FC2ブログ

7期生ゼミ長に就任しました。【西尾】

04 26, 2018
こんにちは。
7期生のおずんこと、西尾潤です。
昨日は新学期になって早くも3回目のゼミでした。
私はそのとき感じたこと、考えたことをただただ発言しているだけで間違ってることも多いと思うのですが、それでも誰かが拾ってフォローしてくれたり、逆に私の言ったことを先生に「いいねえ。おずんの言ったとおりだよ。」と言ってくださったり...こういうやり取り全てが嬉しくて、毎回のゼミが楽しくて楽しくてたまりません!
また、ついに、企業分析&COREのチーム・ディベートのチームも決まり、いよいよ!というワクワク感でいっぱいです。

そんな昨日はゼミ長選挙があり、私が7期生ゼミ長に就任することになりました。
私は何かすごいことを言ったりやったりできるようなタイプではありません。みんなをかっこよくまとめられるようなタイプでもないと思います。
でもとにかく私は、みんなが「水曜日が楽しみ!」と思ってもらえるようなゼミを先生、そしてゼミ生のみんなとつくっていきたいと考えています。

ゼミに入った当初は、何の知識も経験もない私がまさかゼミ長になるなんて思っていませんでした。でも、この半年間で私の中でゼミの存在がかなり大きくなり、今回「ゼミ長に立候補する」という挑戦をして良かったなと思います。これからもっともっとゼミに深く関わって、「おずんがゼミ長で良かった」と卒業してからも言ってもらえるようになりたいです!

最後に、昨日撮ってもらった写真を。首脳会談っぽく撮ってみました(笑)
左から りょうちんさん、私、えみりー(副ゼミ長)、宮川先生 です。

7期ゼミ長




私自身、まだまだ未熟で分からないことだらけですし失敗もたくさんすると思いますが、頑張っていきますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

財務分析を終えて【原田】

04 23, 2018
どうも、バイト終わりの原田です。
先日、18日の水曜日に小林製薬へ訪問し分析報告を行いました。
このことについては、イベント報告に書いたのでそちらをご覧いただければと思います。

自分のプレゼンも終わり一安心とはいかず、今また財務諸表を作っています。 
なぜ、企業分析が終わったのにまた財務諸表を作っているかというと、7期生に財務分析を教える用のデータです。

こうやってまたデータを作っていると、ROEなんでこんな値なん?とか気になって自分なりに調べながらやっていると全然前に向いて進みません(笑)

こんな状況ですが、今こんなことが言いたいわけではありません。
財務分析を終えて、改めて考えてみると、5期生には1年間いろんな点で助けてもらったなと感じています。
なんで当期純利益上がってるのにROE下がってるの?だとか、エクセル上手にできないんですとか。

いま7期生用のデータを作っていて感じることは、7期生も6期生をどんどん頼ってほしいということです。
僕だけかもしれませんが、自分が困ってたくせに、いざ後輩が同じ点で困っていたとして、察して気が付くことはまずありません。
(先生に気が利かねぇなぁって言われそうですが(笑))

コーポレートファイナンスのことは宮川先生に聞くのが一番です。ですが、統計でわからんとこあるなぁとか、困ったことがあれば、6期生も一緒に考えます!(難しいことは先生に聞いてね.....できる限り頑張るけど)

5期生に助けてきてもらったものを返す時が今だと思っています。
7期生はどんどん遠慮せずに、いろんなことを聞いたり、一緒に議論したりして、もっとゼミを盛り上げていきましょう!

以上、はるからでした~今週のゼミも楽しみだなぁ~!!

7期生へ【中尾】

04 19, 2018
こんにちは、7期生を加えた新年度のゼミがはじまりました。
コーポレートファイナンスは2周目ですが、新しい発見があり、奥が深い学問だなぁと楽しく勉強しています。

さて今回は、7期生のゼミ長にすでに立候補した人、立候補しようか迷っている人にむけてブログを書いています。

1年間ゼミ長を務め、ゼミ長に最も必要なことは、「ゼミを愛し、ゼミを楽しみ、生活の中心にゼミを持ってこられること」だと思っています。

日々のゼミを心からとことん楽しみ、たくさんのことを学びました。そして、この楽しさをみんなに伝染させ、楽しいゼミの空気を作り出してやると思ってゼミに臨んでいます。また、ゼミ以外の時間も、「呼ばれりゃすぐ行く」をモットーに、誘ってもらったことに参加しまくった結果、ゼミ生とたくさんの時間を過ごしました。ゼミ生と過ごした時間の長さには絶対的な自信を持っています。ゼミに入門してからの時間どっぷりとゼミに浸かり、満喫しています。

7期生のゼミ長も、僕と同じようにゼミへの愛を自信を持って語れるような人になってほしいです。

こんな偉そうなことを語りながらも、去年僕は去年ゼミ長に立候補するか、かなり迷いました。いろいろ言い訳を作って、ゼミ長やらないほうがいいんじゃない?って楽な道を選びそうになりました。そんな弱気な自分が邪魔してきたとき、なんでも挑戦し、いろいろ経験積んでやろうと決断して、ゼミに入ったことを思い出しました。それなら、やるしかないじゃないかと心を決めて立候補しました。

1年たって、あの時立候補できて本当によかったと思っています。ゼミ長だから悩んだこと、経験できたことがたくさんあったからです。この経験は6期生の中でも自分しか得られなかったものです。ゼミ長に立候補できるのは人生において後にも先にもこの1週間しかありません。もし、立候補に迷っている7期生がいるなら、なぜ立候補しないでおこうと思っているのか、その理由をもう一度考え直してみてください。多分大したことじゃないでしょ。

ゼミ長立候補、待ってます。






自分の考えを言葉にする【西尾】

04 14, 2018
こんにちは。7期生のおずんです。
いよいよ3回生になりましたがついこの間「1回生ですか?」と声をかけられ部活の勧誘をされました。大人っぽくなりたいです!

さて、春休み中のサブゼミを通して、「疑問を口に出してみることの大切さ」を知りました。
ちょっとでも「あれ?」と思ったり「こういう解釈であってるかな?」と感じたところは、自分のうちに秘めずに言ってみることが大事です。今まではちょっと引っかかったことでもスルーしたり、自分の中でなんとなく解決したりしがちでした。
でもMBAクリティカルシンキングを読んで理解し、プレゼンのテーマを決め、その構成や内容を試行錯誤しながら固めていく中で、「自分はこう考えた」「○○って言ったけど、それは違うと思う」「なんでそんな考えになったの?」と感じることは多々ありました。むしろ、3人の考えが違うかったことの方が多かったかもしれません。

でもそんなときこそチャンスで、考えを共有しお互いが異なる意見を考えてみることで、新しい発見に繋がることがありました。
今の私は専門的な知識が全然ありませんが、そんな今の現状でも、考えたこと・疑問に感じたことをとにかく発信してみる。そうすることで、新しい知識や考えが得られ、自分自身の理解が深まるのだなあと実感しました。

今回のプレゼン大会が私にとって人生初のプレゼンでした。緊張したけど、ER班で優勝できたこと、そしてなんと先生から「アナウンサー賞」を個人的にいただけたこと、とても嬉しかったです。ER班が優勝だと発表されたときは今までのことを思い出して泣きそうになりました。

そうやって一緒に頑張ってきたER班の2人とグンと仲良くなれた春休みでもありました。サブゼミ後にご飯に行ったり、夜桜を見に行ったり、集まった時間の大半を雑談に費やしてしまった日もありました(笑)でもそんな楽しい時間があったからこそ、行き詰ってしんどいとき、特に本番前の数日間をやり切れたのだと思います。追い込まれすぎて前日は深夜1時まで3人で電話してプレゼンの練習をしたのも良い思い出です(笑)なおと・ちゃっかありがとう!

初回ゼミも終わり、いよいよ本格的にゼミが始まりました。
サブゼミでつかんだ、「自分の考えを言葉にする」ことを恐れずにこれからやっていきたいと思います。
もうすぐ始まる企業分析も、ディベートも、やったことがないけどとてもわくわくしています。頑張ります!

KJ法を勉強して気付いたこと【沖野】

04 14, 2018
11日水曜日は、初回ゼミでした!
そして、春休み中取り組んできた科学的思考論のプレゼン大会でした!

私の所属するDC班の課題本は、「続・発想法」です。KJ法についての本で、春休み中じっくりKJ法に、取り組みました。

今回のプレゼンを通して、たくさんのことを感じました。
特に感じたのは、こんなにしっかり本を読んだのは久しぶりだなと思ったことと、チームで勉強するって楽しい!ということです。
私は今までは、本を読んでいて、わからないことがあったとしても「とりあえず先に進もう」と読み進め、わからないままおしまい!ということをずっとやっていました。
今回は、続・発想法を読んでのプレゼン、内容を理解しないわけにはいきません。
この続・発想法、かなり骨のある本でした。使われている表現がとても難しく、どういうことだろう?とはてなマークがいっぱいでした。
なのでDC班では、本を読んできて、チームの4人で疑問点について話し合い、お互いに理解を深めました。
KJ法の流れや使う場面、W型問題解決モデルなどは理解するのがとても大変だったのですが、4人で取り組んだからこそ、正しく理解できたと感じています。
この本を理解できたことで、自分の自信にも繋がりました。今後コーポレートファイナンスなど難しい本をたくさん読むと思いますが、くらいついて行きます!

チームでKJ法に取り組む際、あらかじめ4人で知識を統一して、KJ法の実践やプレゼンの作成に望めたので、みんなでプレゼンの質を高めることができました。
これまで誰かと勉強するというのはあまり好きではなかったのですが、誰かと一緒に勉強することで、自分が気付けなかったポイントまで理解できるようになったり、質の高い勉強ができました。
とってもやりがいがあって、楽しかったです。
これから、ディベートや企業分析などチームで勉強する機会が沢山あるのでとても楽しみです!

これからたくさんの学びが待ってるのが楽しみです!
自分に磨きがかけられるよう、頑張ります!!

楽しかった、悔しかった【谷上】

04 13, 2018
昨日はようやく、待ちに待った初回ゼミでした。一日をゼミ生と過ごして、楽しかった事、悔しかった事、たった一日のことなのに話したいことが沢山あります。そんな昨日の出来事を、ブログに記したいと思います。

・コーポレートファイナンス輪講
コーポレートファイナンス読み進めていると、疑問点に気づかずスルーしてしまうことがあります。そして先生に疑問を問いかけられた時、正しいことを言わなきゃ!と焦ってしまったり、結局うまく言葉にできず黙り込んでしまう自分が悔しい…。高校まで、人に質問をされると「正解」を答えるよう教えられてきました。今でもその呪縛に取り憑かれているような気がします。
でも、いざ言葉にしてみると脳内が整理できたり、どんな回答でも先生が「お~いいねぇ!」とリアクションしてくださるので、いい発言できたじゃん自分!と調子に乗りながらも楽しくなっちゃいます。

・日経レポート
事前に予習したものの、インデックス運用の意味もよくわからないままスタートしました。さすがは6期生、高度な専門用語が飛び交い話が進みます。ただ、「結局今って何を話しあうべきなの?」と混乱してしまったり、賛成か反対か聞かれたときも自分の意見が曖昧で断言できませんでした。
こう考えてみると、「今は○○を話し合うべきじゃない?」とみんなの前で発言したり、賛成か反対か自信を持って断言するって、勇気がいる事ですよね。次からはこの点を意識しながら議論します!

・科学的思考論プレゼン
まず、1ヶ月半共に頑張ったたいが、さきちゃん、やぶ、本当にありがとう。春休みの思い出はみんなとのサブゼミです。正直最初は遠慮してた所もあったけど、悩んでたら「どこがわからんの?」と聞いてくれたり、一緒に考えてくれて嬉しかったです。ここまで頑張ってきたからこそ、優勝したかった。でもできなかった。
優勝したERのプレゼンは「大阪万博の誘致問題」という身近なテーマで分かりやすく、DCは本当に難しい議題をあきらめずに取り組み続け、続・発想法を読んでいない私達にも理解してもらおうという気持ちがとても伝わりました。
帰りの電車で先輩方にPAへの感想を聞いて、確かにもっとああ工夫していれば、という悔しさはありますが、割とスッキリとした気持ちです。

プレゼンまで一生懸命取り組んだことが、今後のゼミ活動への新たなモチベーションにつながりました。ゼミに入る前に考えていた「ゼミ楽しい」と、今自分が思う「ゼミ楽しい」は全く深みが違います。悔しい気持ちや努力を積み重ね、これからももっとゼミに対する愛を深めていきたいと思います!



有意義な1日【山中】

04 12, 2018

新年度が始まり、昨日は7期生にとって初めて1日中ゼミに浸った日となりました。
今回は昨日のゼミを通して感じたことを書こうと思います。


午前中の輪講の時間は、コーポレートファイナンスを各自読んできた中で疑問に感じたり不思議に思ったことを話し合いました。

各自疑問に思ったことを質問する時に、他の人が質問している内容を聞いていると、自分が読みやすいと思ってサラサラ流して読んでいた箇所が多いことに気づきました。
私は、自分が読みやすいところは流して読んでしまい、自分が知らない単語が出てくる箇所になるとその単語の意味を調べたり、理解しようとするのに必死で「この制度(昨日の例だと2重課税)はなぜ必要なのか?」と深く考えなかったり、「この本に書いてあることは本当に正しいのか?」と批判的に読んで来なかったなと思いました。
次週からはもう少し余裕を持って本を読み始め、批判的に読もうと思います。


午後は日経レポート、6期生のプレゼンの後、科学的思考論のプレゼンがありました。

春休みに何度も集まって話し合い、試行錯誤して作ったプレゼンを緊張しながらも発表しました。
プレゼン後に質疑応答があったのですが、そこで私は質問されたことに対して簡潔に説明するのが難しいなと感じました。なぜかというと、プレゼンで前に立った時に質疑応答に答える時は、簡潔に説明しないといけないので、友達と普段の会話で説明するのとでは話し方を変える必要があると思ったからです。
あと、KJ法があまり理解できなかったので、DC班の人誰か「続・発想法」貸して下さい!

昨日だけでも反省点を含め、新たな発見が多く、有意義な1日でした。

待ち遠しい 新年度ゼミ【永長】

04 11, 2018

桜も散って、ますます暖かくなってきました。ここ数日、キャンディーズの「春一番」の脳内再生が止まらない、6期生永長です。

最近、7期生のサブゼミに顔を出していて、はっとしたことがありました。
科学的思考論について、昨年の自分と同じ、ゼックミスタのクリティカルシンキングを読んでいるPAチームにアドバイスをしていた時です。アドバイスのはずが、いつのまにか昨年の自分たちの解釈をそのまま話して、考えを押し付けそうになっていました。慌てて訂正です。

たとえ同じ本であっても、7期生には彼らなりの解釈があって然るべきで、またそれが面白いところだなと思います。これまで1ヶ月以上話し合いを重ねてきた、7期生のプレゼンが楽しみです。


そしてもう1つ。
最近、日々説明会やESに追われて、なんとなく気だるい、何か足りないような気持ちで過ごしていました。おととい、無性に誰かと話したくなってラーコモを覗くと、そこには当たり前のように宮川ゼミ生達がいて、笑顔で迎えてくれました。「足りなかったものって宮川ゼミやな」、と笑いながら、すっかり元気になって家路に着きました。

きっと4/11のゼミで、宮川先生の「諸君、おはよう!」を聞いたら、さらに気分爽快になるんだろうと思います。

早く春休みが終わって、新年度のゼミが始まってくれないかなーと思っています。(あと2時間ですが、笑)

7期生との輪講で知識のブラッシュアップを 【イアン】

04 08, 2018
こんにちは、6期生のイアンです!

今は次の企業説明会を待っていてカフェで時間を潰しているんですが、最近あった出来事を思い出しました。
学情で7期生の科学的思考論のサブゼミに行ったら、7期生からこんな質問がありました:

「企業価値の神秘を読んでるんですけど、DCF法の計算でWACCの負債の部分はなぜ税で引かれるんですか?」

去年の輪講と企業分析で勉強してたコンセプトのはずですが、うまく説明できませんでした。そこで僕はもう一度企業価値の神秘と教科書を読み直したらその質問への答えはわかったんですが、やはり所々細かいコンセプトをブラッシュアップしないといけないなと思いました。

次の水曜日から7期生と一緒に輪講をやって行くんですが、7期生だけではなく、6期生の僕もコーポレートファイナンスの知識をブラッシュアップできるいい機会になると思うので、楽しみです!

イアン
2 CommentsPosted in ian
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ