FC2ブログ

はるぽんと勉強会【谷上】

05 31, 2018
昨日は甲子園へ行き、今日はディベートチーム「はるぽんず」でサブゼミがありました。
と言っても先輩方は全員予定があったので、今回ははるぽん(安藤)と2人で「エージェンシー理論」「取引費用理論」「フリーキャッシュフロー仮説」についてラーコモで勉強会です。

コーポレートファイナンス、企業価値の神秘の2冊を開き、二人で語句の説明をしていた所、1つの結論にたどり着きました。
エージェンシー理論とは、企業は取引先や株主との契約に基づいて行動していて、株主と経営者が別個の経済主体として異なる利害を持っている、といった内容です。

経営者の方が株主より企業の情報を持っているため、情報の非対称性が存在し、それが理由で機会主義的な行動をとる人が現れます。この時にかかるのが「エージェンシーコスト」と「取引費用」です。

まず、情報の非対称性をなくすためにエージェンシーコストが発生し、それには主に3つあります。
①モニタリングコスト(株主総会や工場見学)
②ボンディングコスト(公認会計士を雇って情報開示)
③残余コスト(①②以外のコスト)

機会主義的な行動をとる取引先の場合、交渉に費用が発生するのが取引費用で、こちらも3つの場合があります。
①資産が特殊で、一般に扱えない取引
②不確実で錯綜している取引
③一回限りなど、頻度の少ない取引

これら2つのコストを抑えるためにコーポレートガバナンスが存在します。

フリーキャッシュフロー仮説とは、配当や自社株取得などのペイアウトをすることで企業内の無駄なキャッシュをで社外に流出させる。それが「無駄なお金使っていませんよ~」と株主へのアピールになり、エージェンシーコストが下がる。結果的に企業価値が向上する、という仮説。

どうでしょうか、この考え方は正しいですか?

この結論にまとまるまで「自社株取得って、どういう仕組みなん?」「フリーキャッシュフローで、なんで資本支出が減算やねん?」と疑問が上がりました。私が「う~~ん」と悩んでいると(考えるふりして思考が止まっています)、はるぽんがでっかい声で「あ!!わかった!!」とひらめき、たびたび考えを共有してくれました。

うんうんなるほど、そういうことかー!でもそうじゃなくてこうじゃない?と一緒に勉強するの、いいですね。
正直今まで勉強は絶対1人でやる派だったんですが、それだとわからないところは諦めてしまいます。
今日も途中で煮詰まって、私が「わからん所は今度聞いてみる?」と言った時も、はるぽんが「……いや、まだ頑張ろう!」と励ましてくれて、そのおかげで疑問は解決できました。

結局ディベートのテーマである株主優待との関連性はつかめなかったものの、有意義な時間を過ごせました。

そうそう、帰り道にはるぽんと話したんですが、キッコーマンの豆乳シリーズを、そのまま飲むのではなく冷凍してアイスにして食べるのが美味しいんです。さっきバナナ味を食べたんですが、シャリシャリしてて低カロリーの上に安い!39種類の味があるみたいなので、全種類試してみます!おすすめの味があれば教えてください~

スポンサーサイト

国の財政危機とは?【安藤】

05 31, 2018
大学生協の100円朝食がなくなってしまった途端寝坊しました安藤です。朝ごはんが大切だとわかってるけど早起きしてご飯作るには腰が重いです…。

5月30日のコーポレートファイナンス輪講は債権についてでした。そこで、国債の話が出てきました。
中学生の時から社会の授業で、国債が年々増えている!国は借金まみれだ!と学んでいました。
ならなんで貸す人がいるんだろう?とか、国だから何かしらの対策を立てられるんじゃないの?とかずっと考えていました。
高校卒業しても、さすがに上2つのことは考えませんが、いまだに国債というものが何なのかあまりわかりません。

先日のゼミでは、なぜ国がそれほど国債発行できるかというと、それだけの資産があるからだと教わりました。
資産というと土地などでしょうか?国が所有するものだから信用力があり、その土地の価値も比較的高くつくのでしょうか。

国債やその信用力を考えた時、ギリシャのことを思い出しました。2010年におきたギリシャの経営破綻です。当時12歳の私は、ギリシャがなんかヤバくて銀行に人が殺到する、くらいのぼやっとした理解しか出来ませんでした。
気になったのでちょっと検索してみました。
ギリシャの政治家が変わったタイミングで粉飾を行なっていたことが明るみになりました。その結果国の信用力がグッと下がり、財政赤字であるのに資金繰りが困難になりました。そしてEUにも迷惑がかかり、大きなニュースとなりました。

粉飾→国債の価値低下という流れならわかります。
しかし、資産の価値低下にはなるのでしょうか?
なぜ日本はたくさん国債発行できて、ギリシャは国の信用力がないため国債発行できないのでしょうか?資産の価値が落ちたのでしょうか…。

今回謎は解決できていませんが、中学生の時よりはギリシャ危機についてちょっと理解できたような気がします。
輪講が進むにつれ、ニュースにあることがちょっとわかるようになっていくのがおもしろいです。
ギリシャ危機が(私には)難しすぎたため、ブログの真ん中が膨らみすぎましたが、ニュースがわかるようになってきて嬉しいというのが今回ブログで一番伝えたかったことです。
読んでくださりありがとうございました。

恵まれた環境【西尾】

05 25, 2018
おはようございます。
朝のバイトに向かう電車の中で書いてます、おずんです。

さて、今週のゼミは1期生のいまにーさん、4期生のすぎさんが来てくださいました。
OBの先輩方と一緒にゼミをするのはとても新鮮で、「実際、働いていてもこういう事例がある」ということを議論している中で話してくださり、今こうやって勉強していることが実社会でも起こっているということを実感し、モチベーションアップに繋がりました!

えみりーのブログにも書いていましたが、すぎさんが「僕たちの頃の方がすごかった!」と言ってはるのを聞いて、私たちも負けてられないなと。
もっともっとみんなで熱い議論を交わしたいし、私自身ももっとちゃんと勉強していきたいです。輪読をする中で他の7期生の意見を聞いて「なるほどなあ」と考えさせられたり「すごいちゃんと勉強してるなあ」と自分の知識のなさに悔しくなったり。負けず嫌いな私は、毎回のゼミの中でみんなに刺激されまくってます。
好奇心旺盛で、一生懸命勉強する仲間がたくさんいる環境に身をおけていることは、とても幸せなことだと思います。これからもゼミ生どうし、仲が良いのはもちろん、お互い切磋琢磨していきたいです。

FQ講習も終わり、来週からやっとやっと企業分析が始められるので楽しみです。宮川先生が、学生には贅沢すぎる経験をたくさん用意してくださいました。本当に恵まれています。その期待に応えられるように精一杯頑張ります!

すぎさんにランチに連れて行ってもらいました【齋藤】

05 24, 2018
こんばんは。
最近、10年前に流行った「ヒロシ」という
芸人にハマっている6期生齋藤聖矢です。

今日は僕が就活で淀屋橋にいたので、すぎさんにランチに連れて行ってもらいました!
すぎさんオススメの酸辣湯麺(スーラータン)をご馳走になりました。カラうまです。
淀屋橋の燕酒店というお店で、6月中までならすぎさんが連れて行ってくれます(多分)

えみちゃんのブログにあるように、昨日もすぎさんと会っていたので二日連続です笑
前日のゼミの話もしつつ、普段のゼミの話、就活の話など色々と話しました。
すぎさんは「先輩を頼ってほしいし、先輩にしてもらったことを後輩にしてあげてほしい」と
言っていて、自分が先輩たちに可愛がってもらった分(これからもたくさんお世話になりますが笑)
後輩に還元して行きたいなと思います。

直接世代は被っていないのに、近くで会いに行ける先輩がいるのはいいなあと思った1日でした!
すぎさん、ありがとうございました!

それにしてもすぎさん、めっちゃ真顔ですね…
IMG_4914.jpg

FQ講習会【谷上】

05 24, 2018
昨日は商学部棟会議室で日経の方からFQ講習会がありました!
企業の財務データの取得方法を知って、いよいよこれから企業分析が始まるのか~とワクワクしています。
先輩方にも色々質問をしながら、早くデータを使いこなせるようになりたいですね。

講習会の後は日経の方と、1期生のいまにーさん、4期生のすぎさんとお好み焼き、てこに行きました。
みんなでワイワイしながら食べるお好み焼きはやっぱり美味しいですね~

日経の方がその様子を見て、「こんなに若い人大勢とご飯を食べることは滅多にない!」とおっしゃっていました。
そう聞いて私は、当たり前のように過ごしているけど、この限られた学生生活、もっともっと楽しまないと損やん!と気づきました。
こうやって毎週輪講して、みんなでご飯を食べる時間をもっと大事にしていきたいです。

「今年のゼミどう?」という質問に対して、4期生のすぎさんが、「4期生の方が上でしたね~」と一言。
4期生のゼミがどのようだったか直接知らないですが、7期生も負けてられないな~と闘争心が芽生えました笑

7期生はとても協力的で個性豊かです。高田先生の経営統計学の課題をみんなで一緒にしたり、時間があるときにワードウルフしたり、勉強や遊び、学内や学外でも一緒にいる時間が増えてきました。

特別なイベントがなくても日々の思い出が増えていっています。こんな楽しい思い出を覚えているうちに留めておきたい。
ということで私はこれから7期生で一番ブログを更新する、という目標を掲げます!
更新が止まっていたら「えみ~ブログせんの?」と言ってください。

経営統計学の小テストの勉強の時間をブログに費やしてしまったので、今から挽回します…。



濃い一日【青木】

05 17, 2018
14時30分。
ゼミが終わり、小一時間の休憩に7号館を出てきたときにいつも思うこと。

あ、今日も外はいつも通りの日常が進んでたんやな

ゼミでの時間は、外の世界を忘れるくらいに熱中していて、濃い。
だから、外に出てきて初めて、そういえば今日はいつも通りの水曜日なんや、みんな普通に授業に来てたんやなぁ、と気づく。

そんな会話でおずんと盛り上がりました。
7期生のまーちゃんです!


今日の輪講は、コーポレートファイナンス6章でした。
プロジェクトを採択するかしないかの意思決定法について学びました。IRR法や増分IRR、収益性指数法など、色々な方法があると知りました。しかし、そのどれもが完璧な方法ではなく、欠点があることも分かり、NPV法がやはり一番分かりやすいと感じました。
でも、もし私たちがプロジェクトを採択するか否かの会議をするとして、実際に話し合うことは「NPVが〜、IRRが〜」ということではないということ。
まず、そのプロジェクトに需要があるのか?市場シェアはどれくらい?ライバル企業はある?などなど。考えなければならないことは、山ほどあるなぁと感じました。
プロジェクトのNPVが正であることを前提にこの会議は進むかもしれないし、需要や市場など色々な側面から考えた上で最終的な決断としてNPVが最大だから採用というようにNPVが使われるのかなぁと考えました。

私はゼミでまだまだ発言ができていないです。自信がない時も、言い方が分からない時も、何か言わないと始まらないですね。よこちんさんが卒業前に言っていた、頷いてるだけで参加した気になるのが危険っていう言葉を忘れず、そうならないように頑張っていきたいです!


サブゼミでは、はらはるさんにエクセルの使い方を丁寧に教えていただきました。
エクセルって、なんて天才なんや!と驚きました。データが綺麗にまとめられていく過程が楽しいですね。
パソコンを触るのはあまり得意ではないのですが、できることが増えていくのが嬉しいです!

ゼミが終わってから、7期生でご飯に行きました。宮川先生のくいだおれガイドにも登場した小楽亭です。くいだおれガイドを読んでいたので期待大でしたが、その期待を超えて、とても美味しくてまた行きたくなりました!

今日はもう1つ!先生と7期生で集合写真を撮りました!
太陽が眩しい晴天の中、6期生の中尾カメラマンが素敵な写真を撮ってくださいました!
HPの写真に追加されるのを楽しみにしておいてください^ ^


こうして私の濃い一日が終わりです。
ありがとうございました。

分かりやすく言いかえる【山中】

05 16, 2018
こんばんは。5月半ばで既に半袖、サンダル姿で真夏の暑さに耐えられるのか心配なちゃっかこと山中です。

今日は最近ゼミ中に気づいたことを書こうと思います。
それは、自分の知っている言葉の意味や本の中に書いてあることを、自分の言葉で噛み砕いて説明することは難しいなということと、実際に自分で分かりやすい言葉で言いかえて説明しようとすればするほど自分の中での理解が進むということです。

輪読中に先生は「今〇〇が言ったことを、誰かわかりやすく言い直して」ということをよくおっしゃいます。
中学生にも理解できるように説明するには、難しい言葉は砕いて使わないといけません。
言葉を砕いて説明しようとすると普段より「なぜ?」「それはつまりどういうことか?」という問いを自分に対して多くする必要があるなと感じました。
分かりやすい説明を試みることで、深く考え、本当に理解できているかチェックできるし、実際に説明してみて、それが不十分だとみんなに「それってどういうこと?」って聞かれるのでさらに説明する力がつくと思います。
受験の時などに、友達同士で教え合いをすると、相手が理解できるだけでなく、自分自身の理解も深まるということを聞きましたが、ゼミで自分の言葉で噛み砕いて説明することもそれと同じだなと感じました。

先輩方にラーコモで会った時に、本に出てきて理解できなかった言葉の意味を質問すると、具体例を用いて分かりやすい言葉で説明してもらえ理解しやすかったです。1年後には自分も後輩に質問されたら言葉を噛み砕いて分かりやすく教えられるようになりたいものです。

あと、今日の輪読での一番ビッグな発見は、会社で実際にプロジェクトを始める時にどのように資本コストとIRRを使うのかということです。
私の中では資本コストを計算して、それを正味現在価値が0になる利子率(IRR)と比較すると思っていました。
しかし、実際はそうではなく、資本コストは会社で決められていて、それを、プロジェクトへの投資額とキャッシュフロー流列から計算されたIRRと比較すると知りました。


輪読、日経レポート、6期生の卒論の進行報告、はらはるさんのExcel講座と今日も新たに得る情報量がてんこ盛りな1日でした。一週間の中で水曜日が一番頭を働かせている気がします。

ゼミ後は、ゼミに入って半年にして初めて7期生(たいがは部活)だけでご飯に行きました。
先生がくいだおれガイドに載せていた「小楽亭」に行きました。私はあんかけ麻婆茄子麺を注文したのですが、茄子が大きくて大量に入ってて美味しく、お手頃価格で最高でした。デザートでみんなで注文したごま団子(1個60円)も美味しくいただきました!メニュー豊富だったので、またゼミのみんなで行きましょう!
7期 小楽亭

プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ