FC2ブログ

今度は水瓶の漏るのを持って来ました【鮫島】

12 28, 2017
こんにちは。あっという間に年末ですね。
タイトルはとある落語のサゲのセリフです。
私は年末になると私は「掛け取り」という落語を聞きたくなりますね。掛け取りは、大晦日の長屋を舞台に、掛け金の回収(掛け取り)にやって来る業者と、業者の好きなものを利用してうまいこと帰らそうとする主人公のわけの分からない掛け合いが繰り広げられる古典落語です。例えば、歌舞伎が好きな業者が来たら、歌舞伎風の言い回しでうまいこと帰らすよう誘導しますし、相撲好きだと相撲にちなんだ言葉で煙に巻きます。この落語の面白いところは、落語家によって業者の好きなものが違うので、非常にバリエーションが多いところです。色んな落語家の掛け取りを見るのが楽しいです。

 先日よこちんが、公正な価格とはというブログを書いていましたが、日頃買い物をしていて「なんでこれこんな高いんだろう」と思うことは度々あると思います。ニュースで取り上げられたり、SNSで話題になって手に入らなくなった結果、高値で売買されているケースもあります。ブランドっていうのもその一つだと思います。

 「はてなの茶碗」という演目をご存知でしょうか。価値のないものが、偶然の積み重ねでどんどん価格がつり上がっていくという噺です。
油屋の旦那が、ある時茶屋でお茶を飲んでいると、有名な茶道具屋の金さんが目の前でお茶を飲みながら、持っていた茶碗をジロジロとみて「はてな?」とクビをかしげます。油屋は「あの金さんが気にかける茶碗だからきっと価値があるに違いない」と確信し、その茶碗を2両で茶屋の旦那から買い取ります。その後油屋はその茶碗を鑑定に出しますが、むしろ粗悪品で8文程度の価値しかないことが分かります。
 油屋の旦那が怒って金さんに詰め寄りますと、どこも割れていないのに勝手に水が漏れてくるから「はてな?」とクビをかしげたと言います。
 油屋は自分の早とちりだったと諦めて帰ろうとしますが、金さんは「二両で自分の名前を買ってもらったようなもの」とその茶碗を油屋から買い取ります。これが話題を呼び、関白がその茶碗に和歌を添え、さらには時の帝までその茶碗に一筆書き足したものだから、このどこにでもあるような茶碗に一流の肩書がついてしまいます。そして最後には茶碗の噂を聞いたお金持ちがその茶碗を1000両で買ってしまいます。その後金さんはきっかけになった油屋にも分前を上げるんですね。
2両は幕末でだいたい20万で、1000両だと1億くらいの価値です。この噺から、そのもの本来の価値に目に見えない付加価値がついていき、どんどん価格が釣りあがっていく様子が伺えます。今風にいうと、帝というブランドにお金を払っているわけですね。

この話はどう終わるかと言うと、まあ味をしめた油屋が懲りずにタイトルのセリフを言うわけです。


ブランド品は、この話とは違ってやはり質もいいからこそあの値段でも売買が成立するとは思うのですが、反面「ここまで高いものなのか」とも思ってしまうんですよね。ブランドってそう考えると不思議な存在だなと思います。



落語には学問的に議論ができるような題材が沢山あってほんとに面白いです。ただただ楽しむのもいいですが、これって人間のどういう心理なんだろう、とか、こいつのこの行動は情報の非対称性に基づく機械主義的行動だな、なんて難しいことを考えながら落語を見るというのも面白いかもしれません。

年末時間のある方はぜひ、ユーチューブとかで落語聞いてみて下さい~。私が一番好きな噺は「粗忽長屋」なのでぜひぜひ。これは哲学ですよ。

以上、今年もクセが強いといわれた鮫島でした。良いお年を!
来年の抱負は誤字脱字を無くしてわかり易い文章を書くことです。(ブログの誤字を直しながら・・)
スポンサーサイト
4 CommentsPosted in さめ

インテレクチュアルバーに参加してきました【永舩】

12 13, 2017
おはようございます〜〜。
6期生のまゆぴすです。

最近はぐんと寒くなってきましたね。
毎朝こたつとお別れするのが名残惜しくてたまりません。後ろ髪どころか全身引っ張られるような気持ちで学校に向かっています。
どこでもドアがあればなぁ。ほんとつらい。

まあ、私の朝の死闘についてはどうでもよくって、今回は昨日行われた大阪インテレクチュアルバーについて書こうと思います。
11月の初めあたりだったかな?そのくらいの時期に、宮川ゼミ生が憧れとするインテレクチュアルバーについて先生からお話がありました。そして、厳選なる勝負(じゃんけん)の結果、参加する権利を獲得したのは私を含む3名でした。(当日飛び入り参加で1人増えましたが。)

この会への参加は本当に貴重な経験です。多くの企業の方にお会いし、お話を聞くことが出来るし、さらにその中に混じって一緒に勉強が出来るのです。企業年金連合会の桂さんにも、「参加したってことが見えない財産になるからね。すごくいい経験をしたと思うよ。」と言って頂きました。私としてはもう、にんまりって感じです。

もちろん、参加したことだけが良いわけではありません。その中で聞いたお話はとても興味深いものばかりでした。
今回のテーマはCSRについてだったのですが、ゼミで話しているだけでは分からない、企業側からの意見や捉え方を学ぶことができました。
ここに書くとかなり長文になってしまうので、今日のゼミで喋ろうかな。
CSRについてもぜひゼミ生と議論してみたい。あと、先生が課題提起して下さったジレンマについても。

ではでは。
学校に向かう途中の阪和線より、永舩でした!

公正な価格とは【横山】

12 12, 2017
こんばんは。
5期生のよこちんです。
最近はあびこのやきとり安喜に行きたすぎて、安喜のテーマソングを毎日知らず知らずのうちに口ずさんでしまっています。
YouTubeに動画があるので見てみてね。
頭から離れなくなるよ〜。
だれか一緒に行きましょう!

今日は週に一度の講義の日。
今日の証券分析論は特にヘビーで、深かったです。

2年前に分析論受けたはずなのに、とても新鮮でした。
僕は特にバドの上司、ルーの言葉

「株で集めた資金は、研究を進め、雇用を高める」

が、好きでした。

講義でも言っていた通り、市場で公正な価格がつくとなにがいいのか、ということがこの言葉に示唆されています。
市場では限られた資源が分配されます。公正に価格がつかなければ、限られた資源が優秀な会社に企業に集まらなくなり、
優秀な会社の設備投資にお金が回らず、雇用も創出されず、市場参加者みんなが損をしてしまいます。

ここで僕が思い出したのは先日読売新聞に掲載された、旭酒造の意見広告です。
旭酒造は「獺祭」という有名な日本酒を作っている酒造で、広告の見出しは、
「お願いです。高く買わないでください。」
というものでした。

「獺祭」は日本酒の中で誰もが知るものになり、海外でも大変な人気のため、
なかなか手に入らないお酒になっていました。
そのため転売屋など登録店でない業者が、正規販売店から買い取り、値段を吊り上げてプレミア価格として販売を行っていました。

獺祭も「市場」で売られています。
限られた獺祭を、正規店ではない転売屋が買い占めて、値段を吊り上げて販売しているために、公正な価格で取引されず、一般の消費者は高い値段で買うしかなくなり、本来企業が届けたい消費者に広く配分されなくなってしまいます。

でもここで思ったのは、旭酒造にとっては転売屋が買おうが、正規店で一般の消費者が買おうが、届く人は違うけど利益は同じです。
それなのに、読売新聞の朝刊一面に広告を打つという大きな広告費を払っても、多くの人においしいお酒を味わってもらいたいという思いが伝わってきます。

投資家も同じ利益が得られても、悪徳商法をやってる企業よりは、人が便利になったり、経済が豊かになったり、雇用を生むような企業にお金を投資したいと考えると思います。
だから、市場で公正に価格がつくといい会社にお金が届いて、ハッピーになるんですね。
市場のメカニズムってこういうことか、と復習したよこちんでした。

また今日の講義の話、みんなどう思ったか聞いてみたいなぁ。

7期生に期待しています【MiyaG】

12 04, 2017
7期生全員の自己紹介ごくろうさまでした。それぞれのアツい思いを受け止めた次第です。

さて、ブログを読んで少し感じたことですが、ゼミに入った理由が「ゼミの雰囲気が楽しそうだったから」という人が多すぎます。どうやらこれは年々増えていく傾向のようです。確かに楽しいゼミですし、そこが宮川ゼミの自慢ですが、それは結果としてそうなっているに過ぎません。ここはサークルではありません。最初の説明会で言ったとおりゼミとは指導教員を選んで「弟子入り」することです。どうか一人一人がサシで私にぶつかってきてください。

自分が抱いた疑問、自分が考えたアイデア、自分が悩んでいる課題、なんでも私にぶつけてみてください。高校の勉強と違って学生同士で無駄にたむろしていても自分の能力を伸ばすことはできません。私を利用しないともったいないですよ。私と何度も「ぶつかり稽古」を繰り返しながら自分を鍛え、私と一緒に悩みながら、研究室からいろんなものを盗んで成長してほしいと思っています。歓迎会のときに言ったとおりですが、「私に言ってはいけないこと」とか「私に相談してはいけないこと」は宮川ゼミには一切ありません。あえて言えば宮川ゼミでは「遠慮すること」がもっともマズイことです。

12月18日に7期生向け第1回のプレゼミを開講します。7期生を教えるのが今から楽しみです。
0 CommentsPosted in Dr.MiyaG

7期生最後になりました!【安藤】

12 04, 2017
いよいよ7期生最後になりました。アンカーになってしまったのでしっかりと書きたいと思います。
はじめまして、安藤春海です。高校までは「春」「春海」と呼ばれることが多かったのですが、大学では「はるぽん」と呼ばれることもあります。しっくりくる呼び名で呼んでください。

自己紹介から始めます。
出身は兵庫県三田市です。三田市は「近畿のシベリア」と呼ばれるくらい寒いです。寒いのが嫌いな私は、冬場もこもこになってます。なので、これが一番の自慢になりますが風邪知らずの超健康体です。また健康体でいるために、早寝早起き、毎日三食、毎日みかんを心がけています。
ゼミ希望を出すときのレポートでは「笑顔でいることが多い」と書きましたが、よく笑ってます。前の記事でちゃっかが褒めてくれましたね、嬉しいです。私がゲラだからなのもありますが、周りの友達に恵まれたからよく笑えています。毎日楽しく過ごしています。

次にゼミの志望理由を書きます。私が宮川ゼミを選んだ理由は、楽しそうだと思ったからです。
今まで、とりあえず授業の単位を取りとりあえず簿記をして…ととりあえずで過ごしていました。
なので、いざ選択をしようにも何を勉強したいのかがわかりませんでした。研究内容は私の未知の領域であり、どのゼミの研究が最も面白いのかわかりませんでした。
最終的に、ある程度ゼミの候補を絞った後、私は雰囲気で決めました。見学時に、ゼミ生全員がちゃんと自分の考えを持ちそれを周りに伝えられる雰囲気を感じました。傍観者を許さないぞ!みたいな雰囲気です。その中でしっかりと知識をつけゼミ生とともに勉強することがとても楽しそうだと思い、宮川ゼミを希望しました。私は失敗を恐れて、あまり発言ができません。間違っていないか、変に思われないかと気にしてしまい自分の考えを伝えられないことが多いです。このゼミで、発言できるように思考力もこの性格も鍛えていきたいです。

大学生活も残り2年という折り返し地点にきました。院に行かなければあと2年で社会に出ることになります。もうすぐ社会人だと思うと不安です。
限られた時間を今まで以上に有意義に過ごそうという気持ちはあります。しかし、有意義に過ごすとは何なのかと今でももやもやしています。2年間頑張る場所を獲得できた今、自分がすべきことや目標を一生懸命模索して頑張ろう!と思います。

これで7期生全員のゼミ生ブログが終わりました。まだ集まって間もないですが、みんなやる気いっぱいで、私もこの一員になれてよかったと思います。先輩方、宮川先生、ご指導よろしくお願いいたします。

アンカーらしい上手な文章は書けませんでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

読む側から書く側に【山中】

12 02, 2017
はじめまして!ちゃっかこと山中咲果(さきか)です。
1回生の時からこのブログを読んでいたので、自分が書く側になった今、嬉しい反面、普段文章を書かないので緊張しています。

あだ名はちゃっかでお願いします!なぜ さきか から ちゃっかというあだ名がついたのか....文章では説明しにくいので気になる方は聞いてください!

大阪生まれ、大阪育ちで大学までは40分程度で着きます。家の近くには大阪城やキューズモールがあり非常に賑やかな所に住んでいます。一人っ子なので家に帰ってもなんだか寂しく、去年、クリスマスプレゼントとして犬(シュナウザー)を買ってもらいました。今では犬と戯れ、癒されることを楽しみにして家に帰ってます。
部活は、中高では弦楽部でバイオリン、大学でESSに入ってます。大学に入り楽器を触る機会はずいぶん減りましたが、高校の定期演奏会のOG枠で出たり、聴く側に回り、大学でもオケに所属している友人の定期演奏会をよく見に行っています。宮川ゼミには楽器を演奏できる方が多いと聞いたので機会があれば一緒に演奏してみたいです。

趣味は読書で特に伊坂幸太郎さんと恩田陸さんが好きです。普段は文庫本を読むのですが、最近「蜂蜜と遠雷」を単行本で読み、文庫本では見られないレイアウト(上下二段構成)で読めて単行本の良さに気づきました。
あとは変わった趣味なのですが、格安航空券の比較サイトでいかに航空券を買えるかを調べるのが好きです。その延長で観光地を一箇所にしぼり、安くて口コミ評価がいいホテルを探し、予算がいくらでその観光地に行けるか考えるのが好きです。
好きな食べ物は激辛料理です。スパイス系でもタバスコ系でも好きです。明日からプロジェクトゼミでタイに行くので激辛料理たくさん食べてきます!皆さんとご飯を食べる時に、うどんやピザに香辛料を入れまくってても引かないで下さい。。。

最後にゼミを志望した理由を大きく分けて2つ書きます。
1つ目は宮川先生の授業が楽しかったからです。
去年開講された証券市場論では、頭が良さそうな人に見られるための振る舞い方や人の話を聞く姿勢など他の先生の授業では聞けない事を講義の本題に入る前に話されていて、こんなにワクワクしながら毎授業を受けるのは大学に入って初めてだと思いました。ゼミに入ってより近くでもっと先生の話を聞きたいと思いました。
2つ目はゼミ生の方の姿勢です。偶然にも身近に宮川ゼミの先輩がいて、その方からよく「ゼミで〇〇があった!」「今日は〇〇をした!」と聞いていてその度にキラキラしててかっこいいな〜と思っていました。実際、説明会や見学会で5,6期生の方がとてもやる気に満ちて取り組んでいるのを見てこのゼミで私も学びたいと思いました。また、勉強だけでなく遊びにも全力で取り組んでいると聞いて、勉強する時は勉強し、遊ぶ時は思いっきり遊ぶというメリハリがあるのがすごくいいなと思い、私も2年間その環境で過ごしたいなと思いました。


歓迎会をしてもらったり、三商合同ゼミを見に行き、ブログを書いて、いよいよ自分がゼミに入ったという実感が湧いてきました。これからのすべての行事が楽しみです。7期生一回目のゼミが待ち遠しいです。
これから宮川ゼミでたくさん新たなことを吸収して、「私は大学で〇〇を学んだ!」と胸を張って言えるようになりたいです。宮川先生、先輩方、一緒に入った7期生の皆、これからよろしくお願いします!

いよいよ次で7期生自己紹介ラストになります。笑顔がめちゃくちゃ可愛いはるぽんこと安藤さん、お願いします!

新たな旅へ【ヴィクトリア】

12 01, 2017
こんにちは!7期生9番手の鄭 詩穎(テイ シエイ)です!

中国語では、「詩穎」は「知識量が豊富で、穏やかで優しく思いやりの深い人」の意味があります。
両親は私がそんな人間になってほしいという望みを持っているので、私にこの名前をつけました。
自分がいつかそんな人間になれるように頑張っています。
とてもいい中国語の名前を持っているのですが、普段はヴィクトリアと呼ばれています!
「なぜ中国語の名前を使わないのか」とよく聞かれました。理由は単純に英語のほうが覚えられやすいからです〜
だから、英語で呼ばれたいです。高校三年間ずっとヴィクトリアと呼ばれていたので、逆に英語で呼ばれる方が慣れています!

出身は台湾です。
台北で生まれたのですが、桃園で育てられました。
よく間違えられますが… 桃園は桃が有名なところではありません!台湾一番大きい空港があるところで覚えてください〜

ドラマと旅行が大好きです。
ドラマはアメリカのドラマだけではなく、日本のドラマもよく見ています。
最近見た日本のドラマは「半沢直樹」です。
そうです!これはもう四年前のドラマなのですが、なぜか四年前の私はこのドラマに興味を持ってなかったです。
なんで急に見ようと思ったのかというと、見たい日本のドラマがほとんど見終わったからです。
何を見ようかと悩んでいた時思い出したのは「半沢直樹」だったので、それを見ました〜

そして、最近旅行しに行ったところは小豆島です!今回は私の初めてのドライブ旅行でした。
非常に楽しかったです。
ちなみに、小豆島はどこでもオリーブのにおいがします。
温泉でもすごく濃いオリーブのにおいがします。
だから、オリーブが嫌いな人にはお勧めしないです!

旅行に対して私は目標があります。それは日本47都道府県を制覇することです!目標までまだ26都道府県足りないので、旅行に行くなら、ぜひヴィクトリアを誘ってください〜

次は、私がよく聞かれている質問「なぜ、日本に留学したのか」について話します。
父が日本人と貿易しているので、子供の頃から、私はよく父と一緒に日本に来ていました。
父が英語と日本語を使って、仕事をするのがかっこいいなとずっと思っていたので、英語と日本語を学びたいと思うようになりました。
実は、私が高校の時に、日本の大学ではなく、アメリカの大学に留学したかったです。
日本にももちろん留学しにいきたかったのですが、短期で行きたいと考えました。
しかし、父はアメリカの治安の悪さに非常に心配しているので、私がアメリカに留学することを賛成せず、ぜひ私が日本に行ってほしいと決めたので、私は日本に来ました。

だから、私は一般の留学生と同じように日本のアニメ、マンガ、アイドルなどが大好きなので、日本にきたのではなく、私は日本に来てから、どんどん日本が好きになっているほうです。
これからも、もっと日本のことについて知りたいので、何かおすすめの音楽、映画、本などがあれば、いつでも教えてもらえるとすごくうれしいです。

最後に、私は宮川ゼミを選んだ理由について話したいです。
私の人生の転機ともいえる高校時代に、私の恩師と出会いました。
その先生は三年間かけて、私に三つの教訓を教えてくれました。

1. “Life Is Often Unfair”
2. “Study Smart! Not Study Hard”
3. “Be A Critical Thinker!”

高校から、私は常にこの三つの教訓について考えています。
証券分析論の最初の授業で、宮川先生が話した「思考力」についての話を聞いて、非常にわくわくしました。
なぜかというと、高校の恩師の最初の授業にも似たような話(“Be a Critical Thinker”)をしたからです。
私は今でも上の三つの教訓についてわからないことがたくさんあります。
宮川先生に私が知りたいことをいろいろ教えていただけると思っているので、宮川先生についていきたいと決めました。

ゼミ選びの時期に、宮川ゼミがとても人気なゼミだと周りからよく聞きました。
入るのが難しいとわかったので、ちょっと迷いました。
しかし、個別の面談とゼミ見学に行った時に、宮川ゼミの楽しく熱い雰囲気が好きすぎて、やっぱり入りたいなと決めました。

宮川ゼミの一員になれ、非常に非常にうれしいです。
ゼミで「Work Smart、Play Hard」の精神を最大限にし、自分もびっくりするぐらいのペースで成長したいです。

宮川先生、宮川ゼミの皆さんよろしくお願いします。

次はちゃっか、お願いします!!
7 CommentsPosted in Victoria
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ