FC2ブログ

悩んでいます【中尾】

06 23, 2018
みなさん、W杯見ていますか?4年に1度のお祭りです。
ぜひ日本だけでなく、他の国の試合もみてみてください。
サッカーは、奥が深くて面白いスポーツですよ。
僕は、いろいろな試合を見すぎて寝不足気味です…


こんにちは、6期生の中尾です。

最近ディベートに向けていろいろな勉強をして、毎日頭を悩ませています。

論を組み立てるにあたり、テーマの株式優待はもちろん、そこから派生し様々なことを学べるので楽しいです。
(株主の権利、ガバナンス、株主保有比率などなど)

今回の疑問は株価についてです。
株主優待は適正な株価形成を阻害するのかどうか、についてどのチームも議論していることだと思います。
橋本さんがおっしゃっていた「株価性善説」によるならば、市場で今ついている価格を信じることになりますよね。

そうであるならば、優待目当てに個人投資家が群がり、高止まりしている株価や
業績が悪化したにもかかわらず価格が下がらない株価も適切な株価といえてしまいます。

一方で、将来獲得するキャッシュを資本コストで割り引いた値を株価とするのであれば、
株主優待は明らかに適正な株価形成を阻害していますよね。

前回の模擬試合で、ちはるんも「財務情報から株価は導き出されるべきだ」と主張し
自分は「株主優待に魅力を感じ、投資してる株主が形成する株価も適正である」と主張しました。

この意見はどちらが正しいのでしょうか…

なんだか頭の中がこんがらがってしまい、整理する目的もかねてブログに書まとめてみました。

理論の世界と現実の世界がごちゃ混ぜになっているのかもしれません。

この問題に悩んでいたり、考えを持っている人ぜひ議論しましょう。

スポンサーサイト

株主総会を初体験!【永長】

06 22, 2018
たいがに紹介してもらいました、永長です!
両親に代わり、個人投資家が激減したとレジェンド橋本氏から伺った、某鉄道会社の株主総会に参加してきました!その感想です。


今日のわたしは株主!✨
株主という初めての立場に、朝から相当ワクワクして、予定より1時間も早く起きてしまいました。笑


参加者は、ざっと見たところ、人生の大大先輩方が大半を占め、お仕事で参加されている様子のスーツ姿の紳士、鉄道愛好家(?)も少数ながらいらっしゃいました。


まず、事業報告と決議事項の説明が行われ、
続いて、決議事項に関する株主からの質問が始まります。

そして、これが、めちゃめちゃ長い。質問が終わらない。苦笑


正直、わたしが想像していたものとは、結構違いました。

経営状況や戦略に関する質問から次第に、消費者の声を発表する提案大会になっていったからです。
電車のダイヤを工夫してほしい、新車両のカラーリングが良くない、車両が古い、などです。他にも面白い質問が満載だったので、知りたい人は聞いてください!


消費者の声を聞くという意味では、建設的な意見も多く、大事な時間であったかと思います。

株主=鉄道利用者であり、昔から地元の会社を支え、育ててきたという愛着があり、心の底から企業を応援しておられるようです。


でも、本当にこれでいいんでしょうか?ダメですよね?
株主総会はマーケティングの場じゃないし。

個人投資家に経営状況や業績に興味を持ってもらうための、IRの努力があってもいいのでは?

業績で判断した、活発な売買がなされるべきじゃないでしょうか?


他の株主総会の様子も見てみたいなぁ!



インテリヤクザ【北野】

06 22, 2018
早よ株主総会始めんかい!!
株主様待たしとんちゃうぞ!!!

何言うとるか分がらん!!
聞こえへん言うとんや!!!

そんなに現金たまっとんやったら、吐き出さんかい!!!!


どうも、7期生のたいがです。
昨日、先生とメタセコでお昼を食べました。
企業価値に関する質問があって、先生とご一緒したわけですが、また昨日も面白い話が聞けました😆

先生の実務時代、80年代からの株主総会の変遷の話で、総会屋という職業があった話、彼らがインテリヤクザだったという話、それに太刀打ちするために企業が株主総会のリハーサルを行っていた話、そのリハーサルで信託銀行が大活躍する話、先生が借り出されたシャンシャン総会の話、それらから一変した現在、繰り広げられている某社の株主による爆笑の質問内容の話、これまた爆笑の株主提案の話などなど。

笑いっぱなしのお昼でした。
詳しい内容はここでは内緒です😏
僕は度々先生のところに相談や質問に行きますが、毎回おもしろい話が次から次へと出てきます。現場を知ってるからこその話で、これまたインテリおもしろい話なので、僕は毎回大満足です😋

先生に会いに行けば、そんな話が聞けるのでオススメです✋


さて、昨日僕は株主総会の話を聞いたわけでありますが、なんと今日ちはるんさんが、ヘアカットの予定を取りやめ、某社の株主総会に参加するとのことですので、その報告をブログか何かでしていただけると思います!乞うご期待!!

TaiG

そもそもディベートとは?株主優待とは?【西尾】

06 14, 2018
こんばんは。7期生おずんです。
3回生になってから水曜日はほぼ毎週のように雨だったのですが、今週は珍しく雨が降らなかったので気分が上がりました!


さて、今日は初めて実際の対戦形式にのっとってディベート大会の練習を行いました。
私たちのチームは立論も補足資料も「これでどうだ!」ってぐらいわりと自信をもった状態で臨んだのですが、だめだめでした...(苦笑)
論理の飛躍や矛盾があったり、頭では分かってたはずのことをいざ説明しようとしても上手くいかなかったり。

また、そもそもデータ不足のことをたくさん突いても、それらが論点から外れていれば意味がないということが分かりました。これは例えばたくさんの「点」を描いたとしてもそれを「線」として結ぶことができなければ意味が無い、というようなことでしょうか。(分かりにくい例えかも…)
今日の対戦をするまで「いかに相手側が答えられないところを審査員側に見せつけるか」ということだけを意識してしまっていましたが、それ以上に大切なのは「相手側が提示した根拠そのものが成り立たない」ということを尋問や反駁をする中でみせていくことでした。

そして、ディベート大会の準備をする中で今回のテーマにある「株主優待」について、本当の意味では考えられてなかった、ということに先生のお話を聞いて気付きました。いつのまにか、論文の中の「株主優待」についてばかり追ってしまい、それが実際どんなメリットやデメリットがあるのか自分の頭の中で考えることを怠っていました。
毎日のようにディベート大会の準備をする中で正直「しんどいなあ」と感じることもあったのですが、それは株主優待について自分の頭の中で自由に考えたり、自分なりの言葉にしたりしていなかったからかもしれません。論理の成立を考えることも大事ですが、これからはもっと柔軟に発想していきたいです。

今日の練習で、思考や発言の瞬発力も全く足りないなと感じましたし、話し方をとっても棒読みで早口、という相手のことを思いやらない口調になってしまっていました。1週間ですぐになおせる、というわけではないと思いますが、そういうところも少しずつ直していきたいですね。


ここまで反省点ばかり書いてきましたが、嬉しかったことがあります。先生に立論の話し方を褒めてもらったことです。時間内に立論を終えることができるのか不安で早口になってしまい、聞き取りにくかったかなと思っていたので少し安心しました。
思えば、私は小中学生くらいのときから教科書などをみんなの前で読むことが大好きで、授業中読むのを当てられるのを楽しみにしているような子でした(笑)「潤ちゃんの読み方って聞きやすいしスッと入ってくる」と言われるたびに嬉しかったのを覚えています。

今でも声を使うタイプのことをすると、ありがたいことに「いいね」と言ってもらえることが多く、声は私の武器なのかもしれないなと最近思うようになりました。
今日の立論の経験もまた私の自信に繋がりましたし、本番も堂々とした口調で、丹田を意識して立論したいです。

さて、明日の1限からはNTNチームで企業分析です。1年前はほぼ全員と全く関わりがなかったことを思うと不思議なことですが、毎日のようにゼミ生と過ごしています(笑)コーポレートファイナンスにディベート、そして企業分析と盛りだくさんですが、水曜日が終わって、一息。また1週間頑張ります!

みんなそんな熱心に何してる?【中尾】

06 12, 2018
せいやの真似して少しかっこいい題名にしてみました。

最近電車に乗る機会が増えて気付いたことがあります。
電車乗ってる人みんな携帯いじってる!!ということです。

車内の人はみんなスマホの画面に夢中になり、顔を上げることなんてほとんどありません。

熱心に文字を打ってる人や、必死に画面をスクロールしてる人たくさんいますが、
ほんとにずっとスマホ見ていますよね。

僕はラインを少し返す程度で、ネットサーフィンやアプリをあまり見たりしないので、
そんなに面白いサイトあるのなら教えてほしいなと思ってしまいます。

そんな僕は電車の中ではもっぱら読書してます。

内容に夢中になりすぎて、今自分がどこの駅にいるのか確認し忘れ
焦って駅を確認することもしばしば。

そんな僕の抱える悩みは、小説の山場に差し掛かった時に限って目的地についてしまい
読書を中断しなければならないということです。

あれほんとにどうにかなりませんか(笑)
目的地がもう一駅先ならなぁなんて思いながらしぶしぶ本を閉じます。

そんな悩みの解決法として、一話が短く、
次の話とあまりつながっていない本を選んで読むように心げけています。

最近、東野圭吾のガリレオシリーズがもってこいだと気づきました。

読書の話で横道にそれましたが、通学に1時間くらいかかけている人もゼミ生にはいますよね。
そんな人たちは、電車内で何しているのか教えてください。

そうじゃない人も、電車内での時間のつぶし方、もしくはおすすめのサイトやアプリ教えてほしいです。
待ってます!!

下宿生にとって深刻な問題【齋藤】

06 09, 2018

6月6日水曜日
この日が何の日か、皆さんはご存知でしょうか。
察しの良い方ならすでに気付いてますよね。

そうです、僕が先週ナショナルで買った卵の賞味期限日です。

『桜花の華』10個入り 税抜き190円
ナショナルでもっともコスパの良い卵で、
杉本町民の食生活を下支えしています。

下宿生でありながらも頻繁に外食をする僕が
賞味期限以内に10個もの卵を消費しきれないことは
明らかです。毎回気付いています。
しかし、そうかといって割高の6個入り卵を買う気にもならず
いつも10個入りを購入してしまいます。罪な食材です。

賞味期限から2日たった本日、7個もの在庫を抱えた僕は
1日で全ての卵の消費に成功しました。
メニューは卵三つでオムレツを、残り四つで味玉です。
美味しくできたのですが、さすがに飽きがきます。

実はこの手のことはこれまで何度もあり、
毎回どんな卵料理を作ろうか悩まされます。
僕はオムレツ、ゆで卵を中心にいつも戦っていますが、
他にもっと良いアイデアはないでしょうか?
簡単でたくさん卵を使うやつ。

というわけで、みなさんの卵事情教えてください。
コメント待ってます。

6期生齋藤聖矢でした。

DyDoチーム、頑張ります!【谷上】

06 07, 2018
6月6日、昨日はダイドーグループホールディングス株式会社コーポレートコミュニケーション部の正本さん、青井さん、河北さんの3名がゼミにいらっしゃいました。

正本さんは「情報の取り方、触れ方」をテーマに自身の経験談を交えながら、広報というお仕事についてお話して下さいました。
広報と広告、PRとIRの違いや、新聞・TV・WEB記事の読み方についてお話を伺うことで、情報の受信側と発信側ではこんなにも意識している事が違ったんだ、と目から鱗の話が盛り沢山でした。

中でも一番印象に残ったのは、DyDoの企業理念についてのお話です。
正直、私は「企業理念って、働く中でそんなに意識することなの?」とそこまで重要視していませんでした。
でも「こころとからだに、おいしいものを。」をスローガンに、目的を統一することで広報やIRを行っているとお聞きし、会社や自社商品に対するプライドや熱意を持つ姿に憧れました。

正本さんのお話の後はフリーディスカッションタイムです。
しかしDyDoチーム、財務処理に気合いを入れすぎた結果、空気を読まない質問炸裂!
「なぜこの時期に営業利益が下がっているんですか?」「固定費削減の方法とは何がありますか?」
そんな質問にも青井さんは、うんうんと頷いた後、スマートかつ丁寧に質問に答えてくださりました。

コーポレートコミュニケーション部では、会社全体を理解し、株主やマスコミと頻繁にコミュニケーションをとることが重要とされているお仕事なんですね。将来こういう部署で働きたいな~と思ったゼミ生は私だけじゃないはず!笑

その後はみんなでお好み焼き、てこに行きました。
席が青井さんと同じだったので、さっきの時間では聞けなかった事を聞いてみました。
働き方改革で社内が変化していること、女性の働き方、さらにプレミアムフライデーを導入している企業はほとんどないという事(ショック…)
色んな角度からの質問にも答えて頂いて、次の7月4日の企業訪問がさらに楽しみになりました。

来月、またお会いするときには自分の考えと共に、核心を突いた質問ができるようにDyDoチーム、頑張っていきたいと思います!

ちなみに、先日はキッコーマンの豆乳シリーズの抹茶味を凍らして食べました。味の薄い抹茶ミルクかき氷って感じですかね…バナナ味の勝利!




プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ