FC2ブログ

大学生っぽい夏休み【イアン】

08 18, 2017
こんにちは、6期生のイアンです。

今は2017年8月18日16時23分。僕は一人で学情の4階にいて、KANA-BOONというバンドの「シルエット」の曲を聴きながら、この文章をパソコンで書いています。

今回は「夏休み」について書きたいと思います。

大学生としての3回目の夏休みは既に4分の1が経ちました。この2週間を振り返ってみれば、僕はすごい大学生っぽい夏休みを過ごしたな〜と思いました。しかし、そもそも「大学生っぽい夏休み」とは何か?「大学生っぽい」とは何か?

SNSのインスタグラムなどを見れば、ほとんどの友達が海に行ったり旅行に行ったりしている写真や動画をアップし、「リア充」な夏休みを送っていることが見られます。すごく楽しそうです。日本では大学生としての4年間が「人生の夏休み」だというのを聞いたことがあります。就職して社会人になったらそのような楽しいことがあまりできなくなるかららしいです。

正直、この考え方は今でも僕にはあまりわかりません。日本人ではないということもあるかもしれませんが、僕は逆の考え方を持っています。つまり、今楽しく過ごして後で苦しむ(適切な言葉かどうかわかりませんが)ではなく、今の若いうちにできるだけ努力して、後で楽しい社会人生活ができるようにすること、ということです。

ほとんどの人にとって「大学生っぽい」といえば、やはり海に行ったり朝までハッチャケてしたりすることが思い浮かべます。しかし、これを少し違う視点で考えたいと思います。

僕の今までの夏休みの2週間は、その8割がゼミ活動と一人で本を読んだり勉強したりすることで過ごしていました。8月上旬に期末試験が終わり、僕が携わった商学部のオープンキャンパス企画の運営の準備に追われながらも、ほとんどの時間はゼミ生と過ごして、企業分析やコア論文、日経ストックリーグの準備を進めています。

今年の4月、宮川先生の研究室に一人で訪問したことがあります。その時、僕は先生に「後期に授業があまり残っていませんが、何をすればいいですか?先生なら何をしますか?」という相談をしたところ、先生は「俺だったらもっと勉強するかな」という答えをいただきました。社会人になったら大学生のように勉強できる時間がないと、先生が確かおしゃっていました。

正直、この先生からのアドバイスは最初はあまりしっくりこなかったのですが、前期の4ヶ月間で輪講を読んだり色々と考えたりして、最近はやっと先生のその言葉がなんとなくしっくりきてて、勉強と学問の楽しさをなんとなく感じるようになりました(もちろんたかが学部生レベルのものだと思いますが)。フライングして夏休みから勉強することにしました。

一昨日はCoaseの企業(Firm)の必要性についての論文を読んでみました。
昨日はJensenの企業の目的についての論文を読んでみました。
今日はFamaの効率的市場仮説についての論文を読んでみました。

もちろん、ほぼ何もわかりませんでした。

これらの論文を理解するには、経済学や数学のかなりのレベルの知識が必要です。大学1年生の時にもっと経済学を真面目に勉強すればよかった、高校生の時にもっと数学を真面目に勉強すればよかった、と思ったのです。

でもなんとなく楽しいです。

いろいろな考え方もありますが、「大学生っぽい」というのは遊びで過ごすという考え方だけでなく、勉強で過ごすという考え方もあります。僕の大学生としての最初の2回目の夏休みは前者の方でしたが、今回の夏休みは後者で、その意味で僕は初めて大学生っぽい夏休みを過ごしています。それなりに楽しいです。(4回目の夏休みはたぶんまた前者の方に戻るかもしれませんが…)。

この投稿を読んでイアンは真面目すぎるな〜と思った方は、その通りです笑。

以上、6期生のイアンでした。
スポンサーサイト
1 CommentsPosted in ian

企業分析やってます【齋藤】

08 13, 2017

こんにちは、6期生せいやです。
今はお盆真っ只中、実家ではおそらく仏壇前に精霊馬をお供えして、迎え火の準備をしているところだと思います。

さて、企業分析を始めて一か月強経ちました。途中テスト期間を挟み一時中断していたものの、新明和班では順調に企業分析が進んでいます!今日は学情が休みで、僕の下宿で分析を進めています。狭い部屋に5人で快適とは言えませんが、というか正直ちょっとしんどいですが(笑)なんだかんだでちゃんと集中してやっています。
ちょうど千晴とばばちゃんが「ここのEBITが…」とか言ってます。まゆぴすとイアンはコポファを読みながら「流動資産が…」と議論しています。そして僕はブログ書いています。サボり休憩です。

この夏休みは企業分析のほかに、COREとストックリーグにも取り組む予定になっていて、サブゼミ盛り沢山な休みになります。
企業分析では理論を学び、議論し、実際のケースに当てはめて考えるというプロセスをみんなでやることが楽しくてハマっていますが、COREやストックリーグでもそれ以上に楽しさを見出していけそうな気がして楽しみです!

既に夏休みの4分の1が終わってしまったことに驚きましたが、まだまだ残り4分の3もあると考える事でポジティブ保っていきたいと思います!

それでは、6期生せいやでした。
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ