FC2ブログ

夏休みどうでした?【谷上】

09 30, 2018
こんにちは、今日は台風で1日中家に引きこもっていた7期生のえみりーです。
長かったようで、短かったような夏休み(毎年言っています)。明日から学校なんて信じられません。

2ヶ月間の夏休み、みなさんどう過ごしていましたか?
海外旅行や部活・サークル、バイト、インターンなど、みんな過ごし方は違いますよね。

私にとって今回の夏休みは、「思い通りにならない」夏休みでした。
私は何事も細かく計画を立ててから行動をする性格なので、今年もみっちり2ヶ月間予定を立てていました。
中でもビックイベントは9月に10日間のアメリカ一人旅!この旅行のために今までバイトと勉強を頑張っていました。
それなのに……

9月4日に直撃した台風の影響で関西国際空港の閉鎖によって便がキャンセル。旅行直前になって10日間旅行なしバイトなしの寂しい夏休みになってしまいます。

いてもたってもいられなくて、急遽2泊3日で直島・豊島へ。「アートの島」として有名な場所で、沢山の美術館を回りました。
現地では3人に1人がヨーロッパ系の人で、プチ海外気分を味わうことができ、私と同じで一人で来ていたフランス人、台湾人の子や、オランダ人夫婦の人と仲良くなってその国のことを教えてもらいました。

予定していたアメリカ旅はなくなり、思い通りにならなかったけど、別の方法を考えて行動をすると、結果的に良い出会いがあるもんだなぁと嬉しくなりました。

残りの夏休み生活はゼミゼミバイトゼミゼミバイト…。こんなに勉強に打ち込んだ夏休みは受験期ぶりです。
ストックリーグのテーマがなかなか進まず、沢山雑誌や本、CSR活動を行っている企業が集まるイベントに参加したり、とバタバタしましたが、今振り返ると全部自分の知識と自信になったような気がします。


「思い通り」にはならなかったけど、とっっっても充実した夏休みでした!
みなさんはどんな夏休みを過ごしましたか?
明日からみんなと会えるのが楽しみです。また話聞かせてください!







スポンサーサイト

インターンシップ体験記【沖野】

09 24, 2018
こんにちは、7期生の沖野です!
夜は随分涼しくなり、虫の鳴き声も聴こえて、秋を感じます。
秋といえば!というと、色々なものがありますね!
私は今年の秋はコスモスを楽しみたいです!


先日、ある企業のインターンシップに行ってきました。そのことについて書きたいと思います。

私がインターンシップに参加した会社は、IT会社で、顧客のニーズに合わせてシステムを作り提供するという、コンサルタントの業務とシステムを作る業務、サポートをする業務を一手に抱える企業です。
インターンシップのプログラムで、学生チームである会社の抱える問題を解決するシステムを考えて、プレゼンをしてくださいという課題がありました。

そこで印象に残ったことは、議論を進めるスピードです。与えられた課題に使える時間がとても短く、のんびり考える時間はありませんでした。思ったことをどんどん発言する人が集まる中で、たくさんの案が飛び交いました。その中で、リーダーシップを取る人、飛び交った意見やまとまったことを整理する人が自然と出てきて次々と話がすすんでいきます。うっかりすると一瞬で置いていかれます。
正直、ついていくのに精一杯でした。
ですが、ハイスピードで意見を出しつつ、決まったことをまとめて…と頭をフルで使うことがとても楽しかったです。


初対面の人と、熱く議論を交わせたことがとても新鮮で良い経験になりました。
インターンシップに参加した方、その経験を共有しましょう!

夏休みも残り1週間になりました。【西尾】

09 23, 2018
宮川ゼミの皆さん!おひさしぶりです!7期生おずんです。
夏休みも残りわずかですね。
色白なはずの私ですが、この夏は日焼け止めを塗らず&日傘もささずの生活で、いろんな人に「焼けた?」って聞かれます。面倒くさがらずに日焼け対策すればよかったです。笑

この夏休みは、ゼミ生、特にNTNチームで過ごした時間がかなり長かったです。
私たちは毎回のサブゼミで話し合った内容を議事録にまとめているのですが、それを読むとひたすら話し合い、データを処理していた2ヶ月間を「これで悩んでたな」とか「この作業きつかったな」と、文字にして振り返ることができ、それがちょっと自信になっています。

さて、私たちNTNチームの夏休みの目標としては、
・企業分析は、理論株価算定
・CORE(社名変更)はイベントスタディを行う
ということでした。

企業分析に関しては、なんとか理論株価を出すところまでいけました。(実際の株価とかなり乖離があるのですが...)ただ、過去10年間の数値をそのまま次の5年間にあてはめただけで、私たち独自の視点やアイデアは含まれていないので、次はそれを加味して理論株価を算定していきたいです。
ですので、ここからが勝負!といったところでしょうか。もっとレポートを読み込んだり、NTNが関わっている業界全体を広く見ていこうと思います。

一方、CORE論文の社名変更に関する研究は、まだまだデータを揃えている段階です。思ったより時間がかかりますね。いろいろ試行錯誤しています。
例えば「企業が社名変更をする、という開示をいつ行ったか」をひとつひとつの企業のホームページから見ていっていたのですが、実はもっと早く簡単に情報を手に入れられる方法があることが後から分かったり...皆でかなり議論しながら分類したものの、今は全く使わないデータだったり...
こんなふうに、いったりきたりしながら少しずつデータを集めていってます。「もっとこうすれば早かったのに...!!」と思うことだらけですが、まわり道をすることもきっと大切ですよね!?笑
私たちの社名変更に関する研究は、データをちゃんと揃えてからやっと始められるので、早くイベントスタディをしたい!と焦る気持ちはやまやまですが、今は正確なデータをしっかり集めることに専念しようと思います。

夏休みのサブゼミは、残り3回です。私たちはほぼ毎回全員出席で、みんなで色々意見を出し合うなど意思疎通もよくできていたんじゃないかと感じているので、後期に向けてこのまま最後まで頑張ります!

ストックリーグのテーマ【藤村】

09 13, 2018
 皆さんこんにちわ!7期生の藤村です。
 今日やっと前期の成績が開示され、無事に単位を全て取れました!!英語の再履修からやっと解放されて一安心です。

 現在ダイドーチームは企業分析と同時進行で、ストックリーグに向けても活動しています。しかし、ストックリーグのテーマを何にするかで行き詰っています。
 今回のブログでは、今後の社会を大きく変えるきっかけとなることは何なのか?について考えたことを簡単に書きます。

その考えたこととは「移民の増加に伴う、日本の多民族国家化」です。(以降は考えたストーリーを箇条書きにしています。)
①世界的な人口増加に伴い、食料問題や文化思想の違いの問題、紛争などが今よりも増え、移民が増える。
②一方で日本は少子高齢化が進むため人口が減少し、労働力を確保するために外国人労働者を積極的に受け入れようとし、移民の受け入れにも積極的になっていく。
③日本は次第に多民族国家になる。
 人口が減っていく日本の経済を支えるには労働力が必要であり、外国人を受け入れることは必要不可欠になると思います。しかし、日本人は外国人ましてや移民の受け入れに対して積極的ではありません。その背景に、外国人は怖い、外国人が増えると治安が悪くなるといったマイナスイメージを持っている人がいることや、外国人労働者を積極的に受け入れようとしないのは、日本の技術は外国人には無理だと思っているといった理由があるからです。
 こういったマイナスイメージや固定観念を払拭する際にソーシャルキャピタルを絡めていくことができるのではないか?と考えています。ここまでが考えたことの内容で、とても大雑把なのでまだまだストーリー性を考える必要がありますが、もっと深堀できればいいテーマになるのではないかと思っています。
 ダイドーチーム内では、他に防災や持続可能な社会についてテーマにしようとの案も出ていますし、もっと別の視点からもテーマを考えていく予定です。

 最後になりましたが、皆さんは今後の社会を大きく変えるきっかけとなることは何だと思いますか??

3 CommentsPosted in さき

ひとつの企業【鳥海】

09 06, 2018
こんばんは、7期生の鳥海です!
今日はNTN株式会社の三重県桑名工場に見学に行ってきました!ついさっき家に帰ってきたばかりですが忘れないうちに今日思ったことを書きたいと思います。

工場見学の内容については後日イベント報告やFBで書かれるとおもうので省略しますが、大企業のマザー工場を見学できたことは本当に貴重で忘れられない経験になりました。

そして見学を終えた帰りの車の中で、みんなで今日思ったことについて話しました。
僕は今までB to B企業の社会との関わり方についてピンと来ていなかったのですが、今日の見学を経て感じることがありました。それは決して企業と社会はCSR活動や営業でしか繋がっていないことはなく、その地域に事業所があるだけで深く関わっているということです。
その地域に工場や会社が建つことで雇用が生まれ、道路が敷かれ、地域環境や経済が変化する。それほど1つの企業が社会に与える影響というのは大きいんだと実感しました。
そんな大きな主体が事業活動をして、社会に影響を与えない訳がないとわかりました。

僕たちダイドーチームはストックリーグに取り組んでいて、サブザミでよく「企業だからこそできることがある」と言っていました。しかし今回の経験を通じてその言葉の重みをようやくわかったような気がします。
その感覚を決して忘れることなく、これからのサブゼミにも取り組めたらなと思います!

今日は貴重な体験をできてよかったです!
運転してくださった先生、先輩方本当にありがとうございました!
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ