FC2ブログ

昨日のランチ【横山】

03 24, 2016
こんばんは。
昨日も玉の湯で先生にお会いした、5期生のよこちんです!
まずは、4期生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!本当に大好きで憧れの先輩方です!
まだまだ一緒に宮川ゼミで学びたかった。まだまだ近くで学びたかった。もっと遊びにも行きたかった。
宮門会で成長した5期生を楽しみにしていてくださいね!
さて、本題に入りますが、昨日は4期生のなしこさん、すぎさん、やぎさんと5期生のやなぎーとよこちんで研究室でランチを食べました。卒業された先輩と先生とまだこんな風にランチを食べることができて、4期生がいなくなる実感が湧きません!
いつものように楽しくお話していたら、だらだらと3時頃になってしまったそのとき、研究室に現3年生の就活をしている方が、先生にESを添削してもらうために訪れました。
ESを読んだ先生から次々とアドバイスが送られ、ありきたりだったESがみるみるうちに、その就活生の魅力が詰まった内容へと変わっていくではありませんか!
僕は衝撃をうけました。
文章の流れや、言葉の選び方、その場面が具体的に想像できるようなエピソードの書き方など、アドバイスを受けるたびに、就活生の硬さが取れ、ESがよくなるのが感じられました。
そのアドバイスの中で特に印象に残ったのが、「ESは会いたいと思わせることを書きなさい」という言葉です。
非常に勉強になりました。同時に先生から学べることがとても楽しかったです!
そしてその就活生が、「宮川ゼミなら、もっと教えてもらえたのになぁ。」とおっしゃっていたのを聞いて、入りたくても入れなかった人がいることに、はっとしました。
これからどんどんぶつかっていきますよー!先生、よろしくお願いします!
そして僕らが就活しているときは、先輩がいないと思うと、少し不安な気持ちもありますが、先生だけでなく、4期生のみなさんにもどんどん相談させていただきますので覚悟しててください!笑
宮川ゼミに入ってよかったと実感した1日でした。
スポンサーサイト

僕の大切な"描写力"【渡辺】

03 17, 2016
4期生は今年に入ってからはプレゼンや発表を行ってきましたが、その中で自分の考えを表明したり、コメントをしたりすることが楽しくなっていることを感じます。
もともとは、自分は発言やコメントにおいて苦手意識を持っていました。なぜかというと、自分の中の言いたいことをそのまま上手に言葉にすることができなかったからです。
自分の中には確かに明確に感じている気持ちや、言葉にして伝えたい思いがあるのに、それを言葉にするとなるとまた別問題で、気持ちを言語化するまでの過程でモヤモヤしたフィルターのようなものにつかまって、なんだかうまく言葉にまとまらない、というような経験が誰しも一度はあると思います。ご多分に漏れず、僕もそうでした。

そんな僕が発表やコメントが楽しいと思えるようになったのは、大学生活の中のゼミや部活で、自分の考えをまとめて話すという経験を積んだからだと考えています。特にその中でも、部活のフェイスブックを更新したり、ゼミのブログを書いたり、それにコメントしたりと、文章を書くことが役に立った気がしています。
ブログを書いたり、コメントするときにはじっくりと自分の考えを言語化できますし、自分の本当に言いたいことに近づくまで何度も推敲することができるので、そのような濃密な言語化作業を何度も行うことによって、純粋に言いたいことを言語化し、またそれを相手に伝える"描写力"を養えたのではないでしょうか。
まさに文章が思考をドライブする、といえましょうか。

相手に自分の本当に伝えたいことをそのまま言えた時はとても気持ちよく、感動的です!
この気持ちを味わえば、発表やコメント、文章を書くのが楽しくなってきます。また、これは部活、ゼミ、授業、就活など、他人とのコミュニケーションをとる場面でも役に立ちます。僕はそう感じていますし、これから社会に出てからも重要な役割を果たしてくれるのではないかとワクワクしています。

5期生もこれから科学的思考を実践していくと思いますが、その時にうまく考えられるけれど、言葉としてまとまらないということがあるかもしれません。
そんな時は、描写力を鍛えましょう! じっくり文章を書いて、考えや気持ちをブログに書いて、たくさんコメントしましょう!
描写力が培われて、これからの発言やプレゼンがより楽しめると思います。
見ればわかるかと思いますが、僕は毎回とても楽しくプレゼンさせてもらっています。ちょっと楽しみすぎて、たまに的を外しているかもしれませんが…

それでは、どしどしコメント待ってま~す(笑)
5 CommentsPosted in じら

迫る五期生プレゼン大会【鮫島】

03 11, 2016
いよいよ明日(日付的には今日)五期生のクリティカルシンキングのプレゼン大会です。
あっという間にこの日が来てしまった気がします。

さてER班はというと、なんと今日の昼過ぎまでテーマが決まっていなかったという大事態!テーマ自体はみんなで考えて考えて、おそらくどの班よりも意見がでたと思うのですが、いざプレゼンにしようと思うとどれもうまくいきませんでした。

クリティカルシンキングってそもそも何なんだろう・・因果関係って何なんだ・・と思考が堂々巡りをし始め、何を考えても結論まで至らない期間が長く続きました。
そんなときはもう一度本を読み直し、クリティカルシンキングの活かし方を見つめ直しました。
先輩にアドバイスを頂きなんとか構想までは完成しました。


この一週間はとにかく頭をつかって悩みました。一つの事象の因果関係を詰めようと意見を出し合い、考え続けると、普段いかになんとなく意思決定をしていたかを思い知りました。
「MECEが作れない!」
「一応ピラミッドにしたけど、なんか違和感あるな・・」
これの繰り返し。因果関係に違和感があるけどもう妥協しちゃおうか・・と諦めかけた時も多かったです。

論を詰めるというのはこんなに大変で辛いものなのだなぁと実感しましたが、その分楽しかったです。
あと残すはスライドを作る作業のみです。おそらく、ここから新しくロジックの穴や間違いが浮き彫りになり、また考え直すことが増えそうです。プレゼン発表のその時まで粘ります!


このブログを書く時間でパワーポイントを作れ、と思う方もいらっしゃるかもしれません 笑
ですが、プレゼンが終わってからの感想ではなく、まさに追い詰められた今の気持ちを形に残しておきたいと思います。

本番はどんなプレゼンになるのか!?
最後の追い込み頑張ろう、ER班!

以上鮫島でした。
1 CommentsPosted in さめ

発見 【吉村】

03 07, 2016
こんばんは。
5期生の吉村です。

今日は5期生PA班で先生にプレゼンの質問をするためランチに行きました。

何日か前から3人で考えていた案を持っていったのですが…
私たちの案はひとことで言うと「うわべのプレゼン」であった、という印象でした。

先輩方のパワーポイントを見て
すごいなぁ、こんなクオリティまで完成できるのかなぁと思いながら案を出しました。
他の班のケーススタディや進み具合を聞いて、なんとか形にしないとと焦りました。

周りばかりを気にして
きれいなものに仕上げようとして

本から何を得たのか
みんなに何を伝えたいのか

根本を築くことができていませんでした。

今日のランチで先生から
今回のプレゼンの意味を聞きました。
4期生からは鋭いアドバイスをいただきました。

午後からPAで自分が伝えたいことが何か言い合いました。
同期のせらちゃんとさめちゃんにたくさんの意見をもらいました。

正直、大変でした。
こんなに頭を使ったのはいつぶりだろうという感覚です笑
でもそれ以上に楽しかった。

自分はまだまだ足りてないけど、
まだまだ頑張れるやん。

そう思えた、充実した一日でした。

プレゼンまで残りわずか
ラストスパート頑張ります


今日はみなさんありがとうございました!


沖縄旅行、そして民謡の破壊力【渡辺】

03 04, 2016
4期生は2月27日~29日で卒業旅行として沖縄に行って来ました!
沖縄ではメジャーどころの首里城や美ら海水族館、ひめゆりの塔などを巡り、沖縄観光を大いに満喫することができました。
大阪とはまた違う食文化で、沖縄ならではの料理をたくさん食べられたことも楽しいポイントです。
ソーキそばに至っては三日間で計5種も食べ比べ、心もお腹も大満足でありました!
(旅行について詳しくは、「イベント報告」の方をご覧くださいませ。)

しかし旅行の中で一番インパクトの強かったものは何かと言われると、やはり沖縄民謡のライブでしょう。
沖縄では民謡のライブハウスがあり、そこではステージの上で民謡の語り弾き(それも三線や太鼓など、普段あまり見ない楽器の組み合わせ)が展開され、それをお酒を飲みながら楽しめるというもの。
これを二日間に渡って楽しみました。これが盛り上がらないわけがありません!

一日目のライブでは、すでにお酒を飲んでテンションがマックスであった私たちは、陽気な音楽を奏でる奏者の求める合いの手にも全力で応え、ステージで踊る許可が出ると、ステージに全員で登り踊り明かしました。
その姿はまさに現地民さながらであったことでしょう。

その楽しさに味をしめた我々は、二日目には、有名な沖縄民謡ユニットのライブを見に行きました!
その音楽はさることながら、トークや演出、躍りもハイレベルで、私たちは気づけば手拍子をし、会場は異様な熱気に包まれていました。
ライブの後半では、いつの間にか幾人かのゼミ生は販売されていた特別Tシャツを購入して着こんでおり、ユニットのメンバーを名前を叫んだりするなど、すでに重度のファンと化していました…
恐るべし沖縄民謡の破壊力…
最後も観客みんなで踊りを踊り、大満足の内にライブは終了しました。

沖縄旅行の中ではたくさんの思い出ができましたが、お酒を飲みながら音楽を聴く、というような体験は初めてだったので、とても印象に残っており、楽しかったです!
また、この楽しさや盛り上がりは先生や4期生のみんながいてこそだとも思いました。
みんな、いいノリだったぜ!

このように、沖縄旅行はとても思い出深いものとなり、消えることのないものとして記憶に刻まれたことでしょう。
またこのTシャツを着ることがあれば、嬉しいですね。


3 CommentsPosted in じら
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ