法に関する論文はたくさんあるそうなので、とりあえず冬休みに入ったらいくつか漁ってみて、自分なりの正解を出してみようと思っています。
DCFショックは長引きそうな予感…。

次に就活について。
12月ということで、高原記念館で毎日様々な企業の説明会が行われています。
インターンにも行かず、就活の類を一切してこなかった私ですが、いよいよ12月。
説明会に参加しようとは思っているのですが、たくさんの企業が日替わりで来るので、一体どこに行けば良いものかわからず、高原記念館の前から中の様子を窺う日々です。
何となく金融業界にいきたいとは思っているのですが、本当にそれでいいのか、製造業のことは調べなくていいのか、など自問自答が続きます。
西が就活についての自分の状況を教えてくれるのは嬉しいのですが少し焦るので、出来れば3回に1回の報告でお願いします(笑)

最後は伝えるということについて。
言い方がキツイと自覚している私ですが普段はこれでも、これでも一生懸命言葉を選んで人と話をしています。
それでも小林チームで作業をしている時は意識がよそにあるのか、ついついキツイ言葉で話してしまいます…。
三商大討論会でたくさんの人の話し方を聞いて、言葉の選び方や話す順番などが如何に大切かを改めて学んだので、チームのみなさんどうかお許しください。気を付けます。
またCORE論文の〆切が近いのですが、伝えたいことは何となくあるのになかなか文章に出来ずもやもやしています。
自分たちの問題意識はこれなんだよ!と言うだけなのに、何と難しいことか。
土曜日がチームの〆切なのでそれまで頭を捻りまくろうと思います。

以上、私が最近考えていることでした。

楽しい時間が過ぎるのは早い【杉山】

12 01, 2014
今日は三商大討論会でした!感想はタイトルにもあるようにあっという間の時間でとても楽しかったです。各ゼミのいろいろな意見や視点から分析を行っている発表を聞くと、とても新鮮で、「どう思ってはるんやろか?」と自然に感じました!そうは言うものの、じらが「5つ質問があります!」と言ったときは多いなぁと思ったのですが、それだけ気になる点も多いということですし、僕ももっと頭を働かせなければ。

また、思いがけず8号館のトイレで夏のインターン先で一緒だった友達とばったり会ったりもしました!他大学と交流する場はこういううれしいハプニングもあるのですね…

僕個人としては、先週のゼミではすごく緊張してしまい失敗してしまったので、今日も心配でしたが、本番ではリラックスしてマイクを受け取ることができました。といいつつも、手に力が入りすぎて変なボタンを押してスライドが消えたり、のどから変な音を出してしまいましたが(笑)すぐに緊張してしまう小物感をなんとかしたいものです…

合同打ち上げではいろんなゼミの人たちとわいわい。なによりも他のゼミの人のユーモアセンスがすごすぎてずっと笑っていました!ジーニアスな笑いを誘える人って本当にすごいですね…。

三商大討論会も終えて、残るはCORE論文のみ…。少しさみしさも感じますが、そんなことを考えるより前に自分のできることを一つ一つ頑張りたいと思います。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ