FC2ブログ

企業分析を通じて【籔田】

11 08, 2018
皆さんこんにちわ。7期生のヤブです。
最近めっきり寒くなり、大学内の樹木も葉を落とし始めました。秋の深まりを意識するとともに、僕たちがゼミに入って一年経つという事実に気付き、驚いております。

昨日、NTN株式会社に訪問し企業分析のプレゼンを行いました。私たちNTNチームは7月頃からNTNの企業分析を行ってきました。最初の本社訪問に始まり、桑名の工場にもご招待いただきました。その集大成を広報・IRの中田さんを始め、NTNの方の前で発表しました。NTNに一番詳しい大学生を自負していた私たちですが、発表後のディスカッションで「そういう特性もあったのか」と気付いたこともあり、企業って奥深さを実感しました。
発表の後の飲み会も終わり帰る直前、中田さんと熱い握手をかわしましたが、その時に「ああ、本当に終わってしまうんだな」と寂しく思いました。

企業分析を通じて、本当に色々なことを学べました。その中でも特に学べてよかったなと思うことが一つあります。それは「数字は全てを表してはいない」ということです。
先日、スクウェア・エニックスの元社長である和田さんも仰っていましたが、その意味を身をもって感じました。
もちろん、財務情報や経営指標は大事であり、それを疎かにしても良いという意味ではありません。しかし、そういった数字が絶対に全てを正確に表しているか言われれば、そうではないと僕は思います。
特にNTNは、設備投資の金額が大きく、そのキャッシュの回収が3〜4年目以降になる事業です。
そうすると、将来を見据えた投資が直近のキャッシュフローを目減りさせ、資産効率も低下させます。しかし、その数字には将来への展望は表れません。数字はある程度正しいけど表せない部分もあり、NTNの場合はそれが特に大きかったように感じます。
今回な分析ではそういった数字に表れない部分を出来るだけ組み入れたいと思い、経営環境を調べたりして、それも勉強になりました。
話が逸れましたが、指標はあくまで指標だということを実感し、同時に経営って「経営指標を上げれば良い」とかそんな単純なもんじゃなくて、とても難しいものだと改めて感じました。

しんどい時間もありましたが、色々なことを勉強でき、楽しい企業分析でした!
このままコア論文も突っ走っていきたい思います!

p.s. 3年後とかにNTNの株価が800円台になってたら嬉しいなぁ。
スポンサーサイト
4 CommentsPosted in ヤブ
4 Comments
By きおか11 09, 2018 - URL [ edit ]

一見何もないところでも、何かないかと探していると見えてくるものがある。
このことをみんなの分析から学ばせてもらいました。特徴のないグラフの分析に苦しむ姿を見てたからこそ、必死に考えたんやな、頑張ったな、とヤブが昨日感想を言ってるのを後ろで聞いて頷いて感動してた。
NTNチーム、すごかった!お疲れ様!

By ちお11 09, 2018 - URL [ edit ]

NTNチームおつかれさまでした!
ROEなどの経営指標は投資家が注目する指標であるけど、そこに経営者側の考えを全て織り込むことはできなくて、
投資家に全てを理解してもらえていないもどかしさ悔しさを、みんなも感じているのが発表から伝わってきました。
NTNを知り尽くしたみんなのおかげで、夢多き投資を続けているNTNの数年後がとても楽しみになったよ〜!

By MiyaG11 10, 2018 - URL [ edit ]

レポートもプレゼンも上出来でしたが、この感想も上出来です。

和田さんの話を思い出したところがいい。ものを判断するときにはさまざまなノイズが入る。そのノイズを除いてわかりやすくしたものが数字に過ぎない。だから数字が独り歩きすると人間は思考停止に陥りやすい。偏差値で大学を判断するのはその典型かもしれない。数字に表れないノイズに興味を持つことが大切だ。ヤブがそれに気づいたことは何よりも大きい。

By ヤブ11 10, 2018 - URL [ edit ]

先生、木岡さん、ちおさんコメントありがとうございます!
和田さんの話を聞いた時に分かったつもりになっていたのですが、実際に企業分析を通じて改めて「なるほど、こういうことか」と実感しました。
ノイズに興味を持てたからこそ楽しく分析できたんだと思います!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

宮川研究室

Author:宮川研究室
宮川研究室のホームページはこちら
http://miyagawaseminar.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ