FC2ブログ

日米の就職活動の違い【西】

05 14, 2015

昨日、先生とスカイプしていて、先生がシアトルで知り合ったお友達と日本とアメリカの就職活動の違いについて議論したというお話を聞きました。

どうやら、アメリカでは4クオーターという学期の区別があって、自分のタイミングで入学して、自分のタイミングで就職活動をして就職するとのこと。
日本とは違って年間通してアメリカは採用活動をしているみたいですね。その点日本では採用活動期間があって、そこで新卒採用を採るということで、日本の方が人材獲得の方法としては効率的かもしれませんね。

そこで、話してくれたのが日本人はどうして報酬もそこまで変わらないのに大企業志向なのかと言うこと。

確かに、言われてみればそうですね。
一定のレベルであれば報酬にそこまでの大差は無いよなーと僕も改めて思いました。

そこで思ったのが、日本の就職活動って良くネットだとか雑誌だとかに「就職偏差値ランキング」とか、「モテる企業ランキング」とかって何かしらランキングにするのが好きで、僕たちもそんな情報に影響されちゃってるよなと感じました。
ここの企業に行けばモテるのかー!とか、ここの企業に行けばかっこいいだろうなという、情報を刷り込まれてしまっているのだと思いますね笑
これぞ、いつか先生が言うてたハロー効果ってやつですかね笑

そういうお前はどうなんだってところなんですけど...

はい、もちろんそんな情報にも影響されてしまってますよ笑

また、先生にバカだなーと言われちゃいますが、そういう時にこそ師匠である先生に正直に言ってありがたい言葉を聞きます。結構そのおかげで、他の人よりは惑わされなくなってるかな?

いや、でもまだまだ未熟なんだろうな笑

そんなこと考えながら1日ゴロゴロしてた平日でした笑

ゼミ生のみんなはどうなんかな?








スポンサーサイト

折鶴【渡辺】

05 01, 2015
先生のコラムのシーズン3が公開されていますが、向こうの大学のキャンパスは緑に囲まれていて雄大で、クラシックな建物が並んでいてとても魅力的なキャンパスだと感じました。
日本の大学とはかなり違う雰囲気を感じましたが、どうしてこんなにも違うのでしょうか。これも文化の違いやお国柄なのでしょうか。理由はよくわかりません。
ただ、一度行ってみたいという気持ちに駆られています。
あんなところで勉強できたら、さぞ気持ちよくできる気がします!そして優等生の気分に浸れることでしょう(笑)
先生は散歩しているだけで楽しげですが、あんな国立公園のような敷地を練り歩いてみたいものです。

先生の向こうの住まいに関してですが、部屋はいちいち広く、映画に出てきそうな優雅なものでした。
中でも暖炉が備え付けられていたのには驚きました。
僕の親戚にもログハウス風の家に暖炉を備えている家に住んでいる方がいますが、そのようなものがある生活に憧れていたので、それが標準装備のアメリカに住むのも悪くないなと考えてしまいました(笑)

先生の家の大家さんはPamさんんという方らしいですが、その「おもてなし」の精神に度肝を抜かれました!
家の中に注意書きを施していてくれたり、日本人が住むということで折鶴を用意していてくれたりと、まさに高級ホテルのようなおもてなしですね。
あの方がいれば、先生のアメリカでの生活も安心ですね!

折鶴といえば僕も、先日就活でとある駅のホームで佇んでいた時に、お母さんに連れられている男の子と女の子の兄妹に出会いました。
その子たちは人懐っこく、僕にしつように絡んできて、しばらくおしゃべりしていました(笑)
ちなみに年齢を当てるゲームを勝手に始められて、お兄ちゃんの方に「おじちゃんは29歳!」と言われたのにはいささかショックでした…(そのあとお母さんに「お兄ちゃんでしょ!」と怒られていましたが(笑) 妹さんの方はなんと21歳と当ててくれました)
その親子と一緒に電車に乗りましたが、途中の駅でその親子は僕より一足早く降りていきました。
しかし降りる間際に、さきほど僕をおじちゃん呼ばわりした男の子が「これあげる!」と折鶴をくれたのです!
まさかのプレゼントが嬉しく、その折鶴は僕の家の本棚の上に飾ってあります。
かなり不格好な鶴ですが、見るたびに微笑ましい気分になります。

コラムに折鶴の話があったのを思い出して書いてみました。
ありがとう、おじちゃん勉強に部活に就活にと頑張るよ。

1430449077242.jpg
2 CommentsPosted in じら
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ