FC2ブログ

企業訪問 in 小林製薬【原田】

10 11, 2017
こんにちは!はらはるです!

今回はタイトルの通り、小林製薬に企業訪問してきました。

HPのイベント報告でちおちゃんが真面目な報告を行ってくれているはずなので、僕は「企業訪問で何があったか」というよりは、「企業訪問に向けて準備や、当日に僕が感じたこと」を中心に書こうと思います。


僕たちA.I Family(小林製薬チームのことです)は夏休みの2ヶ月間で小林製薬の財務レポートを作成していました。
またこの企業訪問用に質問もいくつか用意して行ったのですが、まずはじめに、これを準備するのが結構大変でした。

まず財務レポートを作る上で絶対に必要な質問をいくつかピックアップして、そこから次は何を質問しよっか、と考えた時に出てきたものがかなーりありきたりというか、財務諸表の値が大きく変化しているところの理由は?みたいな質問ばかりでした。


これについては、先生からもブログでアドバイスをいただいて、純粋な好奇心から聞きたいことをみんなで出し合いました。

僕はこの時に考えれば考えるほど、同じような質問ばっかりが頭に浮かんで大変でした。
頭をもっと柔らかくして、何でだろうと疑問に感じないとダメだなと思いました。

そんなこんなで、当日を迎えましたが、最後の飲み会で先生からいい質問並んでたねって言われたのが純粋に嬉しかったですね(笑)

次に当日のミーティングで感じたことは、用意して行った質問の答えが意外にも、理由はなくたまたまという答えにびっくりしました。

現金保有率が高くなっているのは、M &Aの準備では?とか予想して行った僕たちは、深読みのしすぎでした(笑)

他には、小林製薬のビジネスモデルのお話が印象的でした。

このように感じた理由は、迅速な意思決定やわかりやすさのマーケティングなど、他社とは違った強みを持っているという点が、現金保有額と関係しているということがお話のなかでわかったからです。

僕はあまりにも現金を多く持っていると、投資家には再投資先がないように見えるのではないかと思っていました。

しかし、小林製薬にような市場で多くのシェアを獲得してその市場を成長させるような戦略をもつ企業では、現金を多く持っている企業の方がシェアが高いようです。

現金保有率が高いことは、企業としてたまたま高くなったとしても、実に理にかなったものでした。
これにはすごく実務と理論のが繋がったようでワクワクしました!

僕はこの財務分析と企業訪問ではこんな風に感じていましたが、A.I Familyのみんなはどんな風に感じていたんでしょうか?
コメントで教えてくれると期待しています。

それでは長くなりましたがこの辺りで終わりたいと思います。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

ゼミ説明会![中尾]

10 03, 2017
今日からゼミ説明会が始まりました!
初めての説明会は30人以上2回生が来てくれました。

先生の説明を聞いていると、こんなに楽しいゼミってないやん!と思いました(笑)


去年この説明会を聞いてわくわくしていた時から、もう一年経ったんですなぁ

用語を使いこなし、企業を分析し、議論することが当たり前になりすぎて、意識していませんでした。
でもこれって一年前の自分では全くできないことで、宮川ゼミ入って学んだことです。
自分の変化に驚きです。楽しく勉強してきてよかったです。

個別に研究室を訪ねてくれた2回生もいて、刺激をもらいました。
アグレッシブな姿勢に関心しっぱなしです。
僕も研究がんばろっ!

もっとたくさんの2回生と話がしたいです。来たれ2回生!
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ